縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「かなり特異」と専門家 小4男子“全裸首つり自殺”に残る謎

2015-10-30 17:07:22 | 憎むべきいじめ
「かなり特異」と専門家 小4男子“全裸首つり自殺”に残る謎

2015年10月30日 10時26分

日刊ゲンダイ
 ネット上ではいまだに「他殺説」がくすぶっている。東京・日野市の小4男児(10)が首を吊った状態で見つかった“事件”。警視庁は現場の状況や解剖結果などから自殺とみているというが、確かに疑問は残る。

 なぜ、男児は両手足を自ら縛り、全裸姿で自殺したのか、だ。

「自殺の決意が揺るがないように、つまり、苦しくなって途中でやめてしまわないように、両手を縛って首を吊るケースはあります。それにしても全裸は解せない」(捜査事情通)

 男児が自宅を出たのが26日午前11時、遺体が発見されたのは同日夜8時ごろ。夕方4時ごろに現場付近の山林を歩いたという男性は「何もなかった」と話していた。夕方4時以降に自殺したことになるが、その日、その時間帯の日野市内の気温は約15~17度と結構、肌寒かった。よほどの理由がなければ、自ら全裸にはならないはずだ。

 男児は在籍している小学校にほとんど通わず、小1のころから立川市にあるNPO法人が運営するフリースクールに通っていた。同法人によると、男児は学校とクラスによく馴染み、クラスの仲間との関係も良好だったという。

「(自殺した)前日は学校祭で、男児はろうそく作りの体験ブースに参加し、大変活発でした。アイヌ民族の踊りをクラスで発表しましたが、朗々と声を出すなど、元気な姿が見られました」(同法人代表)

 同法人では「命の大事さを教える教育に重きを置いていた」というから、ますます“全裸自殺”とは結びつかない。

 犯罪心理に詳しい臨床心理士の矢幡洋氏は「自殺であれば、かなり特異なケースです」と、こう続ける。

「現場が自宅に近いことから『誰かに発見されたい』という思いは見て取れます。そして、全裸という“みじめ”な姿をさらすことで『自分がいかに無力か』という現状を訴えたかったのかもしれません。行動で示すことで、言葉では言い表せない“何か”を、関係者に伝えたかったのではないでしょうか」

 10歳の少年は誰に何を伝えたかったのか。
コメント

【日本海サーフエギング】9月中旬、秋のアオリイカ

2015-10-30 09:24:16 | 【釣り】ロックフィッシュ&デイゲーム
【日本海サーフエギング】9月中旬、秋のアオリイカを釣りに行ってきました!砂浜でのエギングはライバル不在で釣りやすい!釣れるポイントは磯に囲まれたサーフに回遊してくることが多いです。
コメント

フィッシュリーグ サーフエギングに最適!ダートマックス 武宮隆史

2015-10-30 09:19:00 | 【釣り】ロックフィッシュ&デイゲーム
フィッシュリーグ サーフエギングに最適!ダートマックス 武宮隆史
コメント

北出弘紀~爆裂!サーフエギング

2015-10-30 09:05:16 | 【釣り】ロックフィッシュ&デイゲーム
北出弘紀~爆裂!サーフエギング
コメント

ショア侍直伝!ランガンエギングの極意教えます!

2015-10-30 08:58:59 | 【釣り】ロックフィッシュ&デイゲーム
ショア侍直伝!ランガンエギングの極意教えます!
コメント

中2息子に「自殺しろ」父親に懲役6年

2015-10-30 06:54:43 | 珍事件・事故・その他・コラム
中2息子に「自殺しろ」父親に懲役6年

2015年10月29日 19時24分

日テレNEWS24

 去年、東京・西東京市で中学2年生の息子に「24時間以内に自殺しろ」と迫り、自殺に追い込んだ罪などに問われた父親に対し、東京地裁立川支部は29日、懲役6年の判決を言い渡した。

 村山彰被告(42)は、中学2年生の長男・由衣翔くん(当時14)を殴ったり蹴ったりしてケガをさせ、自殺に追い込んだ罪に問われている。

 これまでの裁判で検察側は「父親である村山被告が虐待を繰り返していた」と指摘。虐待の末、「24時間以内に自殺しろ」と村山被告に迫られ、由衣翔くんは自殺したと主張していた。

 これに対し、村山被告は「私が自殺をそそのかす言葉を言ったことはありません」と起訴内容を否認していた。

 判決で東京地裁・立川支部は「村山被告が『24時間以内に自殺しろ』などと言い、自殺することを決意させた」と認定、検察側の主張を全面的に認め、求刑通り懲役6年を言い渡した。

 さらに、「由衣翔くんは歩行困難になるほど繰り返し暴行され、女装しての写真撮影や、自殺のまね事をさせられた」「自殺を促す発言は、耐え難い絶望感や孤独感を抱かせ、死を意識させるに十分なものと言える」と指摘した。

 「女装させていない」と叫んで裁判長に発言を制止される場面もあった村山被告は、反省の様子を見せることなく、法廷を後にした。
コメント