なんてこったィ !! ナチュラおじさん Blog

埼玉県|鶏卵|たまご|放し飼い卵|平飼い卵|アニマルウェルウェア|農場HACCP|

洗卵ブラシの磨耗

2010-06-01 08:32:22 | HACCP/農場HACCP
おはヨリイ!埼玉県寄居町の丸一養鶏場、"ecocco(エコッコ)"ナチュラファームの一柳憲隆です。



鶏卵を洗浄機器にて洗浄するときに使用するブラシの写真です。
本来は赤いラインがブラシの長さなんですが、矢印で窪んでいるとことが、搬送ラインで鶏卵が通るところとなっており、ブラシが磨耗しています。
こうなってしまうと、鶏卵に付着した汚れが落ちにくくなり不衛生となりますので、新品と交換します。磨耗しても上下にアジャストできるのでそこそこ使用できるのですが、鶏卵の当たらないところは長さがそのままなので、左右にもアジャストできればもう少し使用できるのですが...
国産の洗卵選別機メーカーさん、何か良いアイデアないですか?

twitter
*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*
アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献したい。
ナチュラファームは、にわとりのこと、人のこと、これからのことを大切にしたいから …
ecocco (エコッコ) を皆様へ大切にお届けしています。
ナチュラファーム/有限会社丸一養鶏場
0120-270-626
携帯電話・PHSからもご利用頂けます。下記のお時間にて対応させて頂きます。 
平日8:30~16:00 土曜日祝日8:30~12:00 *日曜日はお休みです。
*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鶏卵保管温度の連続モニタリング | トップ | ヨリッターのポスター完成! »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブラシ磨耗の件 (福岡茂)
2011-08-05 09:40:55
ブラシ磨耗によって、ブラッシング精度が
使用期間と共に減少していく課題・・・

私も同じ問題として取り組んでみました
実際にブラシを下げなければ減りは緩やかになり減っていないろ勘違い?
又下げれば減りが加速するはずです
それに対して高さ調整を的確に行っている
GPは?

それと例えば10年間でブラシ代がいくらかかるかと言う経費の問題から
①ブラッシングの安定精度確保
②消耗品としての出費削減
この二点から耐久型ブラシをリリースしています

参考にホームページを見て頂ければと思います
検索は”京都トライトン”です





HACCP/農場HACCP」カテゴリの最新記事