Una bella macchina

2台のイタリアンGTの出来事。それからファミリーの面白日記も書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Tokyo Motor Show 2007(2)

2007年10月24日 22時50分20秒 | MASERATI 3200GT
 こうして、横並びに各メーカーを閲覧して、Maseratiブースを訪れると、地味ですな~。しかも展示車がシルバー・紺などの渋めのカラーなので、更に拍車をかける。しかしながら、ジックリと見るとやはりキラッと輝く一輪の華。そして、そこはかなく漂うconservativeな香り・・。う~ん、やはり身を捧げたモノとしては一番落ち着く空間であった。

で、今日は本当の日本正式デビューの日GranTurimo。

プレスカンファレンスによるとGranTurismoは既に世界で2,200台以上の受注があるそうだ。納車まで2年待ち。8Cと同じかいな・・?
GranTurismo云々については以前にも何度も書いているので割愛しますが、60年前の1947年にデビューしたA6GranTurismo、そしてその10年後の1957年にデビューした本格的なロードカー3500GTと連綿と続いたGTカーのDNAが今ここに受け継がれている・・。う~ん・・、流石愛するMaserati・・。

ところで、MaseratiS.p.aは現在生産台数年間7,000台にも達したそうで、長年赤字続きだったがここにきて初めて黒字転換したそうだ。それも新しいQPⅤのATの販売が好調の原因。特に日本市場は米国・イタリア本国に次いで3番目に大きいマーケットだそうだ。我々Tridenteフリークにとっては嬉しいことではあるが、その反面そんなに売れてどうするの・・・??何か美味しいものを誰かに捕られた気分になるのはRYUだけでしょうか・・・。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Tokyo Motor Show 2007 | トップ | Tokyo Motor Show 2007(番外... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だいぢ)
2007-10-26 11:51:42
マセラティが黒字になるのはいいのですが、某日本大手自動車メーカーさんみたいに、売り上げ重視になって、つまらない車をリリースするようになってしまうと残念ですねぇ。

毎年赤字になっていたのは、職人やデザイナーの拘りからくるものだと思っていますので、一般大衆にウケるような車造りを始めると「無難な車」になりがちな気がしないでもないです。

やはり乗り手を選ぶような車でいつまでもあって欲しいなぁ。

そうですね!! (RYU)
2007-10-26 12:39:28
だいぢさん、こんにちは。
そのとおり、仰るとおりですね~。
Maseratiは大衆受けする造れませんよね。
きっと!!
Unknown (acero)
2007-10-26 22:56:05
RYUさんこんばんは。
モーターショーお疲れ様でした!

うぅぅん・・・オネェさんが美しい!!

カメラ小僧になりました... (RYU)
2007-10-26 23:11:35
aceroさん、ご無沙汰しております。
相変わらずお忙しいようで何よりです。
8Cのイタリアーナ美女は背が高くてまるで
キリンのようでした・・。
絶好調ですね (marque)
2007-11-01 22:31:42
お久しぶりです。
Maserati調子いいですね。
4年も経過したQP Vですが、未だに街で遭遇すると目で追ってしまします。最高のデザイン、現代の芸術ですからね。。。
絶好調なのもうなずけます。

生産台数の半分はアメリカに行ってしまっているみたいですよ。
もっと絶好調になって欲しい。 (RYU)
2007-11-01 23:43:07
marqueさん、日本時間でこんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。
その後、お変わりは如何でしょうか??
日本を離れて早やいもので、直ぐ1年経ってしまいますね・・。Maseratiは今後GTとQPⅤの
2本立て体制でこのまま行くのでしょうかね・・。?
まだ、真打が登場するのでは・・、と期待しております。そうすれば、完璧です。

コメントを投稿

MASERATI 3200GT」カテゴリの最新記事