トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

十五夜とイヌセンボンタケ

2017-10-04 | キノコ
  

今日は十五夜 ボーっと眺めていたら雲がかかって来て これもマー良いかな
十五夜とは関係ないのだが 秋の味覚マツタケやエリンギなどキノコを焼いて食べた



落葉の中からイヌセンボンタケが顔を出していた

春から秋にかけて林内の倒木 切り株やその周辺の地上に発生する
傘は小型で1cmほどの大きさ
始めは白色卵形 後に灰色鐘形になる 肉は白くて脆く極めて薄い
小型で壊れやすく 採り難いので食用にはされない 食毒不明


ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウズラシギ | トップ | アミスギタケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キノコ」カテゴリの最新記事