トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

サシバ

2013-10-28 | 野鳥


木の天辺で睥睨するサシバが居た
獲物を目指して真っ直ぐに飛ぶのでサシバ(刺羽 差羽)
サシバの尾羽で作られていた儀式用の長柄の団扇「さしば」にもとずくと言う説もある

九州から本州までは夏鳥 南西諸島では冬鳥
9月から10月半ばころまで南へ渡りをする
時には数十数百にも成って飛ぶ事が有る
白樺峠や伊良湖岬での渡りは秋の風物詩

大きさは49cm ハシボソガラスとほぼ同じ大きさ
爬虫類や両生類を好み昆虫 鳥の巣立ち雛 ネズミなども獲る
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« マダラマルハヒロズコガ | トップ | キビタキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事