オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

新ラスベガス半生中継2019年G2Eショウ(6) DAY 3:キャシーと再会

2019年11月24日 22時05分37秒 | 半生中継
3日目。朝、ゴールドコーストの隣にあるリオ・スイートに行って、シーザーズグループのプレイヤーズカードを発行してもらう。今日は夕方4時にシーザーズグループのホストをしているキャシー(仮名)と会う約束がある。そのキャシーから、ワタシのカードを新しく作っておいたから取得しておいてねとSNSを通じて言われていたからだった。

キャシーとの付き合いは20年くらい前まで遡る。当時ラスベガスに駐在してい元同僚が、ワタシをニューヨーク・ニューヨークのホストの部屋に連れて行き、こいつのために部屋を取ってやってくれと頼んだ結果、部屋の中にジャクージが付いたやたらと広いスイートがタダで与えられた。まだラスベガスは数回目の駆け出しだったワタシはビビったものだった。

次にワタシがラスベガスに行くとき、前回世話になったホストに宛てて、部屋の予約をお願いするFAXを送った(まだFAXが現役だった時代だった)。すると、「そのホストは退職した。以降は私がお相手する」と始まるEメールが届き、部屋を確保した旨が書かれていた。そのメールの発信者がキャシーだった。

これをきっかけに、ラスベガスに行く計画が建つたびにキャシーに部屋の予約をお願いすることになった。キャシーの返信は常に素早く、1両日以上待たされたことは無い。その上、頼んだわけでもないのに空港からの送迎リムジンを手配してくれたり、こちらのつまらないリクエストにも親身になって対応してくれるので、2回目に世話になった時の帰り、部屋にあったコメントカードに、「キャシーは実に全く素晴らしい、ワタシが知る限りラスベガスで最高のホストである」と褒めまくるコメントを記入して、空港のポストから投函した。それが関係しているのかどうかはわからないが、キャシーはその後もずっと親切丁寧に、ワタシからのリクエストに何かと応えてくれた。

そのキャシーがストラトスフィアに移ったとき、ワタシに連絡をくれた。それ以降ワタシの定宿もストラトスフィアに代わり、4回か5回、ストラトスフィアのスイートをリムジンの送迎付きで利用させてもらった。

キャシーはその後アラジン(現プラネットハリウッド)に移った。この時も2~3度世話になったが、この期間は短かった。その後キャシーはしばらくカジノビジネスから離れたが、日本で大きな事故や事件が発生すると、安否を気遣うメールをくれたりはしていた。

それから数年経ち、久しぶりにキャシーから連絡が来たと思ったら、今度はヴィニーシャンのホストになっていた。今までで一番の高級ホテルであるが、このころのストリップエリアのコンプポリシーは、ワタシが初めてNYNYでコンプを受けた頃と比べるとずいぶんと渋くなっていたように感じていたし、そしてまた、ワタシのプレイスタイルが以前よりもお金を使わないようになっている自覚があるので、あまり図々しいお願いはできないなあと思ったものだった。実際、ヴィニーシャンでキャシーの世話になったのは1回だけ、実際に会うのもその時が最後になっていた。それが10年くらい前のことだ。

そのキャシーから、今はシーザーズ・エンターテインメントで仕事をしているので泊まるときには連絡をくれとメールが来た。今回は既にBoyd系で宿を取っていると返信したところ、ではシーザーズパレスのダイヤモンドラウンジに招待するから会いましょうと言われて約束したのが今日の4時だった。

成田空港で買っておいた手土産のカステラを持ってシーザーズの噴水前に約束の時間ちょうどに行くと、キャシーは既に待っていた。ほぼ10年ぶりの再会で、互いに長い無沙汰の挨拶をした後、ダイヤモンドラウンジに案内された。

ダイヤモンドラウンジは、プレイヤーズカードのステイタスが一定以上の上客に対するサービスで、本来ならワタシに受ける資格はないが、キャシーのゲストとして入れてもらった。中ではいくらかの飲食物がセルフサービスで揃えられており、ウェイターがテーブルに飲み物の注文を取りに来る点を除けば、空港の航空会社のラウンジのようだ。

ラウンジで、「500年前にポルトガルの宣教師が日本に伝えたトラディショナルケーキだ」と言って渡したカステラは、喜んで受け取ってくれた。その後、互いの近況を報告したり、ワタシのラスベガス仲間をキャシーに紹介するなどして1時間ほど過ごし、ワタシが次回ラスベガスに来るときはまた連絡すると約束して別れた。

キャシーと別れた後、せっかく来たのだから少しシーザーズのカジノを見物していくことにする。VPはやはり渋くて手を出す気にならないので、スロットマシンの新製品をいくつか遊んでみるが、もともと本腰を入れて遊ぶつもりがあるわけではないので気持ちのノリも悪い。小一時間ほどうろつき、僅かにお金が増えたくらいのところで帰ることにしたら、駐車場料金として15ドル取られた。キャシーには悪いが、昨今のストリップエリアのホテルの強欲は許し難い。

■本日の夕ごはん
リニューアルしてからまだ行ったことのないオーリーンズのバフェイ「medley」に行って見る。サファイアメンバーの17.99ドルは、他のBoyd系列と比較しても高い印象を受ける。オーリーンズのバフェイは、以前はクロウフィッシュが常に置いてあるのがウリだったが、リニューアルを機にやめてしまったのだろうか、今回はなかった。残念でならない。


medleyバフェで食べたもの。(1)プライムリブ、BBQスペアリブ、ローストビーフ盛り合わせ。 (2)中華めんがあったので、フォーの代わりのつもりで。 (3)デザートはスイカ多めに。

(DAY 4につづく)
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 新ラスベガス半生中継2019年G... | トップ | 新ラスベガス半生中継2019年G... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Liner)
2019-11-25 13:24:36
お世話になっております。

B conntctedのティアポイント繰り越しルールが正式発表になりました。
750点以上(サファイア到達者)は次年度へ500ポイント(つまり現在の素点で1250点)までの持ち越しに制限されていて、1500点取っておいたから2年後までサファイア、とはいかないようになっております。

やはりそんなに甘くないなぁ。

<詳細>
750以上(サファイア到達者):最大500まで
15k以上(エメラルド到達者):最大5kまで
50k以上(オニキス到達者):最大10kまで
200k以上(チタン到達者):最大40kまで
Unknown (nazox2016)
2019-12-02 00:02:34
ワタシは、1回の滞在で3000ポイント前後くらいにしかなりません。年に2~3回の訪問でエメラルドを目指すならデノミを上げるしかありませんが、それではすぐに破産しそうですw
まあ、サファイアでもルームコンプは出ていますし、よほどのことでもない限りエメラルドを目指そうなどとは考えませんね。オニキス、チタンはなおさらです。
Unknown (Liner)
2019-12-04 00:17:56
正直、ルビーでもコンプ出てましたので(今年5月)、がっつく必要はないということは理解してるのですが、コンプダラーがサファイア以上じゃないと貯まらないってのは地味に痛い…
Unknown (nazox2016)
2019-12-05 22:15:14
ありゃ、Linerさんはルビーだったんですか? てっきりサファイアくらいにはなっているのかと思ってました。

ワタシはずっとサファイアだったので、ルビーではコンプダラーが貯まらないとは知りませんでした。ワタシの場合、滞在中の食事の半分以上はコンプダラーで支払える店に行っており、確かにこれは出費の抑制に地味に効いています。

サファイア程度なら、デノミやゲームにもよりますが、マシンゲームで$1000を失う覚悟で臨んでいれば、悪くても一滞在中に、最短なら1時間から数時間程度で達成できますので、頑張ってサファイアを取得しときましょう。ただし、テーブルゲームはポイントの加算基準がよくわからず、経験的にはたいして稼げないので、ブラックをポンポンベットして、1日4~5時間もテーブルに張り付くわけでもなければ、あまりアテにしない方が良いようには思います。
Unknown (Liner)
2019-12-09 13:45:42
今年5月の訪問でなんとかサファイアに乗せましたが、維持には実質毎年の来訪が必要になるので、果たして来年どうなるか…というのはあります(苦笑)。
(ちなみに$1スロの2枚MAXでおとなしそうな機種を狙ったらかなり実績に貢献してくれました)
とりあえずルールにより次年度サファイアは確定済み、問題はその後ですね。
特に11倍ポイントプロモの日が来る前にサファイアに上げておかないとダメージが大きい感じがします(サファイア切り替えまでコンプダラーは貯まらない)。


しかし、11月までTier Point1000ちょっとだったのが、12月に入って急に1400台に増えていて、遊んでもないのに何があったんだという感じです(システムのバグでもあって実績見直しがあったのだろうか…)
Unknown (nazox2016)
2019-12-09 22:32:46
え。750ポイントを獲得した時点でサファイアになるのではないのですか? ご自分のステイタスを「B Connected」でご確認されましたか?それでもルビーのママなら、だとすると、この点についてはステーション系の方が親切ですね。

サーバーの障害などでステイタスの更新が遅れることもあるようです。ワタシは過去に2度、TierクレジットもB Connectedポイントもゼロになってしまったことがあります。一度などは、復旧するまで1週間くらいかかっていました。

コメントを投稿

半生中継」カテゴリの最新記事