なんてこったィ !! ナチュラおじさん Blog

埼玉県|鶏卵|たまご|放し飼い卵|平飼い卵|アニマルウェルウェア|農場HACCP|

農産物検査員の2年目。

2015-11-03 16:50:22 | 飼料用米
おはよりいでございます。埼玉県大里郡寄居町のたまご屋、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



平成27年度産のお米も田んぼのあちこちで刈り取りが終わろうとしていますが、県北地域、特に熊谷地区は麦あとが大半なので、比較収穫が遅く、その分飼料米の集荷も12月いっぱいまで掛ります。

ただ、肝心の検査はあのややこしい書類の内容や提出手順はすっかり頭ん中から消えおり、若干慌ててます。文章がちょっとでも間違っていると即ダメだしが飛んでくるそうなので、しっかり集中して臨みます。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

***********************************************************************

 ≪ 農場直売 新鮮たまごの販売 ≫
 採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1) Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪ 電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応いたします。 ≫
tel 048-582-1135 / fax 048-582-1847 / e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 ※日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
***********************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国内産農産物の程度統一会(飼料用米)

2015-07-31 07:58:59 | 飼料用米
おはよりいでございます。埼玉県大里郡寄居町のたまご屋、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



国の認定する検査員として、『国内産農産物の程度統一会(飼料用米)』に出席してきました。

2009年から飼料米の利用、しかも埼玉県産にこだわって取り組んでいますが、昨年度から自ら農産物検査員として飼料用米の検査を実行して品位等を判断しており、的確な判断や知識、不正防止のための不適正事例の報告などスキル向上のための講義となります。最後には聞いていなかった習熟状況のテストもり、目が閉じないよう苦労しました。

昨年実際に経験したことですが、正直、不明確な点も若干ありましたが、今回の講義でクリアできたので、段取り良く検査業務を進められるよう準備しておきます。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

***********************************************************************

 ≪ 農場直売 新鮮たまごの販売 ≫
 採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1) Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪ 電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応いたします。 ≫
tel 048-582-1135 / fax 048-582-1847 / e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 ※日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
***********************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

27年度産飼料米

2015-06-14 06:47:37 | 飼料用米
おはよりいでございます。埼玉県大里郡寄居町のたまご屋、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



今年度で7年目の取り組みとなる、近隣生産者さんとの飼料用米検討会が週末に開催されました。給餌ロットを増やしたこともあり、26年度産は今年給与分のエコッコ専用飼料の分を残して使い切っています。

昨年度からの『農産物検査員制度』により、秋に収穫された飼料米をその年の年末までに全て検査しなくてはならず、保管倉庫のスペース問題により、これまで12月末までの前半集荷、5月末までの後半集荷に分けていたのが、特に後半集荷の農家さん分に関しては、一度指定の検査場所に持っていき、検査終了後にまた農家さんの保管場所へ持って行くことになりました。
そんな訳で昨年度の取り組み時点で、後半集荷の生産農家が他へ流れてしまった経緯があります。

畜産農家が耕作農家さんと直接マッチングの場合は1年分の利用分を一気に保管しなければならず、保管施設をどうするのかが今後の緊急課題となっています。

昨年の米価もあって、今年は全国的にも作付けが倍増!ようですが、耕作放棄地が減って新規の作付面積が増えたのではなく、ただ単に食用米の分が飼料用米に流れただけのようですし、今年度も保管庫状況は変更ないので、たくさん飼料米を利用したいところですが、残念ながら現状維持となります。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

***********************************************************************

 ≪ 農場直売 新鮮たまごの販売 ≫
 採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1) Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪ 電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応いたします。 ≫
tel 048-582-1135 / fax 048-582-1847 / e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 ※日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
***********************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もまた飼料用米制度がかわったもんで。

2014-05-24 19:47:54 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



久しぶりに、しかも代表になって初めて1日机に座ってお勉強してきました。実は、二女の卒園式の日に愛用のメガネをどこかに置き忘れてしまって2ヶ月が経ち、一向に出てくる気配がありません。てな訳で、随分と前に購入した折りたたみ式をひっぱり出してましたが、何とも使いにくい...そろそろあきらめて購入します。

さて肝心の講義ですが、特にブロイラーに関する話題が多く、それでも同じ鶏ですから勉強になることがたくさんありました。
ただ、今回の講義で心に残ったのが、講義の内容には直接関係のない『2020年にはエネルギー供給源(穀類)が不足する』との記述、為替変動や異常気象で乱高下する穀物相場ですが、世界的にはまだまだ人口が増え続けていくわけで、当然そうなることが予測されます。

そんなことも想定しての、日本における飼料用米制度となるはずですが、とかくTPPに絡んで、何かと制度悪みたいに言われがちです。それでも農業そして畜産業の継続発展、循環型農業の推進にとっては重要な制度のはずです。

ただ、今年はまたまた大きく制度が変わり、飼料米農家さんにとっては収穫量があるほど助成金額が上がりますが、我々利用者側の負担は残念ながら増えてしまい、また、うんと安く飼料用米が購入できる訳ではありません。
それでもここまで続けてきましたから、せっかくの農家さんとの繋がりを簡単に切るつもりも全くありません。

ただカッコよく言えば、やらねばならぬ使命感かな。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

FOOD ACTION NIPPON に登録しました。

2014-03-23 07:47:11 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



平成21年度産から県北地域の3件の飼料米生産者と40tの飼料米の取引を始め、今年度の25年度産は19件で250tの収穫量があり、やっと微力ながら埼玉県内の農業に貢献しているなぁと思える取引量になってきました。

-これまでの当農場の飼料米取り組み-

日本の食料自給率向上の大枠で語るにはまだまだですが、日本の食料自給率の向上を目指して国産農産物の消費拡大の取り組む『FOOD ACTION NIPPON』に登録させていただきました。


食料自給率向上の前に、2月の雪害により埼玉県北農業が重大な岐路に立たされている状況ですので、まずは飼料米の利用を通じて埼玉県の農業持続発展に少しでも貢献できればと思っています。



-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ようやく飼料用米も収量ありきに...

2013-12-18 18:15:16 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



TPPやら減反政策の大幅見直しという国の方針大転換やらで、飼料用米制度も来年度は大きく変わるようです。

これまでが収量に関係なく飼料用米の生産奨励交付金として10aあたり8万円をしていましたが、来年からは収量に応じて最大で10万5千円、下回れば最低額で5万5千円になるようです。

いずれにせよ、減反そのものの制度が大きく変わる予定で、その分飼料用米などを手厚くして全国的に増産体制に仕向けるようですが、我々のところで考えると、さすがにこれ以上の新規での生産農家さんとの契約は難しいですし、今年度も飼料用米に取り組まれた農家さんが面積を増やすのもこれまた難しい...

何と言っても以前からもっとも重要な課題である保管庫が確保できなければ、取り組む農家が増えてもウチではどうにもなりません。それでもどうなるか分からなかった飼料用米制度が前進したことで、新たな倉庫の確保、または新たに建設するのか検討しなければならんでしょう。

もし、新たに建設できる場所、資金がなんとかなるのであれば、利用者側の家畜生産者にも何らかの優遇制度が欲しいところです。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

25年度産飼料用米の搬入が始まります。

2013-12-11 21:49:09 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



今年夏の異常猛暑はこんなところにも影響がでています。飼料米を備蓄するために借りている倉庫が本来ならばとっくに終了していなければならないのが、飼料摂取量の低下や酷暑対策飼料のためトウモロコシと比べてカロリー低い飼料米の使用を控えたためになかなか減らず、今月に入ってようやく倉庫内が綺麗になりました。

とは言っても昨年度の備蓄分24年度産が使い切った訳ではなく、止むなく運び出して農場の仮の空きスペースに移動させました。既に全ての飼料米生産者はフレコンバックに詰めて計量も済み、引き取りにくるのがいつかいつかと待っています。

昨日、今日と倉庫内を綺麗に清掃して、土曜日から25年度産の飼料米を搬入する予定です。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年ままだまだ残っています。

2013-10-02 21:36:03 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



あれよあれよの10月です。農場近くの田んぼでも稲刈りが始まりました。そろそろ飼料米集荷の準備をしなければなりません。

ただ今年は今までの年と違い、24年度産の飼料米がかなり残っています。今年の夏の猛暑だったせいもあり、トウモロコシよりもカロリーが低い籾米を使用するとかなりの油脂添加が必要で逆に飼料コストがあがってしまうので、つい最近まで予定量の半分の配合で製造していました。

ようやく飼料摂取量も増えてきてニワトリたちの夏の疲れも取れてきましたので、通常量に戻します。何とか今年中には使い切りたいところです。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農家の皆さん、今年も飼料米の生産宜しくお願いします!

2013-03-07 19:10:36 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



3月に入てからのここ数日は、一気に春に向けて暖かい陽気が続いていますが、毎年恒例の飼料用米も、そろそろ生産者の方々も準備に入る時期です。

25年度産の作付からは加工用米、新規需要米(飼料用米等)の出荷数量に関するルールの変更があり、人が食べる主食用の品種で生産する場合には、当初の契約数量を必ず出荷することになるようです。これは捨て作りや、飼料用米として作ったにも関わらず、食用米への横流しするなどの行為を防止するための対策です。

その他にもいくつか変更あり、詳しくはウェブで!と言いたいところですが、この件の情報がまだ見つけられないので、確認でき次第ご紹介します(たぶん)。

いずれにせよ、政権交代はありましたが、ただ単に8万円ありきの施策にならないように国も考えてくれているようですし、TPPのことがあれば、尚更です。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
記事に関するコメントは、Twitter、もしくはFacebookにてお受けいたします。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

平成24年度飼料用米の集荷。

2012-11-22 07:15:15 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



今年度に生産された飼料用米は、11月に入ってから当農場で借りている倉庫に順次搬入され、先週末までに前期集荷分の回収が完了しました。

今年度は飼料用米品種と、埼玉県産食用米『彩のかがやき』がおおよそ半々の作付となっていますが、今年の長引いた猛暑により、彩のかがやきが白く濁るという報道もあったせいか、肝心の収穫量も単収設定の550kg/10aに満たした方も多くいらっしゃいました。
その半面、タカナリなどの専用品種は、大半の生産者が設定基準超え、しかも飼料米取引後初の、10aあたり1トン超えの生産者もおひとりですがいらっしゃいました。

この国産飼料生産としての飼料用米政策は、いずれは面積当りで8万円もらえる政策は、政治が混とんしていますので、減額、またはなくなる可能性もあります。そのときに如何に手間暇かけず、楽して、しかも多くの収穫があることで、生産農家さんとして魅力のある作物となるはずです。

「いいや、規定量出荷して、食用米にしちゃえ。」と考えている方は、当農場で取引されてる中ではいないと思いますが、単収1トン達成をめいいっぱい宣伝することで、生産者にちょっとでも刺激を与えることができれば、「な~に、1トンにするなんて簡単だよ!」、なんて躍起になって頂ければ、埼玉県北地域の農業ももっと面白くなるかもしれません。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

24年度産の集荷が始まりました!

2012-10-30 22:03:37 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



2日間の休み明けの仕事量は凄まじく、何とか今日の作業を終えることができましたが、よくよく考えると休暇前に出来ることがあったので、もう少しタスクを確実にこなしていく必要がありますね、反省。

24年度産の収穫もほぼ終わったようで、乾燥機をかけて準備が整った生産者から順次集荷を始めております。

まだ集荷の序盤戦ですが、昨年は大体の生産者が見込収量よりも多かったですが、今年は暑さが長引いたせいもあり、収量の損減幅が若干開きそうです。

10月より飼料費も更に高騰していて、ナチュラファームでは早急に利用したいところですが、放射性物質検査により安全性が明確になり次第、使用開始したいと思います。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

平成24年度産 稲わら検査

2012-10-18 18:11:12 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



埼玉県でも順次24年度産のお米の収穫が行われていますが、牛の飼料や敷き料に利用される稲わらの放射性物質検査の結果が国の検査指示分として埼玉県より送付されました。

食用米は手元にありませんが、すでに検査は行われていて問題ないと思いますが、昨年も書いた通り、食用米の玄米の検査結果をもとに籾換算して問題なければ、飼料用米も利用可となります。

それもいかがなものかと思いますが、今年度も埼玉県も県産米の安心確保のために独自に検査してくださるとのことで、たいへんありがたいことですし、当農場でも今年度入荷分を実施して、こちらでご報告いたします。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵!

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年度2回目の飼料用米検討会

2012-09-22 23:33:20 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県大里郡寄居町のたまご屋さん、有限会社丸一養鶏場の一柳憲隆です。



今週末、今年度2回目となる飼料用米検討会が開催され、飼料米を作る農家、そしてその飼料米を飼料として給餌する畜産農家が集まりました。そろそろ稲穂も実りだして、一部では早くも稲刈りのところもあるようです。

このあとフレコンバックを農家さんにお届けし、刈り取ったあとの乾燥機にかけて水分を15%以下まで落とし、前期引取契約は12月、後期引取契約5月末までに集荷に伺います。

やはり今年は猛暑が続きましたので、昨年よりも、もしかしたら単収が少ない懸念があります。まぁ意図的な捨て作りでない限り、天候に左右されるのはいたし方ないことです。

また、昨年に引き続いて、飼料用籾米の放射性物質検査も、今年飼料米を栽培している8市町村から、各1検体を検査して頂けるそうです。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場敷地内にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵を販売中です。

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飼料用米と米粉用米

2012-04-01 11:40:28 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県寄居町の有限会社丸一養鶏場、"放し飼い卵 ecocco(エコッコ)"の一柳憲隆です。

明日月曜日から水曜日まで、とても遅い昨年の夏休みと正月休みをとらせていただきますので会社不在となります。電話は繋がりますので、御用の方は携帯までご連絡願います。



3月28日の日経新聞記事です。戸別所得補償制度により、飼料米と同様に米粉用米にも10アール当たり8万円の支給されることで、生産農家さんは飼料用米か米粉用米かを選択することができます。

当農場の飼料用米は、埼玉県北地域の生産農家と物流や籾米流通の条件など、お互いメリットが出せるところで契約させて頂いてます。

米粉の場合は、品質面でまだ不安定なところがあるようで、思ったほど需要が伸びず供給過剰となっていますが、飼料に関してもトウモロコシが高値安定で利用メリットはありますが、配合飼料のように欲しいときに必要なだけとはいかず、収穫が終わって集荷すれば全て自社保管しなければならず、供給量は増えればそれ相応のサイズの保管庫が必要となります。

ですので、利用意欲があっても保管する場所が確保できないと、簡単には利用量が増やせないのが残念なところです。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場敷地内にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵を販売中です。

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

未熟粒の飼料用籾米混入

2012-02-29 09:33:36 | 飼料用米
おはよりい!埼玉県寄居町の有限会社丸一養鶏場、"放し飼い卵 ecocco(エコッコ)"の一柳憲隆です。



23年度産の飼料米を順調に利用していますが、先週になってに気付いたことがありました。先週から使い始めたある農家さんのフレコンバックが他の農家さんのものよりパンパンに入っているのです。

そこで、500kgを測ることができる吊り下げ式計量器を大里農林振興センターさんにお借りして計量すると、両方とも500kgを表示します。





しかし、肝心の中身を見ると一目瞭然で、上の写真と比較して、下の写真の籾米には、ところどころに褐色化したものがあって、フレコンバックの内側には、静電気によって未熟粒が貼りついていました。
結論としては未熟粒が多く混入しているために製品比重が軽く、ガサが多くなってしまったようです。

栄養価も不十分で、鶏の餌としてはあまり良いものではなく、今後はこの農家さんのロットは他の農家さんと混合しながら使っていかざるをえません。
24年度産については、受け渡し時に確認できるような方法を検討しなければなりませんね。

但しこの農家さんでは、より良い飼料米栽培方法を、埼玉県と共同で栽培試験を実施しながら作付していますので、今回の結果によって、24年度の飼料米栽培に役立つことで収量が上がることが期待しています。


-アニマルウェルフェアの考えに基づき、にわとりの健康を通じて、人の健康へ貢献します。-

**********************************************************************************

 ≪農場直売 新鮮たまごの販売≫
 農場敷地内にて、採りたて新鮮たまごが24時間購入できる自動販売機を設置。
 放し飼いたまごecocco、見てビックリ!食べてニッコリ♪二黄卵を販売中です。

∴有限会社丸一養鶏場 Facebookページ∴   ∴放し飼いたまご ecocco Facebookページ∴
∴ナチュラおじさん(@nori_1)がつぶやく Twitter∴   ∴ナチュラおじさんの Facebook∴
≪電話・メールによるお問い合わせは下記のお時間にて対応させて頂きます。≫
tel 048-582-1135 // fax 048-582-1847 // e-mail tamago@maru1.com
平日9:00~16:00 土曜日祝日9:00~15:00 *日曜日はお休みとなります。
**********************************************************************************
Copyright:© 2009 Maruichi Poultry Farm All Rights Reserved.
文章・画像の著作権は丸一養鶏場に帰属します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする