オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

セガのスロットマシンに関する思いつき話

2016年04月13日 23時03分41秒 | スロットマシン/メダルゲーム
1970年から72年の毎冬、ワタシは、両親とその仲間に長野県のスキー場に連れて行ってもらうことで、スキーを覚えました。

このうちの、おそらく1971年か72年のどちらかだと思うのですが、数台の車に分乗しスキー場に向かうその途中、休憩として入ったどこかのドライブインで、ワタシは、10円硬貨を投入し当たると10円硬貨が払い出されるセガ製のスロットマシンが数台設置されてるところを見ています。このドライブインには、他にもやはり10円硬貨を払い出すルーレット機(メーカー、機種名は不明)があり、一つ年上の「トシちゃん」と呼んでいたあんちゃんは、それでいくらか小遣いを増やすことに成功していました。

もちろんこれらは違法営業のはずですが、当時はこの種の機械賭博が横行していた時期だったようで、到着した宿の近くの食堂にも、やはり10円硬貨で作動するセガ製のスロットマシン1台と、当時でさえ古びた印象を受ける木製のキャビネットのゲーム機(それが「Winter Book(ウィンターブック)」という一世を風靡したギャンブル機であることを知ったのは、ずっと後になってからのことです)1台が設置されていました。

ウィンターブックそのものではないけれど、その類似機種。アメリカ製。日本ではこれを小型化した模倣品が多く製造され、「ダービーゲーム」という通称でアンダーグラウンド市場に広く普及した。

この時のスロットマシンの方は、標準的なフルーツシンボルではなく、動物のシンボルが使われており、左リールに一つ出現するだけで当たりとなるチェリーに相当するシンボルは、青いチンパンジーの絵柄だったことを覚えています。ワタシは、どこかよそのおじさんと仲良く一緒にこのスロットマシンを遊んでいたのですが、それは、違法賭博である点を除けば、むしろほほえましい言える風景だったかもしれません。

当時、日本国内にはびこっていたスロットマシンの多くは、セガの製品であったと思います。セガは、1950年代の初めころ、「マーティン・ブロムリー」という人物によって、日本でスロットマシンを製造販売するために設立された会社と言って良いと思います。セガ(当時はサービスゲームズ社)は、当時のスロットマシンメーカーの最大手であるミルズ社の、アジア太平洋地区のディストリビューターとなり、ほどなくして自社でミルズ製品のコピーを製造するようになったようです。これには、1952年にアメリカで成立した、スロットマシンやその部品を州を越えて運ぶことを禁じる「ジョンソン法」が関係しているものと思われます。

セガは、始めのうちはミルズ社の「ハイトップ」と呼ばれるキャビネットの機械を製造していましたが、1960年前後に、その姿から「ダルマ」と俗称されるオリジナルのキャビネットを開発します。ワタシがスキー旅行で見た機種もその「ダルマ」でした。「ダルマ」キャビネットのセガスロットは、日本を含むアジア地域の米軍基地に設置される以外に、ヨーロッパにも多く輸出されていました。ワタシは10年以上前から、この時代のセガのスロットマシンのフライヤーコレクションをweb上で公開していますが、それを見てメールを寄越してくる外国人は、アメリカよりもヨーロッパ方面の方々が圧倒的に多いところを観ると、セガスロットのコレクターは、アメリカよりもむしろヨーロッパに多いようです。


ハイトップ筐体。ミルズ社製のものは、戦後から60年代初めにかけてのアメリカで、たぶん最も普及した。


セガのオリジナル筐体。通称「ダルマ」。中身はミルズ社製のコピー。

1964年、米国バーリー社が革命的なスロットマシン「マネー・ハニー」を発表してからは、セガのスロットマシンも時代遅れとなっていきます。それでも1970年前後ころには、バーリー製品を髣髴とさせる新しいデザインのキャビネットを開発して展開を続けていたようですが、中のメカは従来からのミルズ製品から大きく変わるものではなく、それほど普及はしなかったようです。その新筐体の在庫は、日本国内でメダルゲームに転用されたり、パチスロの元祖である「オリンピア」シリーズの「マークIII」に流用されるなどしていました。


バーリーの筐体に倣い、胴の部分が大きく光ってアピール性を強めてはいるが、内部のメカは旧態依然で、ホッパーは搭載されていない。


パチスロの元祖、オリンピアのシリーズ3作目。一世代、及び二世代前のオリンピアのキャビネットは「ダルマ」筐体だった(右の筐体)。

最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ken)
2019-07-26 00:15:32
従来のオリンピアマシンとオリンピアマークIIIの一番の構造の違いは、ダルマ筐体がスライダーで一発払い出していた機構に対して、マークIIIはスライダーを複数回ソレノイドで動作させて払い出し枚数を制御していた所だと思います。
記事中にありましたBally社のManey Haneyの新技術ホッパーに対する苦肉の策のように見えます。
Unknown (nazox2016)
2019-07-26 22:24:34
kenさん、コメントいただきありがとうございます。

マークIIIはおっしゃる通り、メダルを1枚ずつ払い出していましたね。でも、払い出し機構の基本的な機構は変わらないため、収容できるメダル数自体は旧型と大差なく、そのためゲーム内容もおのずと制約を受けていたと思います。

ミルズ時代のハイトップ筐体のように、一発で払い出していた方が、今見ると驚きを感じます。
Unknown (片山征二)
2022-09-12 23:30:38
ブログ拝見させて頂きました。
我が家に、10円入れて当たればドサッと10円が出てくる、セガ社のマッドマネー眠ってます。
譲って頂いた方の話しによりますと、やはり米軍基地内で営業していた様です。
Unknown (nazox2016)
2022-09-13 21:38:04
片山征二さん、コメントをありがとうございます。マッドマネーをお持ちとは羨ましいです。この頃の機械は動作に電気を要しないのが良いですね。

既にご高覧いただいているかもしれませんが、マッドマネーについて1本記事を書いておりますので、よろしければそちらもご一読いただければ幸甚です。
【小ネタ】セガ・マッドマネーとアルフレッド・E・ニューマン(Alfred E. Neuman)
https://blog.goo.ne.jp/nazox2016/e/c45349d89bcc37b25435a34da6eabf6a
Unknown (片山征二)
2022-09-13 23:08:11
まさかお返事頂けるとは思わずコメントしたので、まずはビックリです。ありがとうございます。
MADの記事、拝見させて頂きました。
かなりMADの素性が解りました。
自分なりにかなり調べましたが、何一つ辿り着けず半ば諦めながら今日に至っておりました。(前オーナーとは音信不通。前オーナーがおられた会社はセガになりました)
前オーナーより譲り受ける時に聞いたのですが、某基地内の2階にこの機種を設置していて、当たらないのでキレた兵士が2階の窓から1階に投げ飛ばしたが、壊れる事もなくその後も普通に作動した様です。
前オーナーが機械好きだったのもあり、躯体も非常に綺麗で、メカもピカピカです。流石に電飾系はダメですが・・
以上、長くなりましたが、色々知る事ができました。
ありがとうございました^_^
Unknown (nazox2016)
2022-09-14 21:41:19
片山征二さん、米軍基地で稼働していたとは聞いていましたが、身近にその実例のお話を聞くのは初めてです。興味深いお話をありがとうございます。
前オーナーがおられた会社がセガになったとは、セガの前身の日本娯楽物産か日本機械製造か、はたまたその前のサービスゲームズかあるいはレメアー&スチュワートと言うことでしょうか。そのような時代の方と接触があったとはますます羨ましいお話です。
もし古いお話をご存じでしたら、ぜひまたお聞かせください。

コメントを投稿