トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

エゾビタキ

2017-10-14 | 野鳥


蝦夷(北海道)の方から来るヒタキと言う意味で名付けられた
繁殖地は千島列島やサハリン以北で 北海道でも旅鳥

旅鳥で都心や周辺では春より秋の方が多く見かける
平地から山地の林や林縁などにいるが 林内より少し開けた場所を好み 体を垂直にして枝に止まる
空中採食で昆虫類を捕り 秋の渡りではミズキやモッコクの実もよく食べる
観察するにはミズキの木で待てば良いと言われる

雌雄同色 喉からの体下面は白っぽく 胸と脇腹に暗褐色の縦斑が有り識別しやすい
大きさは15cm
コメント