ネイチャーワールド http://www2.odn.ne.jp/aao78440 子供の頃の自然の中での想い出・・・・・

神奈川西部の小田原、湯河原、箱根、真鶴等の自然の話題を提供します~自然体験・環境教育・自然観察・森林・癒し・散歩~

春の早川に鳥達が集まる(アオサギ・カルガモ・カワウ)

2018年04月01日 | 
神奈川県箱根町の芦ノ湖を源流とする早川は箱根町そして小田原市を流れています
桜並木もあるその早川に偶然多くの水鳥達が集まっていましたよ

さて、上の写真に何匹の水鳥がいるかわかりますか?
第1ヒントは・・・種類は3種類です。これでわかった方はかなりすごいのでは
第2ヒントは水の上の鳥たち(泳ぐ)が1種類と石の上にいる鳥が2種類2か所に分かれます
第3ヒントは、左側に1羽(白)、その上側あたりに2羽(茶)、右側石に2羽(黒)+1羽、そしてその石の下側に数羽(茶)泳いでいます。

正解は以下の写真です。緑が3羽のカワウ、青が1羽のアオサギ、赤がカルガモで左側の2羽、右側は見えにくいですが4羽も泳いでいるんです。何羽があたらなくても鳥のいる場所があっていたら正解でしょう
ということで、春の暖かさに偶然水鳥が集まったひとコマでした


アオサギ(サギ科):全長93センチと大きい、青色というより灰色がかる、頭の黒帯もポイント


カルガモ(ガンカモ科):全長60センチ、口ばし先の黄色、足のオレンジ、目の黒いラインがポイント


カワウ(ウ科):全長82センチ、全体に黒っぽい、羽を広げて乾かすのが好き
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の七草のクズとハギ | トップ | 春のウツギとアオスジアゲハ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事