トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

キボシカミキリ

2018-08-10 | 虫類


キボシカミキリ体にある黄色い斑紋が名前の由来
斑紋は地域によって変化が多い

イモムシ型の幼虫で越冬して成虫は5~10月に見られる
幼虫はイチジクやクワノキなどの生木の幹や枝に潜入して材を食い進むため これらの木の大害虫
成虫も同じクワ科の生木の樹皮や葉を食べる

カミキリムシは触角の長いものが多いがキボシカミキリは特に長くて体の2倍以上もある
大きさは25mm程だった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アカボシゴマダラとカナブン | トップ | コフキコガネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

虫類」カテゴリの最新記事