トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

サンシュユの花

2018-03-12 | 樹木 草花


サンシュユの花は綺麗な花で 早春の息吹を振りまいて輝いている

ミズキ科の落葉小高木 ふつう3m程になる
中国 朝鮮半島原産で日本へは江戸時代に薬用植物として渡来した
サンシュユは中国名「山茱萸」を音読みしたもの
別名「春黄金花」は山茱萸の代わりに牧野富太郎が提唱したもの

花は3~4月葉の展開前に開花する
短枝の先に3㎝程の散形花序を出し 約7mmほどの花柄の先に淡黄色の小さな花を多数つける
花弁は4個 長さ約3mmで先は尖り反り返る
雄しべ4個が飛び出て目立つ 花柱は1個
実は核果で15mmほどの長楕円形 秋に赤く熟す

果実を果実酒に 果肉を乾燥したものを薬用にする
疲労回復 強壮に効果がある 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カンムリカイツブリ | トップ | ギンヨウアカシア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事