なつみかんの木々を見上げて

野草大好きなつみかんです。
植物園や身近な場所の植物を紹介します。

エンジュづくし~京都府立植物園2022/7中旬(3)

2022-08-06 05:32:24 | 植物

話はまた開園時間を間違えたところに戻ります。
しょんぼりと北門前を通り越して賀茂川に向かいかけたところです。
おや、この木はなんでしょう。


いつもこの手前で入園してしまうので、気づいていませんでした。
しかもよく見ると花が咲いています。


この木はシダレエンジュ。そしてちょうど花が満開でした!
マメ科エンジュ属。
5月初めに満開の花を投稿したハリエンジュも「エンジュ」と付きますが、こちらはハリエンジュ属。
エンジュとは似て非なる木です。
でも同じマメ科、白い花はマメ科の花そのものです。
遠目には白ですが、よく見ると旗弁に黄色い蜜標。ナツフジと同じですね。


ということで転んでもただでは起きないなつみかん、開園前にシダレエンジュをゲット!
この後は入園後です~
お察しの通り、今日は木特集。
もともと木が大好きなのですが、今の時期は花が多いのでついつい写真をパスすることも多々。
それでも何枚か木の写真があったのでどうぞご覧くださいませ。

賀茂川門から植物生態園へ向かう途中のモミジ園。
夏のイロハモミジも爽やかですね。


生態園のカツラ。カツラ好き。
   

ハートの葉も大好き。日差しの強さが出てしまっていますね。


ブナの木に毎年生えてくるキノコです。
何キノコ?

    
近くにヨウラクタマアジサイが咲いていました。
伊豆が原産のタマアジサイの変種。
普通の紫陽花より花期が遅く、ちょうど咲き始めが見られてラッキー。


蕾が丸い玉のようなので、タマアジサイ、最盛期に段咲きとなる花を瓔珞に見立ててヨウラクタマアジサイと・・・
で、瓔珞って何?なんでも菩薩が身に付けられる飾りのようです。
命名した人は、
想像力が豊かですね。
純白の花が妖しいほど綺麗です。


少しだけほころびかけた丸い蕾。


背の高いオニユリがガンガン咲いていた横には、ハマボウが咲いていました。
西日本の海岸に咲く、アオイ科フヨウ属の花。
浜は分かりますが、ボウが分からない。漢字では朴と書くそうです。


植物生態園といえば、皆さんも耳タコになるくらいなつみかんが行き倒して投稿し倒している場所。
それなのに、今回初見の花を発見!
それはこちらです。


最初見たとき、ギンバイカの咲き終わり?と思いましたが、樹名板には「アデク」の文字。
え~アデクってなんやねん!?
フトモモ科フトモモ属で、九州南部から屋久島、奄美、琉球列島に自生するそうです。
なるほど~、名前も雰囲気も南方っぽいのはそういうわけでしたね。
ギンバイカに似ているのも当然、ギンバイカもフトモモ科でした。

ちょうど満開。ギンバイカよりは花が控えめですね。


沢山歩いたのでお腹が減りました。
混む前に、森のカフェでお食事にしましょう。
まゆまろくんの向こうのテラス席がねらい目。
おや、手前にどこかで見たような花が・・・


光が当たりすぎですが、これってどこかで見たようなお花。
なんと樹名板には「エンジュ」と。
これこそ、ザ・エンジュ(マメ科エンジュ属)。
中国原産ですが、日本には8世紀に渡来していたので、もう日本の木みたいなものですね。


ということでシダレエンジュ、エンジュともに見ることができ、今日も大満足でした!
でもこれで園内終わりではありません。
京都府立植物園をなめてはいけませんよ~
まだまだ行ってない場所が沢山あります。もう2回だけお付き合いくださいませ。


(このテーブルでエビチャーハンをいただきました。)

【撮影:2022/7/17  京都府立植物園】


コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 生態園の花、大放出!~京都... | トップ | ザ・夏の花!四季彩の丘にワ... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (shu)
2022-08-06 06:05:06
エンジュはアブリルさんのブログで拝見したばかりなので、覚えていました。
お花はいかにもマメ科らしい顔をしていますね。
転んでもただでは起きないのは、京女の強みでしょうか?

カツラも最近白山で観ました。カツラは大木になりますね。私の郷里の兼六園にも大木があります。
ヨウラクタマアジサイ、初めて名前を聞きました。外側の白いのは萼ですか? 花に見えてしまいますね。
ハマボウは名前しか知りません。西日本に咲く花なのですね。
アデクは、なつみかんさんも初見なのですね。これも南の植物。私は勿論知りません。蘂が長いですね。

まゆまろくん、こちらは転んだら一人で起き上がれそうにないですね。
府立植物園、もう一度訪ねようと思います。
おはようございます^^ (attsu1)
2022-08-06 07:33:29
アデク、
また不思議な名前、なつみかんさんなら、数百回???^^;
行かれたいる京都府立植物園で、見たことない花があるとは、さすが、京都府立植物園ですね

ヨウラクタマアジサイ、
タマアジサイは、ホームグラウンドでも見るんですが、また不思議なタマアジサイ、
こちらも、京都府立植物園なのを感じます。

そして、シダレエンジュ、
何という偶然と言うか、何度も通っている道、
そこで、白い花がたくさん咲いている木を見たんです。
なんだろうって、思っていたところに今日の記事、
私も、気がついていなかった木があることを知った昨日でした。
エンジュ (fukurou)
2022-08-06 08:08:59
なつみかん様
おはようございます。
エンジュ特集堪能しました。
シダレエンジュは大阪の自然史博物館の植物園にもあったので知っています。
ハリエンジュは嫌われものですが、冬の観察会の定番メニューで棘と陰芽でコウモリの顔を連想してもらっていました。
そうそう、自然史博物館の名札で、ハリナシハリエンジュと言う名前を見たとき笑ってしまいました。
有るのか無いのかどっちやねん!
と突っ込んでしまいました。
カツラ好きです!
と書くとアデランス好きみたいに思われそうですが、カツラの木が大好きです。
開田高原にもたくさんあります。
秋の香る頃もいいのですが、芽吹きの頃、赤い色のハート形が大好きです。
こんにちは (さざんか)
2022-08-06 11:50:28
ハリエンジュは良い香りがしますが、シダレエンジュはどうですか?
タマアジサイ、勿論見たことはありますが、段になって咲くのですか?
瓔珞は仏教で本堂にぶら下がっているキラキラの飾りですが、なるほど段になっていますね」古いお雛様の被り物にもぶら下がっていますね。
アデク、変な名前!ギンバイカより地味ですね。
最後のお花はシダレエンジュと見分けがつきません。
色々見せて頂いて良かったです。
木は難しい (なつみかん)
2022-08-06 20:21:47
shuさん、こんばんは。
シダレエンジュは冬の荒ぶる枝ぶりが印象的過ぎて、花が咲くのをすっかり忘れていました。
今回も、たまたま植物園が開いていなかったので見ることができて、ラッキーです。
エンジュにいたっては、木自体あることを知りませんでした。
まゆまろの写真を撮ろうとカメラを向けたら、何やらマメ科っぽい花・・・
あれ?ここにもシダレエンジュ?と最初は思いましたが、樹名板に「エンジュ」とあり、これが!と感動。
初見でした。
同じエンジュと付いていても、藤のようにぶら下がるハリエンジュとは全然違いますね。

カツラは兼六園にも大きな木があるのですね。
水分が多い場所を好むので、たまに街路樹などになっていると可哀そうだな~って思います。
(トチノキもですが)

転んでもただでは起きないのがなつみかん流です。
暑くて遠出はできていませんが、地道な投稿、今後ともよかったらご覧くださいませ~
ハリナシハリエンジュ!? (なつみかん)
2022-08-06 20:28:54
fukurouさん、こんばんは。
エンジュとハリエンジュは同じマメ科で名前は似ていますが、全然違うのですね。
なんとなく同じような木なのかと思っていましたが、花が全く違いました。
槐という字も難しすぎですね。

ハリエンジュの方が馴染みがありますが、ハリナシハリエンジュというのがあるのですね(笑)
そういえば、ひそかに悩んでいたのが前に投稿したハリエンジュ、少なくとも手の届く場所には針(棘)がありません。
ながく育っているうちに特に針を付ける必要もなくなって消えたのかな~とか思っていました。
ハリナシハリエンジュかも!!
(それって、普通にエンジュでいいと思いますが、別の植物だから紛らわしいのですね)

カツラ好きなのは私も同じです。
そろそろ頭頂部が薄毛になってきたのでお世話になるかも・・・
ってちゃうわ(笑)
カツラのカラメルのような香りがとても好きで、落ち葉を沢山拾ってポリ袋に入れ持ち帰ったことがあります。
少しの間は甘い香りがします。
順番後になってごめんなさい! (なつみかん)
2022-08-06 20:32:57
attsu1さん、こんばんは。
あれ~、お返事の順番がfukurouさんと後先になってしまいました。
すみませんm_ _m

アデクって名前が不思議ですよね。
日本の名前っぽくないのですが、沖縄など南西諸島に分布すると聞いて、なるほどと思いました。
フトモモ科というのも、南の島っぽいです。

今日行ったところでもタマアジサイはまだ蕾でした。
ヨウラクタマアジサイは特に豪華な感じがします。
ただ、花が端の方からすぐに傷んでくるのが残念です・・

シダレエンジュは気づかず下を通っておられたのですね。
確かにそんな木はまだまだありそうです。
木は奥が深すぎです・・・
あまり香りは・・・ (なつみかん)
2022-08-06 20:36:59
さざんかさん、こんばんは。
ハリエンジュはとても甘い香りがしますが、エンジュやシダレエンジュは印象にありません。
近づいて写真を撮った時も気づきませんでした。
やはり違う種類ですね。

ヨウラクタマアジサイは段になって咲くと説明にありましたが、何を段に見立てているのかよく分かりませんでした。
普通のタマアジサイに比べて、装飾花が豪華な感じはします。
それで瓔珞にみたてたのかなと思っていました。
アデクは変わった名前ですよね。
花は最盛期ではなかったのかもしれません。
果物として食べられるピタンガなども、フトモモ科で同じように蕊蕊しい白い花が咲きますね。
アデクには実はならないのでしょうかね~
機会があったら見てみたいですが、この木の場所を花がないときに見つける自信がありません(笑)

コメントを投稿