なをぞの徒然草

2008年7月高齢(38歳)&2011年7月超高齢(42歳)で出産、二人娘に翻弄される育児の日々をボヤいてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地域格差はある?

2007-01-27 23:52:12 | う~ん。
最近、電車で、街中で時々気になることがあります。

それは見たことのないブランドのベビーカー。東急田園都市線の車内、自由が丘周辺では従来の国産コンビやアプリカより格段に多いです。

インターネットで調べてみたら最近流行りのマクラーレン(Maclaren)というベビーカーでした。

マクラーレンといっても、F1とは関係ないようです。(あちらのマクラーレンはMclaren)

国産のベビーカーよりちょっとスタイリッシュで、色も渋めだけどちょっと格好良くて、お母さんが押す持ち手の部分や車輪もしっかりしている感じです。インターネットを見て気づきましたが、他のメーカーよりこの持ち手部分が若干高い位置にあって背が高いお母さんにうれしい限り。けれど、国産ベビーカーに比べてちょっとお高めです。

けれど、実家のある千葉では子供があちらこちらにいるイトーヨーカドーに行っても1台も見たことがありません。

何故だろう…。

インターネットも普及した現在、私の中では買物に関しては以前より地域格差はないと思っていました。子供の頃から大きくなるまで、確かに神戸に行くとちょっと違うかな?って思うことはままあったけれど。それは神戸という独特の文化でのことだったり(神戸市民はやたらと派手な靴が好きとか)しましたが今では神戸三宮の大丸で買うことができるブランドは東京でも名古屋でも全く同じように買うことができます。他の地方都市でもほとんど一緒じゃないでしょうか。だから情報入手という点では全国共通のはず。

それに、今ならデパートに行かなくても楽天とかアマゾンとか通販ででも買うことができます。

だから、流行があるとしたらそれは全国レベルの流行になるのではないかと。東京で流行っているものは、北海道でも沖縄でも同じじゃないかなって。

でも、ベビー用品は違うのでしょうか。

子供がいるわけではないのに、この地域差に興味がでてちょっとマクラーレンのHPを見てみると、ある点に気づきました。

このベビーカーの輸入総代理店がファミリアなのです。

ファミリアといえば銀座とか、横浜とか、それこそ神戸でも大きいお店があります。自由が丘にもあります。私が横浜に住んでいた子供時代、 セレブなんて言葉はありませんでしたが、ちょっとお金持ちそうな子はファミリアを着ていました。今でも自由が丘のファミリアはしっかり健在です。

けれど、千葉だとファミリア売り場があってもせいぜいデパートの一角くらい。それも、他のブランドにかなり押されてちょっと地味め。ベビーカーまで置いているか、見たことがないから知らないけれどちょっと疑問。

①あまり広まっていない実家のあたりのようなところのお母さんは、こんなベビーカーを直接見たことがなくて知らない。(んなわけないんですけど。楽天でもあったし…でも現物を見ないとあまり実感できないのかな?)

②生産が(というよりファミリアがイギリスのマクラーレンからの調達)が注文に追いつかず、なかなか市場に出回らない、ネット販売では売り切れの状態で路面店に行くことができるカスタマーが優先されてしまう。

どちらだろう…。他にもあるのかな?







コメント

アンタってば。

2007-01-27 00:27:48 | 旅行日記
出張から無事帰ってきました。ブラジル人のFさんが何回も“新幹線から富士山の写真を撮る!”と言っていたのに弱冠曇り気味の天候に不安はあったのですが、Fさんの気迫が富士山に通じたのか、真ん中あたりは雲はかかっていても半分から上はバッチリ見え(余計に荘厳に見えました)、写真も無事撮れたようです。

この出張で今週はフラのレッスンはお休みをしてしまったのに、来週もディレクターのSさんがスイスに異動になったので彼の送別会(兼アジア圏のディレクター達の会議と夕食会も重なっている)でまた行けない…ショック。

先日ブログに書いたマーシーの会社の上司との会食も(多分)無事、完了しました。

もちろん、外資系風を吹かせる事もなく両肩にネコを各50匹(=合計100匹)しょって笑顔で乗り切ったけれど、タイミングよくお酌ができない気の利かなさは相変わらずでしたうー。今頃どんな評価をされているんだろう。

緊張して大汗かいたらどうしよう。という心配はまず会場選択で氷解しました。そんな気張っていない…というと聞こえがいいけれど、はっきりいったら居酒屋に毛が生えたようなレストランでしたので。

上司といっても、まあ今回来て頂いた3人の方のうち2人はマーシーより年齢は上と推察いたしますが役職は同じで、気さくな方たちでどちらかというと会社の飲み会にチョロっと顔を出した感じでした。

ところで、この場で何故マーシーがあまり会社で周りに公表していなかった本当の理由が発覚。

どうも自ら“今年3月までに結婚する”で賭けをして付き合っているのも賭け相手はもとより情報流出しそうな周りにも隠して内心ほくそ笑んでたらしい。そりゃ、社外だし、離れて住んでいるし変なところで目撃されることもあまりないでしょう。(そういや、最近デートでもっぱらこちらに来ていたのは、最後の追い込みで万全を期していたのか?)
ったく、人を賭けの材料にするなよ…。

ってーか、勝ったからにはジョッキーとして勝利金をいただかなくてはなるまい。(がめつい?)



コメント

どんな女を演出?

2007-01-23 00:28:21 | おしごと。
今週からブラジルにある同じ会社の工場の人が日本に出張に来ていますが、彼らの日本の取引先の訪問に明日から一緒に行く事になりました。広島、大阪、名古屋の3箇所という東海道(および山陽)行脚です。

最後の訪問先が名古屋近郊なので、マーシーに連絡して名古屋に到着する木曜に会うことに。

という確認のメールの後、数時間たってから“(彼の)会社の上司と会食をしてほしい”とのメールがきました。

そっかー、結婚するってこういうことなんだなあ、としみじみしちゃいました。

社内恋愛ではないので影響がない?からか、付き合っている時も、結婚が決まっても、あまり彼の会社のまわりの人に公表していなかったらしいマーシー、入籍してやっと言った模様。

それはいいとして。

実は、マーシーと私の会社は直接何の関係もないのですが、彼の会社はある電機メーカーの系列会社でその系列の中の1社と私の会社の関連会社は競合関係にあるちょっとビミョーな間柄なのです。

ファミリー意識がすごい強い上司だったら、会社名を言っただけでむむ、となるかもしれない…。

会社名を明かしていいのかしら。出張で名古屋に来たというのならどういう仕事をしてるくらいの説明はするだろうし。

あと、転職を何回もした私の経験と今の取引先とのお付き合いから日本のメーカー系はどうしても他の業界に比べて未だに女性蔑視の傾向が強いのは確かです。余談ですが取引先でも上司の代わりに私が行くと明らかに“うちは重要視されていない”と思って“な~んだ”っていう態度になる人がいます。あるシステムの説明会をするのに実際に入力作業を担当する女性にきてもらおうとお願いすると“女性が出張する前例がない”と渋ったケースもありました。

何をかくそう、マーシーの会社の系列会社と競合他社になるうちの系列の会社だって女性の出張はあまり聞きません。

彼の上司が、女性が通訳でもないのにガイジン連れて出張なんてどんな会社なんじゃい。っていう人だったらどうしよう…。

どんな顔をして一緒に会食なんてすりゃいいんだ!

と思いつつ、ふと思いついたやっていみたい演出。

その1
外資系で働いているバリバリ女ふう。海外帰国子女のフリをして、“えーっと、この言葉、日本語でなんていうんでしたっけ…普段使わないものですからすぐ日本語がでてこなくて。ふふ、ゴメンナサイ”(書いてて恥ずかしくなってきた)→すぐボロがでるから却下。っていうかマーシーが絶句すること間違いなし。私の英語が大したことはないというのをうすうす気付いてるから。

その2
外資系で働いている勘違い女。アンタ、何様?と思うようなタカピーな態度。もちろん彼の上司といえど、変わらない。外資系や帰国子女、海外に住んでいる日本人女性っぽいちょっと浮世離れしたファッションでさらに演出。女性蔑視の上司だったら効果絶大かも♪→マーシーの印象まで悪化しそうだからやっぱり却下。っていうか、こう見えて以外にも上がり性で緊張すると大汗をかく悲しい性をもつワタシ。汗をかかないようにするのが精一杯に違いない。

どちらもファミリー意識も女性蔑視も見事粉砕するだろうけど、ヒンシュクかう確率100%、演出というより自殺行為に近いからやめとこう…。






コメント

このカタチは安心感があるのかも?

2007-01-21 14:57:54 | お買い物
土曜日、Mちゃんとご飯を食べようと二子玉川へ行きました。

待ち合わせ時間より早めについたので、時々行っているOrangeChair という古着屋さんと、高島屋に行きました。

高島屋は今、まさしくセール真っ盛り!ということで、デパートの中は家族連れですごい混雑


実は、二子玉川にある玉川高島屋は子供の頃横浜の青葉台にある社宅に住んでいた時のお買物スポットだったところで、ずーーっと前にブログに書いたネタをまた使ってしまいますが、私の覚えた最初の漢字であろう文字は何を隠そう高島屋のマークである“高”マーク。で、私は天気予報の高気圧の“高”を見ていつも“なんで海の上に高島屋があるの?”と聞いていたらしいです。

で、話を戻して一通り高島屋で買物をしていてふと南館専門店街にある木屋で“ル・クルーゼ特売”で見つけたポットです。

フタがル・クルーゼらしいです。

けれど、このカタチどこかでみたような。
…あ。ディズニー映画“美女と野獣”にでてくるポット夫人だ。



何とも丸っこいボディが似ていませんか?

全く余談ですが、上のポット夫人の画像を探してネットサーフィンしてて知ったのですが、映画でこのポット夫人の声をしていたのはジェシカおばさんの事件簿のアンジェラ ランズバリーさんでした…っていってジェシカおばさんのドラマを知らない方も今は多いと思います。ずっと昔、NHKでやっていた海外ドラマの1つです。こんな方です。



本題が何だかわからなくなるくらい 話がそれまくりになってしまいましたが…。

コメント

気になったニュース

2007-01-20 12:48:59 | ニュースな日々
今週、気になったニュース

東京・渋谷区 胆石摘出手術後に女性死亡<1/17 20:31>

 東京・渋谷区の代々木病院で15日、胆石の摘出手術を受けた女性が死亡していたことがわかった。
 代々木病院によると、15日に胆石を摘出する手術を受けた都内の女性(65)が、手術後に死亡していた。手術後に女性の腹腔(ふっくう)内から出血が確認されたため、執刀医は再手術を行ったが、原因がわからないまま女性は死亡した。

 警視庁も17日に司法解剖を行うなど、原因の特定を進めている


…胆石…手術後出血…って聴いた瞬間あーー!と思ったのは、うちの会社で最近全く同じ体験をしたYさんです。このブログにも先月12/11で登場した“祝”腹帯の彼です。全く同じだ!彼も退院予定日に腹腔内で出血して意識不明になったのです。

Yさんはその後、出血をおさえる手術をしましたがさらに軽度の腸閉塞も発症し、私はハラキリ先輩のみならず腸閉塞先輩にもなってしまいました。

今回の代々木病院もまだ医療ミスを認めていないようですが、Yさんの入院した病院も謝罪の言葉はなく、けれど2回目の手術と入院費を無料にしてお茶を濁して終わったような。



コメント

不思議だけど、目が覚めた。

2007-01-17 23:48:25 | う~ん。
毎朝、私は6時20分に目覚ましに無理矢理起こされ、

“むうぅぅぅぅう~”

と女の子(?)とは思えない唸り声を上げながら起きるのが日常です。時々、年寄りのように3時くらいにトイレで目が覚めることはありますけど。

…が、今朝ふと何か起こされるような爆音とか飛んでくるモノとかないのにふと目覚ましより先に目が覚めました。けれど、目覚ましをかけた時間ではなかったのでそのまま布団にもぐっていたのです。

が、寝ながらテレビをつけニュースを見てふと気づきました。今朝、目が覚めたのは5時47分。

まさしく阪神大震災の起きた時間。

うーん、何故だろう…ばーちゃんに起こされたかな?
コメント

代わりにはならないと思う。

2007-01-16 00:19:33 | う~ん。
会社の隣の席で彼氏募集中のHちゃんが、出会い運向上を祈願してこの週末に神社に行ってきました。

私も数年間行っていてこないだ1/7にも友達のYちゃんと行った飯田橋の東京大神宮です。


そのYちゃんは三重県出身。伊勢神宮のお膝元です。そのYちゃん去年初めて一緒に行ってもらったのですが、“どんな神社?”と聞かれて“伊勢神宮の支店らしい”と言ったらすっかり伊勢神宮の広大なイメージを想像して運動靴で参拝、飯田橋と言う都会のど真ん中にあって鳥居から本殿まで数メートルというコンパクトな東京大神宮にビックリしたという経緯があります。

その東京大神宮、知る人ぞ知る縁結びの神様(白状すると私が通ってるのもそれでですが)で、同僚のHちゃんもそれを友達(私ではなく)から聞いて早速はせ参じたのですが、どうも先週、何かの番組で紹介されていた模様。

飯田橋駅から女性ばかり長蛇の列

だったとか。

ひぇぇぇぇー!1/7に参拝した時は、それなりに人はいたけれどいつもと同じ数人から数十人という参拝客だったと思うのですが。

この神宮、飯田橋から神楽坂方面のJRの出口をでて九段下方面に向かって途中のあまり目立つようなお店やランドマークになりそうな施設もないところで左折するので初心者は間違えるケースが多いのですがHちゃん曰く、間違えようもないくらいの人で、“女性の集団の後ろを歩くと間違えようがない”くらいだったそう。

どこの神社でもそうですが、鳥居をくぐりまずするのは手水舎で手水を取ります。もちろん、私もこないだ参拝したときもやっています。

…がHちゃん曰く“行列から離脱したら戻れない”とかで挫折。

運動靴のYちゃんを脱力させた“数メートルの参道”に100人以上の女性、女性、女性…だったそうです。

それにお札やお守りを授与する場所も人だかり。しかも巫女さん1人がやっている常設小屋(お正月以外)<初詣時期の特設カウンター(私が行ったときはそこ)<さらに大きい特別?特設会場を設けていたそうです。

テレビのちからって恐ろしい。早めに行って良かった。

で、その“テレビのチカラ”を早速Yちゃんに報告したところ、“良かったねえ、今年はいいことがある予兆かもね。そんな混雑だったらあきらめて靖国神社に参拝してもらうところだったよ”

と言うコメント。そう、あの何かと話題の靖国神社も実は飯田橋から歩いていける距離にあるのです。

私が祈願したいのは小さいことですが私のこれからの結婚生活の安泰であって軍国ニッポンの繁栄ではないのですが…。













コメント

ご報告と今更ながら初夢について。

2007-01-10 23:08:29 | ニュースな日々
まず、私事ながらご報告です。

1/10に入籍いたしました。名字がTからKになりました~。

しかし、110番の日ってどうなの?憶え易くていいけれど警察のお世話にはできれば一生、免許更新だけにしたいもの。

それに、東京-名古屋の遠距離(中距離?)は相変わらずなので彼が正式に関東に戻ってくるまでは今と生活は変わりません。だから当事者なのにあんまり実感がないのです。しかもマーシー、うちの両親に“単身赴任帰宅手当てがでるから、新幹線代が会社から支給される”と言い切ったけど、結婚しょっぱな(というより付き合いだしてしょっぱな)からっていうのにも果たして支給対象となるのか実はアヤシイ。(と昨日になって本人も言っていた)

なので、週末婚というより月末婚(あ、会うタイミングからすると月初婚?何のこっちゃ)生活スタイルは代わらないのですが結婚すると女性が変わるのは、ずばり名字です。

仕事で同じオフィスに私の旧姓と酷似している同僚がいるのです。彼女はすでに結婚していますがダンナさんがフランス人の国際結婚でしかもあまり日本では馴染みがなくて日本人には発音しずらい名前なので仕事では旧姓の日本名を使っています。しょっちゅう間違えられたり同一人物だと思われていたのでちょうどいいから変更しようかなあと思っています。一時期、二人で“下の名前を使う”とか、一部の取引先の海外部の方がよく使う“名前と似ている英語名を通称にする”(隆一さんがRickとか純さんがJoeとか)というのも考えましたが彼女がエミリーとか私がナンシーなんてこっぱずかしくなって即ボツに。

けど2年間も付き合ってきた海外のスタッフや取引先に全部通達しなきゃいけないと思うとちょっとメンドイ。

さて、話題を変えて初夢です。すみません。これはどちらかというと私の健忘録です。記憶を垂れ流しながら生きているのでどうも忘れそうな気がするので。

何故か私の初夢(というか実際にみたのは3日でしたが)は何故かチャリンコ、自転車の夢でした。私はどうも熟睡型らしくあまり夢の内容を覚えていることはないのですが、その日の夢だけがあんまりにも鮮明なのでちょっと不思議です。

夢の中で私は何故か前に派遣で働いてた日系のメーカー企業に社員で働いていました。で、何故かその会社の中に“自転車部”なるクラブ活動があり、派遣で働いてた当時同じ部署だった数人の人達もその部員で、私はそのクラブ活動初日でサイクリング用のウェアを新調して、お弁当や飲み物の準備もバッチリで、新しい自転車でこれも何故か多摩川のサイクリングコース(そんなコースがあるのかどうかも知りませんが)にさあ行くぞ~!ってところで目が覚めたのでした。

インターネットで調べたら、自転車の夢って何かバランスをとろうとしているとかいう暗示があるそうですがまだ、走り出してもいない場合どうなのでしょう?とりあえず“カッコから入る”って性格は認めざるをえないのですが…。

今年の年末あたりに“あー、あのことを暗示してたんだ!”となるかどうか。










コメント (3)

遅ればせながら。

2007-01-08 00:06:25 | Weblog
遅ればせながら。

ちょっとピンボケしてしまったのですが、去年のクリスマスに会社の先輩からいただいたプレゼント。スワロフスキーの置物です。

何だろう…と一瞬考えましたがベビーベッド、ゆりかごです。

先輩、一応?意図があるようです。
コメント

今年の課題が早速浮上!

2007-01-07 21:46:12 | とほほ・・・。
こないだのブログで書いたように過去を振り返ると年末年始は出歩くことが多かったワタクシ。

…考えたら、おせちの準備を家できちんと手伝った記憶があまりありません…。

しょうがない!と今回本で探してお煮しめのような筑前煮と田作りを年末に準備してお正月当日は、関西風の白味噌のお雑煮を作ることにしました。

…ところが。。。

まず筑前煮。味が薄かった。ハハの作るお正月用のお煮しめは煮るだけですが、私は“がめ煮”(=筑前煮)の作り方を本で読んだので最初に鶏肉を油で炒めたのですがこれがイマイチだったー!

お雑煮も、お手伝いをしていなかったツケ、最初作ったのはめちゃくちゃ味噌味がなくてダシの味だけになってしまい、あわてて足したら今度はホワイトシチューみたいになってしまい…

そして極めつけが田作り。私の部屋はコンロが1つしかない単身用の台所なので、筑前煮にコンロをとられ、とりあえずインターネットでレシピを検索して見つけた電子レンジで煎る方法をとったところ、

レシピ通りの時間をセットしたら魚が炭と化してしまいました

おまけに魚の焦げたニオイが部屋中たちこめ、窓を開けても換気扇を長時間かけても全然抜けてくれませんもちろん、食べれる状態ではなく…。部屋に入ると焦げたニオイがあまりにも抜けないのでとうとう空気洗浄機を買う始末。

そんなわけで、マーシーにしてみたらもう不安全開な年明けとなりました。

た、大変ー!

今年の課題。まずマトモな料理ができるようになること。
(といいながら実家から大量の食料を持って帰ってきてしまった・・・)

と、とりあえず頑張りたいと思います…。






コメント