オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

スイカで暑中見舞い

2022年07月31日 19時36分39秒 | スロットマシン/メダルゲーム

5年くらい前のことですが、日本のIT企業で働くインド人のシンさんが「ニッポン、暑いですね。インドより暑いです」と言うのを聞いて、これが本当のインド人もびっくりだと思ったものです。そして今年の夏も、東京は暑い日が続いています。

夏と言えばスイカで、スイカと言えばスロットマシンのフルーツシンボルの中では最高位のジャックポットシンボルです。拙ブログでは、過去にこのスイカシンボルについて調査して、その起源を突き止めました。

スイカシンボルの関連記事
夏だスイカだ! スロットマシンのスイカシンボルの話 (2019.08.11)

スロットマシンのスイカ・初登場時期が判明! (2020.04.28)

スイカシンボルに関するファイナルアンサー (2020.05.10)

スイカ以外のフルーツシンボルとしては、レモン、オレンジ、プラムが一般的です(関連記事:スロットマシンのシンボルの話(4) フルーツシンボルの類似性)が、これら以外でワタシが過去に見たものに、梨(洋ナシ)、リンゴ、パイナップル、イチゴなどがあります。とは言えこれらは例外的と言うべきもののようです。

洋ナシの例。Ballyのモデル917「EXTRA LINE (1971)」。この機種で洋ナシはオレンジ相当の役だが、コイン5枚、または6枚のベット時の3並びに限り、配当にプレミアムが付いて、プラム相当の役となる。プレミアム配当は通常上位の役に付くもので、このような小当たりに付く例は極めて変則的。

リンゴの例。これもBallyの、モデル804「BIG APPLE (1966)」。リンゴシンボルは右リールにしか存在しないハズレシンボルだが、コイン100枚以上の当たりが出現すると以降10ゲームは「ソロ・シンボル・ジャックポット」フィーチャーが発動し、リンゴシンボルがペイライン上に停止するたびにコイン100枚が支払われた。

これら例外的なシンボルも含み、いかなるフルーツシンボルよりも上位であるスイカシンボルはワタシにとってチェリーと並ぶ特別な存在でした。スイカが揃うと100枚もの大量メダル(当時の感覚で)が払い出されるBallyのモデル831 「3 LINE PAY(1968)」は、ウィンドウに頻繁にスイカが現れるにもかかわらずなかなか揃わず、いつも悔しい思いをさせられていたものです。

モデル831 「3 LINE PAY」の悔しい例。中リールがふたつ上に停まるか、右リールがふたつ下に止りさえすれば100枚だったのに。

この夏、その悔しい思いを成仏させるために、近所のスーパーでスイカを求め、こんな画像を作成してみました。

リアル3スイカ。モデル831ならこれでコイン100枚。製作費用はおよそ1300円。撮影後、スイカはおいしくいただきました。

まだまだ暑い日は続きそうです。東京では頼みもしないのに水道の蛇口からお湯が出てきて、連日「熱中症に注意」との呼びかけが行われています。また、西日本では今年も大雨による被害を警戒しなければならないと聞き及んでおります。先週のラスベガスでは猛烈な雨と風で、洪水と雨漏りでフロアが池のようになったカジノが出たり、倒木で車や家が壊れたりなどの被害が出たそうです。これも気候の温暖化によるものなのでしょうか。どうぞ皆様、病災害には十分にご注意の上、この夏を乗り切られますように。


最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tom)
2022-07-31 20:04:28
暑中見舞い申し上げます。

パチスロの15枚のイメージにすっかりと洗脳されていましたが、仰るように確かにスイカ役は特別だった記憶が今蘇りました。
Unknown (nazox2016)
2022-08-01 22:27:34
tomさんはもうお察しのことと思いますが、今回のリアルスイカは、tomさんのtwitterをパクらせていただきました。現代のスロットマシンではスイカはあまり見られなくなってしまいましたが、今回の企画で本当に成仏できた気がします。ありがとうございます。
暑いといえば。 (Liner)
2022-08-03 16:44:44
暑い日々が続きます。ご無沙汰しております。

スイカに笑う。
さておき。

アーケードゲーム業界で「冷たいもの」ネタは、いつ頃からだったのかな、などと、ふと、思いました。
2000年を超えてからだと思いますが、アトラスが冷凍庫ベースのクレーンゲーム作ってたなぁっていうのと、コナミが「ひえひえペンタ」でヒットしていましたね(「ペンタ」は2020年前後にリニューアル機が出たような記憶)。
まぁ、クレーンゲームで引換券取らせてハーゲンダッツみたいなのはそれ以前から当然ありましたが、「ペンタ」が出てきて「直接入れられるようになった」という文化の変化もあるのかなと思います。

スイカはパチスロでも古くはレギュラーボーナス図柄で、特別扱いでした(ユニバーサルなど複数メーカーで該当)。
しかし、現代ではその重みが幾分低下している(レア図柄まで)ように見えます。

ではでは。
Unknown (nazox2016)
2022-08-03 21:11:42
Linerさん、お久しぶりです。
ひえひえペンタ、ありましたね。ワタシのコナミ関連の資料は貧弱なので確かな資料はないのですが、2000年だったように思います。
3本のクロウがスプーンのような形をしたクレーンタイプのものもありましたが、アレはアトラスでしたか。
フルーツシンボルはずいぶん衰退してしまいました。ヨーロッパのメカスロには今も健在のようですが、ラスベガスでは見かけませんね。

コメントを投稿