トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

モンキアゲハ

2017-10-18 | 虫類


飛んでいる時は大きな白色紋が見えたのだが 止まったら前肢の陰になって見えずクロアゲハとそっくりで往生している

蛹で越冬して4~10月まで見られる
平地から丘陵地の森林 林縁 農地 公園などに居る
関東では少なかったが 最近は都市部でも良く見られる
次第に分布を北に広げていると言われている

日中林の周囲のやや高い所を飛び各種の花を訪れる
食草はカラスザンショウ ミカン類など
大きさは10cmと大型
コメント