トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ウメモドキ

2013-10-31 | 樹木 草花


ウメモドキがたわわに実を付けていた
葉が落ちた後も赤い実が落ちずに残り綺麗だ
名前は葉が梅に似ていることによる

モチノキ科の落葉低木 3mほど有った 日本固有種
雌雄別株で6月頃に淡紫色の花をつける
果実は核果で10月頃に赤く熟し落葉後も残る
果実の大きさは5mmで小鳥サイズ 鳥が食べるが結構食べ残す 他の食べ物が無くなった厳寒期に少し食べる程度
食べたがあまり味はしない
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴクラクチョウカ | トップ | 柿の葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事