トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ミズバショウ

2017-05-30 | 樹木 草花


流れの脇にミズバショウの白い花が目を引く
と言うが 普通ミズバショウの花と言うと白い大きく目を引く仏炎苞を指すが 中の花序に密生する淡緑色の3mm程の小さな花が真の花

サトイモ科の植物でミズバショウの仲間は世界に2種あり 北米と東アジアに1種づつ分布する
日本では兵庫県、中部地方以北の湿原や湿潤な林内に群生する
花は5月の雪解けを待ちかねたように葉の展開前に咲き始める
大きな仏炎苞の中に円柱状の花序を包む

花のあと葉は成長して1m近くにもなる こうなるとあまり可愛くはない
葉は芭蕉に似ているのでミズバショウの名がある
果序は12㎝の長さにもなり緑色に熟し果実は液果 
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« ラショウモンカズラ | トップ | エゴツルクビオトシブミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事