トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

モモ(日川白鳳)の花

2018-03-14 | 樹木 草花


甲府をブラブラしていたら 日川白鳳と言う品種の豪華な桃の花に出会った
日川白鳳は1981年5月に品種登録された白鳳の枝変わり品種
酸味が少なく糖度13%ながら甘く感じられ とてもジューシーな桃らしい

モモはバラ科サクラ属の中国原産の落葉小高木 3~8mになる
花は葉の展開前に開花する
直径3㎝程で芳香があり 色は白色 淡紅色 紅色 花柄はほとんどない
花が八重咲 菊咲の観賞用の品種を一般にハナモモと言い 枝垂れるもの箒立ちのものなど多くの品種がある
果実を食用にする代表的な品種には大久保 白桃 山根白桃 白鳳 倉方早世などがある

観賞用 食用の他に薬用としても効果がある優れものだ
硬い殻の中に種子が1個入っていてこれを「桃仁(とうにん)」と呼んで薬用にする
桃仁を1日3~5グラム煎じて飲めば産前産後 血の道 婦人病に良い
花の蕾を乾燥したものを1回2~3グラム煎じて飲めば緩下剤になる
新鮮な葉を採って500グラムほどを風呂に入れてつかるとあせもに効く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギンヨウアカシア | トップ | ウラギンシジミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事