橋を渡って島暮らし

ノーチラス沖縄よっちゃんの
瀬底島まったり日記です。
※たまにダイビングの事も書きます

ノーチラス沖縄ホームページ

ノーチラス沖縄ホームページへ行ってみる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ま・・まずい

2010年01月31日 11時56分13秒 | ダイビング
今引っ越す準備をしているのですが、
何気なく荷物を持った時に少し腰を捻って
しまったようです。

しかし、呑気に寝込んでしまう訳にはいきません、

もう少しでアパートの契約が切れるので、それまでに引っ越しを終わらせなければならないのです。

と、言う事で、しばらくネットに繋げなくなるので、日記の更新が不定期になります。

携帯で文章書くのが苦手なもので・・

この文も悪戦苦闘して打ち込んでいます。

一週間程で復活しますので、今後ともよろしくお願いします。
コメント (4)

店舗内装いじってます

2010年01月30日 13時12分45秒 | ダイビング
今日は久しぶりの晴れ!テンションも上がります。
こういう時は店舗の準備作業もすすむくんです。



現在、店舗内の壁を白く白く塗っている最中です。
中に入ると気持ちよくなってくるほどのペンキの匂い・・・。




お店の入り口もくっ付き、後は外壁の塗装を残すのみなのです。





悩んだ末、結局シャワー室とトイレの外壁も左官仕上げにする事にしました。
「あとでやるかぁ・・」なんて言ってると二度とやらないと思い、
なけなしの財布をはたいて左官屋さんにお願いしました。
しかし・・いつ見ても左官の仕事はかっこいい。




ほらほら~・・南の島っぽいでしょ?
瀬底大橋から見たアンチ浜です。
この浜から少し沖にはユビエダハマサンゴの群生があり、
ガレキ珊瑚の隙間にはニシキテグリが隠れていたりします。


ふう~・・・全くもっていい天気です。
ありがたやありがたや。

コメント (2)

潮風は気持ちいいけど

2010年01月29日 17時29分20秒 | ダイビング
沖縄に住んで悩んでいる事の一つに「潮風」があります。
朝起きて、ダイビングの支度をして海に向かい、
車から降りて浴びる潮風、とっても気持ちがいいものですが、
厄介な事に、沖縄に来てから異様に車が錆びるのです。

こまめに真水で洗車してはいるのですが、追いつきません。

これは車に限った事ではなく、
財布に付いている金具や携帯ストラップに至るまで、
あらゆるものがすぐサビサビになります。

特に船に乗る事が多い僕は、何か買うときに必ず材質を店の人に聞きます。

スチール×アルミ○ステンレス◎

こんな感じで身の回りにステンレス製品が増えていきます。

ああ、全ての物がステンレス製だったらいいのに・・・。

しかし、ダイビング用のタンクだけはスチール製が大好きです。
コメント

桜祭り絶賛開催中

2010年01月28日 13時15分39秒 | ダイビング
朝の桜祭り会場です。
今週末は参加型の集団ウォーキングとやらがあるらしく、
いつもの駐車場に入れなくなっているので、
朝早い時間しか散歩に来られないのです。



時間が時間(7:30)なのでひっそりしていますが、
屋台なども立ち並び、楽しげな雰囲気が漂っております。



桜は大体6分咲きといった感じでしょうか?
満開まではあと暫くかかりそうであります。




ソメイヨシノとも違ったちょっとピンクっぽい花が特徴です。


この所気温が低く(最高17度程度)開化が遅れているようです。
その代わり、長い期間桜が楽しめるかもしれませんね。











コメント

母屋完成しました

2010年01月27日 14時15分54秒 | ダイビング


母屋完成しました。
色々といじる所はまだありますが、
ひとまず住める感じにはなりました。




隣はさとうきび畑です、奥の林の裏には牛小屋があり、
たまに「モー」なんて聞こえたりするところが又のどかで良いですな。
トラックが前に停まってたりすると、「ドナドナ」の歌を思い出し、
気分が少し暗くなります。

最近引越しの準備や何やらで1週間程海に潜れていません。
実際引越しが終わるまでは冬休みにしようと思ってはいたのですが、
やはりこれだけ潜らないと尻の辺りがうずうずとしてきます。

今日は完成検査後という事で一通り荷物をまとめ、
新居へと運びました。
その帰りに寄った定食屋で「味噌汁とごはん」を食べたのですが、
以前この話をした時に画像を載せてなかったのを思い出し、
写真を撮ってみました。




これが、「味噌汁とごはん」650円であります。




さて、沖縄そば屋には必ずあるコレ。





コーレグースです。
お土産で買って行かれる方も多いんじゃないかと思いますが、
使い終わった奴、どうしてます?

コレ、中身は何のことは無い「島唐辛子」と「泡盛」だけなんです。
だから、使い終わったからといって捨てないで、泡盛を足すだけではい、元通り。

使っているうちに辛さが弱まってきたら、テキト~な唐辛子を足すだけです。
「ハバネロ」が入った奴なんかも売ってます。

だから、沖縄料理が好きな方、好きな泡盛と唐辛子でオリジナルコーレグースなんて
作ってみたらいかがでしょうか?




コメント (3)

変換って面白い

2010年01月26日 15時07分47秒 | ダイビング
あ:「あいよー」
い:「猪木」
う:「馬」
え:「エントリー」
お:「お勧め」

これ、何かと言いますと僕の携帯でメールを送る時に
それぞれ初めに出てくる変換文字です。
※例えば「あ」と打つと「あいよー」が出てきます。

この携帯は約一年半使っているので、
その間の僕の打ったメールから携帯が学習して、
優先的に言葉を選んで出してくれている訳ですね。

これ、面白いですね。
普段どんな言葉を使っているか一目瞭然。

「い」の「猪木」て・・・・・。
確かに僕は生まれながらの猪木ファンではありますけど、
そんなに使ったかな。

「う」の「馬」は・・・何でだろ?競馬やらないしなあ。

「え」・・・おお、ここでようやくダイビングっぽい言葉が!

「お」・・・何をお勧めしていたのかとっても気になる・・・。

あなたの携帯はどんな言葉を優先変換しますか?
ひわいな言葉とかが出てきたら反省する必要があるかもしれませんね・・ふふふ。

コメント

サンシンとカチャーシー

2010年01月25日 14時33分56秒 | ダイビング
昨日やしのみ会の展示について書きましたが、
展示会終了後、島の人たちとお疲れ会というか・・宴会になりました。
50名ほどの方々が集まってくれまして、
それぞれビールや島酒(泡盛)を飲みながら楽しく過ごしました。

そして宴もたけなわ、終盤に入りまして、舞台でサンシン(三味線)
の演奏が始まりました。
いやあ、さすがに演奏する人は若い人もおじいもみんな上手い!
これは・・やはり僕もやってみたいなあ、かっこいいなあ。
嫁の隙を見てこっそり買おう・・・・。

そして一通り盛り上がった後、皆でカチャーシー(沖縄風盆踊り)を踊る事になりました。

舞台に二人の特にサンシンの上手なおじさんが上がり、



サンシンをかき鳴らします、そしてテーブルの周りを老若男女入り乱れて踊りまくります。



見て下さいよ、ライトに照らされたこの姿!カッコいい!まるでベテランロックギタリストの様な貫禄・・・
僕の中では瀬底島のジミーペイジとジェフベック・・いや、歌も歌うからジミヘンか?
ザ・瀬底島エクスペリエンス・・。


最初はぎこちなく体を動かしていた僕も、だんだん慣れて来て楽しく踊り狂いました。
これ、結構疲れます。
なぜなら一通り踊ると20分程動き回る事になるからです。

おじいに聞いた踊りのコツは「何でもいいから腕を下げるな」との事です。





いやあ、楽しかった。
南の島というのは何処に行っても音楽や芸術が盛んだなあ。
いい夜を過ごさせてもらいました、皆さんありがとう。


コメント

瀬底島紹介@集落センター

2010年01月24日 16時00分10秒 | ダイビング



本日、ここ瀬底島集落センターにて、やしのみ会(移住者の会)
主催の展示会が催されました。

いつもお世話になっているシードアーさんと僕とで小さなダイビング写真展みたいなのを
出展しました。
これからお世話になる島の人々に直接触れ合えて、とても有意義。

図鑑を見入ったまま動かなくなる子供もいて、概ね好評だったんじゃないかと思います。



島のおばあは展示してある器材を背負い、その重さに
「あきさみよ~(なんてこった~!見たいな感じ)」と驚いていました。

みんなかなり器用で、プロ並みの展示があったりしてびっくりしましたね。





ここで問題!






この真ん中のひしゃくみたいなもの、一体何に使うものか分かりますか?
答えは
↓スクロールすると出てきます。























































アイロンです。
このひしゃくの部分に炭を入れて、服をなでつけるんですね~・・・。


後ろの数字が書いてあるのは本土復帰前の車のナンバープレートです。



コメント

瀬底島紹介@アンチ浜

2010年01月23日 15時24分10秒 | ダイビング
僕が間もなく引っ越す瀬底島。
本部半島から瀬底大橋を渡り、すぐ左に道を降りていくと、
くるっと回って瀬底大橋の真下の浜に下りることが出来ます。

そこの浜の名前は「アンチ浜」




小さな船着場があり、そこから地元の船や島のマリンショップの
水上バイクなんかが出たりします。

小さな浜ですが、地元の人にも愛されている浜です。




この浜からは瀬底大橋の真裏を見ることが出来ます。



この橋は瀬底島の人々にとって正に命の橋。
これが無かった時代はこのアンチ浜から渡し舟が出ていたそうです。

瀬底島といえば瀬底ビーチ、それにはもちろん異論ありませんが、
僕はこの地元密着型の小さな浜も大好きです。



コメント

沖縄でも熱燗は最高です

2010年01月22日 16時03分19秒 | ダイビング
現在しとしとと雨降り・・・。
しかし最近雨が降らなかったので、桜の花もこれで水分を補給して、
次の晴れ間には一斉に花を咲かせるかもしれませんね。

本部町のお隣今帰仁(なきじん)村でも桜祭りが始まったようです。



昨日は久しぶりに故郷の酒を熱燗にして味わいました。
桜が咲いたら春だろう、春といえば初鰹と決まっているだろう。

そういう訳で、鰹を一本購入してきて、刺身や塩焼きで頂きました。
泡盛も無論最高なのですが、やはり地元の酒はほっとしますね。

ここ沖縄では普通のスーパーでは大手メーカーの日本酒しか扱っていません。
その時の為にアパートには地酒が買い貯めしてあります。

スクガラス豆腐や地鶏にも良く合います、日本酒は偉大ですね。
コメント

洗い場が出来ました

2010年01月21日 15時58分36秒 | ダイビング


店舗の左官が終わりました。
後は塗装を残すのみ。
色はやっぱり・・・真っ白。

しかし完成しても内装を考え中なのでまだまだ気が抜けません。




ここはお客さんやスタッフが器材を洗ったりする所です。
右側にある建物がシャワー室×2とトイレです。

この器材洗い場から真っ直ぐ水納島が見えます。

セッティングしながらこれから潜るポイントが見えるので、
気分も盛り上がるのではないでしょうか?

母屋部分は殆ど出来上がり、これから完成検査を残すのみ。

ここまで来るのに約2年。
ラストまで気を抜かずに皆さんに寛いでもらえる店を目指します。



コメント

本日の海@すごく青の洞窟

2010年01月20日 15時54分36秒 | ダイビング



沖縄本島エリアで屈指の人気スポット、真栄田岬の青の洞窟に行ってまいりました。
このブログを見て下さっている方の中にも潜った事ある人、結構いるんじゃないでしょうか?

このポイント、シーズン中は広い駐車場がぎっしり埋まり、
入れなくて途方に暮れるときもある人気スポット。
しかも北風の吹く冬場は荒れやすく、潜れない時も多いのです。

人気スポットの宿命か、沢山のお客さんが入るためシーズン中は洞窟内の透明度も落ち、
「青の洞窟って言うけどそんなに青くね~じゃん!」
などと思った方もいるかもしれません。

しかし、本日J氏と一緒に行ったのですが、1本目こそそこそこ人がいましたが、
洞窟に入る2本目は何と洞窟貸切!!

と、いうことで青の洞窟本来のスペックをお見せしましょう。











最後に大物が写っていますが、これは無視の方向で・・・。

どうですか?これなら「青の洞窟」と胸を張って言えるのではないでしょうか?
何なら「すごく青の洞窟」と名乗っても差し支えない位だと・・・思うなあ。


シーズンオフは透明度が高く狙い目ですね。






コメント

新兵器買いました

2010年01月19日 15時02分18秒 | ダイビング
ドライスーツ着用時、首や手首から浸水する事、結構あります。
フルオーダーのドライスーツは比較的浸水は少ないのですが、
本部の海はブイが水中5~7m辺りに沈んでいる水中ブイのポイントが多く、
それをスキンダイビングで取りに行かなければいけないのです。
その場合、やはりタンクを背負って潜る時より体の動きがどうしても大きくなるため、
首や手首から「じゅわっ・・」て感じで浸水してきます。
まあ、これが沖縄だから「ひぃっ!」位で済んでいるのですが、
冬の東北辺りだと「ぎゃぁあああ!」って感じになるのです。

そこでこいつを手に入れました。





バイオシール。
アポロ製です。

こうしてみると普通のゴム素材に見えますが、




こんな感じで非常に良く伸びる素材で出来ており、
フィット感抜群なのです。

手触りは・・・スライム?


早速この前潜った時にこれを付けて見ました。
さてブイ拾い・・・・全然水入ってこねえ・・・。

これはスグレモノですな、難を言えばちと高いのと作りが華奢っぽいので
どの位持つやら・・・。

しかしドライスーツが浸水する不快感に比べれば全然大丈夫。
首に巻いた姿もダサかっこいい。
(最近こういう言い回し廃れてますか?エロカッコイイとか)



ここで僕の悪い癖が出ました。

「限界が知りたい・・・・」

ダイビング中、どの位ムチャしたら浸水するのか試してみました。

その1「バブルリング」
※水底に寝転がり泡でリングを作る。

全然大丈夫

その2「きりもみ泳法」
※ぐるぐる回転しながら泳ぐ

何とか大丈夫

その3「水中ヘッドバンキング」
※頭の中でパンテラを再生し、水中で前後に激しく頭を振る

首筋から若干浸水


と、いうことで普段やってるダイビングを普通にする分には
十分信頼に堪える品だということが分かりました。

例えばドライスーツをレンタルで使っている方、お試し下さい。
きっと不快な浸水、減りますよ。
コメント

本日の海@今年初ボート

2010年01月17日 16時44分58秒 | ダイビング
今年初のボートダイブは水納島。

相変わらず抜群の透明度を誇る水納島ですが、





今日は曇り。
しかし海の生き物達は元気に年を越したようです。





ハナヒゲウツボの幼魚ちゃんです。
大分大きくなってきました、成魚になってもここにいてね。



オオモンカエルアンコウです。
以前とは別の場所に住んでいました。
エスカ(疑似餌)を出し、頑張って釣りをしていました。




こんなもっさりした見た目ですが、
エスカに小魚が近づくと信じられないスピードで捕食する、
油断のならない奴です。


久しぶりのボートダイブはやっぱり最高。


水温21.6度、透明度25m、最大水深24m。









コメント

琉神マブヤー

2010年01月16日 14時22分36秒 | ダイビング
各都道府県のご当地ヒーローなるものが一時期もてはやされた事がありましたね。

秋田:超神ネイガー

栃木県:エコレンジャー

東京都:都営戦隊オーエドマン

大阪府:磁力解決戦隊エネルギンジャー

福岡県:緑黄戦隊カボレンジャー

町おこしイベント的なヒーローから啓蒙活動のためのヒーローまで色々いるようです。
デザインも仮装大賞レベルからかなり本格的なモノまで千差万別・・。

しかし、沖縄のヒーローといえば、

「琉神マブヤー」
http://www.mabuyer.com/index.html

こいつはかなり本格的です。
様々なキャラクターグッズからCM出演(大手自動車メーカー)
果てはプロレスラーにまでなっています。

詳しい事は上の公式WEBを見ていただくとして、
この適役の怪人が面白いのです。

まず名前

マブヤーの敵役として、悪の軍団「マジムン(これは沖縄弁でお化け)」
そこに所属?する怪人の名前が

ハブデービル、ハブクラーケン、オニヒトデービル、マングーチュ、
クーバー1号、2号(これはショッカー戦闘員的なポジション)

どうですか、そこはかとなく脱力系。

一応ハブデービルが親方(うぇーかた)という事になっているのですが、
一番お金がかかってなさそうな着グルミです、顔出てるし・・。

そしてキャラクターが話す言葉はもちろん沖縄弁。

僕はこの番組、結構好きです。
子供向けを意識しているからか、結構分かりやすい沖縄弁を使ってくれるのです。

良くテレビで舞台の「沖縄喜劇」みたいなのをやっていますが、
これは難易度が高く、未だに何を言っているか半分ほどしか分かりません。

近所のオバア相手に練習に励んではいるのですが、
中々自分のものには出来ませんね。

今後もマブヤーを見て、沖縄弁の理解に勤めようと思います。




明日は新年初のボートダイブ、楽しみです。
コメント