トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ヤツデとハエ

2010-12-16 | 樹木 草花
          

花の少ないこの時期 ヤツデが花盛り
花も少ないが虫も更に少ない初冬 花粉運びにハエが大活躍する
ハエだって寒ければ飛べなくなってしまうが 陽の当たっている大きな葉(20度はあるそうだ)に止まり暖を取って 暖まったらまた花へ飛んでゆく

ヤツデの花は雌雄同株で 上部の花序には両性花 下部の花序には雄花がつく

写真のハエの止まっているのは両性花で 自家受粉を避けるためオシベが先に成熟し花粉を盛んに出す
花弁とオシベが落ちてから 花柱が伸びて来る
来年4~5月頃には立派な実が黒紫色に熟すことだろう
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石神井公園のモミジ | トップ | ゴイサギとモミジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事