Natural Angler

取り巻く自然にも目を向け、ゆったりとフライフィッシングを愉しんでいます。

激戦・激シブの中、ヤマトイワナの尺に出会えた。

2020-08-09 10:07:28 | FlyFishing

連休初日、コロナからの逃避もあるのか、山岳や渓にはいつも以上に人が。

この日もいつもの3人で、ヤマトイワナに会いに山岳渓流を目指す。
しかし車止めはすでに満車。
途中の道路脇にも多くの車が停まっている。山人もかなりいるようだが、釣り人も多そうだ。

少し離れたところに車を停め、二人は支流の上流を目指す。
自分は体調も考慮して、下からぼちぼち釣りあがることにした。

本流は浅いうえ、濁りも入ってあまり期待できないが、
先行者とのインターバルを稼ぐつもりで、少しだけやってみる。

すると浅瀬からこんなヤマトイワナが顔を見せてくれた。

サイズこそ、小振りだが早々のヒットに気をよくしていると、

こんなイワナが2尾、続けてフライに出てくれた。

これは幸先が良いと、支流に移動したものの、ここからが大変。

上流に釣り人の影こそ見えないが、足跡はたくさん。
それでも竿抜けはあるだろうと、小さなポイントにもしつこくフライを放り込む。

しかし反応が無い。それも0回。こんなことは初めてだ。
増水しているので、ポイントも少なめとはいえ、まったくの0はありえない。

堰堤まで来たが、水量が多くポイントは限られる。
白泡の切れ目から手前のぶっつけまで、流れは少し早いがフライを流すと
ボコンと初めての反応が。

合わせると同時に良型を確信。
はじめての反応だし、これはバラすわけにはいかないと、慎重にやり取りする。
白泡の下に潜り込もうとするのを数回いなし、
なんとか手前に寄せる。
ネットを差し出すが、尺はあると思われるイワナはすんなり入ってくれない。
何とか掬い上げることができたが、あばれて飛び出しそうになるのを手で押さえ、キャッチ成功。

尾びれの大きななんとヤマトイワナ。
サイズを測ると31センチ、尺ヤマトだ!

尺ヤマト

初の尺ヤマトイワナ。超激戦区でのヒットは格別でした。

youtube#video

 

デジタルキープした直後に勢いよく流れに戻っていった。

しかし、このあとも反応は全くなく、支流ではこの一回、この1尾という厳しい状況だった。
登山者も多く、釣り人も多い厳しい1日だった。
それでもこの1尾に救われたといえる。
購入まもないハーディのマーキスLWTにも良い入魂ができた。

 

Gooさん、雪辱しましょうね。
よねさん、さすがの釣果でした。

お疲れ様でした。

コメント (2)

梅雨は明けないけど、連休だから釣りに行こう!

2020-07-24 16:54:28 | FlyFishing

こんなに雨の量が多く長い梅雨は記憶にない。

というわけで、7月はまだ1回しか釣りに行けていない。
しかも、ニューロッドの入魂はできたものの、十数年ぶりにヤマビルに喰いつかれるというおまけまで。
だから写真はカット。

さて、4連休。初日だけは雨を免れそうなので、今年はなかなか行けない山岳のイワナ釣りに出かけてきた。
小さな支流なのだが、イワナはそこそこいるので、良い日に当たれば楽しめる。
しかし、過去の釣果をみると、良い日と悪い日が極端な渓なので、やってみないとわからない。

それでも何とかなるだろうと向かってみる。

現地に着くと先行者の車が。これがなんと所属する渓流会のFさんだった。
夕まづめだけやるということで、日中は一人バーベキューでまったり中
上はやらないということなので、上に向かうと見慣れた車が。
なんと釣友よねさんがこれから始めようというところだった。

一緒に釣ることになり、よねさんは少し下流へ、自分は支度をして上流へ釣りあがる。
20mほど上がったポイントで岩の奥への巻きこみにフライを乗せると、
出ました、8寸イワナ。
 

ころっと太ったいいイワナでした。

しかしここからがこの渓の気まぐれか、まったく反応すらなし。
結局目的地点まで釣りあがったが、反応はこの1回のみ。
よねさんも1,2回の反応とバラシ1のみという信じられない結果だった。
この渓の反応なしはこれで2回目。
しかし前回は9寸含め8尾ほど良いイワナが出たので、なんだかなあ。

ということで、川を変えることにした。
細い支流が多いので、よねさんと別れて、少し下流に移動。
ヒルがいるところなので、注意しながら釣りあがる。

喰われた渓では上からポトンときたようなので、藪漕ぎや木の下をくぐるときは要注意。

水量が多く、ポイントが少なめなので、反応はそこそこあるものの、なかなかフッキングしない。

それでもアベレージの7寸クラスを3尾ゲット。バラシも2尾ほどあったが、まずまず楽しめた。
雨に降られることもなく1日過ごすことができたが、とにかく蒸し暑く、
上半身は汗でぐっしょり。この時期着替えは必需品。
着替えた後、車のエアコンでサラサラになると本当に気持ちが良い。

 

連休二日目。
カミさんは仕事ということで、半日は自分ひとり。
ゴロゴロしているのももったいないので、3時間ほどいつもの渓へ。
午後から雨の予報だったので、降り出すまでの短時間勝負。
しかし現地に着くとやはり釣り人が結構いる。

予定していた区間をあきらめ、久しぶりの区間に入ってみた。

水が落ち始め、良い感じのプールがたくさんできていた。
良型が出そうな感じがするが、
始めてみると出るのはチビアマゴばかり、
時折ちょっといいサイズ(といってもチビアマゴではある)がヒットする。

退渓予定地点の少し手前で、ようやく納得できる1尾がピーコックパラを咥えてくれた。
 

ニューロッドのレディントンの再入魂ができたかな。

今日はこの1尾で十分、ということで、午後2時納竿。
車に戻り、着替えを済ませ車に乗り込むと、それを待っていたかのように雨が降り出した。
まったく濡れることもなかったので、ラッキーだった。

被災地のみなさんのことを考えると、すこしでも釣りができたことに感謝。



コメント (7)

梅雨の間隙を縫って

2020-06-28 18:38:23 | FlyFishing

コロナ自粛が緩和したかと思ったら、今度は梅雨入り。
お気に入りの甲斐の国の南ア山岳渓流は、昨年の台風による崩落の影響でバスが動きそうもない。

ということで、今のところは地元の支流中心に出かけることが多くなっている。

梅雨入りしたことで、渓に水が戻ってきた。濁りが出るほどではないので
入るところを選べば思ったより良い釣りができる。

それでもおなじ川だけではさすがに飽きも来る。ということで、数年ぶりの支流に入ってみた。

下流は鮎の川ということで、この日も平日にもかかわらず、大勢の釣り人が入っていた。
自分は鮎のエリアを抜けて最上流部に入ってみる。

渓相はなかなか良い。梅雨の真っただ中ということで、水量は十分。
期待したくなる雰囲気なのだが、この川は外道が多いのが難点。
あと、漁協の放流も少ないので、はたしてアマゴに出会えるのかちょっと不安。

それでも新しいロッドに尺上で入魂できたゲンのいい川なので、
この日も同じロッドで挑むことにした。

しかし案の定カワムツの攻撃に遭う。
しかもでかいから、一瞬本命かと思うほど。

結局アマゴらしい反応はあるものの、出会うことはなく時間だけが過ぎる。
退渓予定地点も近づきあきらめかけた時、
良型のアマゴのライズ発見。

これは絶対に獲らなければと、水量が多くドラッグしやすいので、
ティペットをつぎ足し万全の態勢でキャストする。
ライズポイントにどんぴしゃり流れるフライ。
アマゴは迷わずフライを吸い込む。

ヒット!

結果的に唯一の釣果となったが、体高もあり、腹びれから尾にかけてのあめ色、
さらにボディ、すべてのヒレとも一切欠損のない完璧な美形アマゴに感激!
もうこれで十分といえる1尾だった。

 

やはり、このロッドとこの川の相性は良いようだ。
次に来るときもここはこのロッドにしよう!

 

さて梅雨の合間の釣行その2は
釣友、よねさん、Gooさんと久しぶりの夜の作戦会議(という名の飲み会なのだが)で、
翌日3人で釣りに行くことになり、前回良い釣りのできた支流などを巡ることに。

ダムにそそぐ数本の支流めぐりとなったが、この日は魚たちのご機嫌が悪く、なかなか苦戦する。

 

最初の渓はほとんど反応すらなし。何とか小振りのイワナに出会うことはできたが、3人とも苦戦。

次の渓は前回良い釣りができたところにもかかわらず、激シブ。
早々に移動することに。

次の沢はよねさんが前回かなり良い釣りをしていたので、期待したのだが、
さすがに3人で釣りあがるには川が小さい。
Gooさんは初めての区間ということだったので、
実績のあるポイントを攻めてもらうと、8寸クラスが顔をだし、ちょっと一安心。

それでもやはり全体的には厳しい釣りになってしまった。

ただ、梅雨の合間、仲間と一緒に釣りができたこと自体楽しいことだった。
自分的には十分楽しい時間だった。

 

そして、27日の土曜日、嘘のような梅雨の間の晴れ間。
水は多いかもしれないが、行かない選択はない。
ということで、千頭近くの支流を覗いてみることにした。
この渓は昨年、台風でひどい状態になっていたところなので、
どうなっているかを確認する意味もあった。
水量があることもあり、渓の雰囲気はそんなに悪くはなかった。
あとはアマゴたちがどうなっているかということだ。

お気に入りの区間に入ってみる。
早速反応がある。しかしヒットしない。
その後も頻繁にアタックはある。どうもかなり小さいようだ。
フックサイズを落としてみると、

指サイズのかわいいアマゴがヒット。
その後も数匹の同サイズのアマゴは釣れるものの、
まともなアマゴは一向に出てくる気配もない。
チビいじめになってしまうので、早めに納竿とした。

帰るときに鉄橋を渡る機関車トーマスに遭遇。
急いでデジカメを構え、最大ズームでパチリ。
手持ちの割にぶれも少なくうまく撮れた。

お土産は、人気の草餅を買い、ちょっと早めの帰路につきました。

しかし、超蒸し暑い1日だったなあ。

コメント (4)

イワナは気まぐれ

2020-06-14 13:19:58 | FlyFishing

前回はほとんど反応すらなかった山岳のイワナの小渓に、思い立って足を延ばししてみた。
ただし、梅雨入り前ということで、渇水覚悟だったが、
予想通り最下流部は伏流化していて流れがない。
リベンジどころか、返り討ちに会うかもしれないと思いつつ、そっと渓に降り立つ。

良さそうなポイントもあるのだが、いつものようなところからは反応がない。
午前中の1時間半ほどで、反応2回バラシ1回と返り討ちムード。

握り飯ランチタイムにちょっと考えて、午後からは攻め場所を変えてみる。
写真のようなポイントではメインの場所からは出ないので、左右の岩の際や蜘蛛の巣の掛かった穴の中など、
釣りにくさ満点のポイントにしつこくフライを放り込む作戦に変えると
ようやく出始めました
ただしイワナのいるところにフライが入らないと、隠れている場所からは出てこないので、
とにかく蜘蛛の巣をはらいながらフライを落とし続ける。
しかしこの蜘蛛の巣との戦いは壮絶です。
リーダーの長さも詰めて、這いずるようにキャストする。

するとようやく、こんなイワナが…

サイズもまずまずだが、この腹がすごい。

サイズもだんだん良くなってきた。

尾びれピンピンです。

そして今日イチの9寸も
コロコロに太っていたので、キャッチするまでは尺ものかと思うほどパワーがありました。

そんなわけで、午後からは8尾をキャッチでき、反応もそこそこあり楽しむことができました。
ただし、あとのロッド、ライン、リーダーのメンテナンスがなかなか大変でした。
蜘蛛の巣に守られたイワナたちでした。

次は梅雨明けかな。

コメント (6)

緊急事態解除はまだ魚たちには伝わっていないのかな。

2020-06-07 14:04:24 | FlyFishing

自粛により、近場の渓はいつもより人が入っていたらしく、どこの渓も渇水も手伝ってか、反応は厳しい。

お気に入りの渓にでかけたものの、厳しい状況にがっくりしていたGooさんをお誘いし、
それでも魚影は濃い、甲斐の国白イワナの渓に再度出かけてきた。

 

現地は青空、新緑もまぶしく、気温も22度と下界の夏日がうそのような陽気だった。

しかし、イワナたちの活性はいま一つ。
休日には多くの釣り人が入っているのだろうか。
また、サイズが小振り中心で、間違っても良型といえるサイズが出てこない。
いないのか、出てこないのか?

アベレージはこんなサイズ。

こんなのも混じる。綺麗だけどね。

渓相は良い。Gooさん岩化けするが。

ちょっとストレスの溜まる釣りになったが、気持ちよかったので、個人的にはまあ楽しんだかな。

車のわきには山菜のハリギリの幼木があった。

帰り道、ウドの芽先をいただいてその夜の天ぷらに。こちらは非常に美味かった。

 

 

そして週末の土曜日。
昼から時間ができたので、またまた地元の渓へチョイ釣りに。

遠征がなかなかできなかったこともあり、今年は地元の小渓に何度もでかけていたので、
気分転換に、数十年ぶりの区間に入ってみた。
以前は良い釣りができたところだったが、土砂で埋まってしまい、以前の面影はほとんどなかった。

浅瀬の区間が多く、ポイントらしいところが少ない。
それでも漁協が稚魚放流をしているようで、こんなアマゴは頻繁にフライに出てくる。

しかし、この渓相に渇水が加わっているせいか、反応はあるものの、
なかなかフライは咥えない。
結果、釣れない、釣れてもスレ掛かり連発という状態。
良型の反応もぽつぽつ混じるのだが、なにせヒットしない。
ストレスが溜まる、不完全燃焼状態。

しかもようやくまともな引きで掛かってくれたのは、

婚姻色が見事な良く太ったオスのオイカワ。

ちょっとだけ楽しませてくれたけどね。

背掛かり含めてチビアマゴが5尾程度。スレバラシらしきものが数回。
フライには出るが乘らないパターンが十数回はあったかな。

そんなわけで気分がめげそうになっているところで、ようやくここではまともなサイズのアマゴが出てくれた。

大物とはいえないが、ふっくらした体とピンと張ったヒレがきれいな美形だったので、ちょっと救われる。

そんなわけで、周囲を見渡す余裕も出て、可憐な岩サツキにも目がいった。

蛇行していたこともあり、3時間半と思ったより掛かってしまい、戻りも山道を30分の歩き。
湿度の高い日だったので、車に戻るころは全身汗びっしょりとなってしまった。
甲斐の国ではほとんど汗もかかなかったので、この差には参った。

そんなわけで、この日は冷えたスパークリングワインがひと際旨かったなあ。

さて次回はどこに行こうか。

 

コメント (8)