なつみかんの木々を見上げて

野草大好きなつみかんです。
植物園や身近な場所の植物を紹介します。

アイイロニワゼキショウとニワゼキショウの仲間たち~京都府立植物園2022/6上旬(4)

2022-06-23 05:30:43 | 植物

本当は6月上旬の花は昨日全部出してしまうつもりでしたが記事が長くなりすぎました。
今日は続きです。
それにしてもタイトルが長すぎたかも・・・

最初はオオバウマノスズクサ(ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属)です。
前に「ジャコウアゲハの幼虫がいるよ」と教えていただき、もしかしてと見に行きました。
結果は・・・残念!6月のはじめだったのですが、もう幼虫は羽化したか、鳥の餌になっていました。
場所柄、鳥の餌の可能性の方が高いかもしれませんね。


その鳥ですが、木々の葉がどんどん繁ってきて、声はすれども姿が見えず・・・
唯一出てきてくれたのが、相変わらず可愛いヤマガラちゃんです。


慌ててカメラを向けましたが、全然こちらを向いてくれません。
ようやく向いてくれた一瞬に撮ったのがこちら。
ピンボケですが、久しぶりで嬉し~


生き物の姿はあまり見ませんでした。
こちらはカナヘビですか?


もう終わりかけのキク科たち。
ハンカイソウ(キク科メタカラソウ属)の名残花。


そしてミヤマヨメナ(キク科シオン属)の名残花です。


花が少ない時は、一輪も逃しません(笑)
他にも少し咲いていた花がありましたが、中旬にも咲いていたのでそちらの特集に合流させます。

昨日と同様、「で、アイイロニワゼキショウって!?」と叱られそうなのでそろそろ・・・
こちらがアイイロニワゼキショウ(アヤメ科ニワゼキショウ属)です。


皆さんお馴染み、ニワゼキショウと同様、北米原産の帰化植物。

花弁の先がくぼんで、そこから1本ひげが生えています。
花の色は濃い藍色であることから、この名が付きました。
植物生態園にも以前ありましたが、上の花は針葉樹ゾーンの下で見つけました。

せっかくなので、ニワゼキショウの種類をどうぞ。
普通のニワゼキショウにも、濃いめの赤紫色と


白っぽい薄紫の花があります。


これらはどちらもよく見かけ、色が混在して生えていることも多々あります。
芝生や堤防など、日当たりのいい場所が好きみたいですね。
で、こちらの花はというと・・・


上の白っぽいニワゼキショウの縮尺違いのように見えますが、実際の花のサイズが小さいです。
こちらはオオニワゼキショウ。
なぜ「オオ」なのに花が小さい?
実は草丈自体はニワゼキショウより大きく、30cmくらいになることもあるそうです。
頭が小さくて、背が高いのはスタイルがいいのでしょうけど、花の場合は頭が大きい方がいいかも。

ニワゼキショウの仲間の中で一番好きなのがこちらのセッカニワゼキショウ(雪花庭石菖)。
同じく北米原産の帰化植物ですが、今のところ、宇治市植物公園でしか見たことがありません。
オオニワゼキショウとは逆に背が3~10センチととても低いです。


いかがでしたでしょうか?
このニワゼキショウ、やけに花が小さいなと思ったら、それはオオニワゼキショウかもしれません。
色の違いも面白いです。
どこにでも見られる花なので、どうぞ観察してくださいね!

明日は菖蒲園のショウブをお届けしたいと思います。
こちらの菖蒲園を真面目に見たのは初めてですが、なかなか綺麗でしたよ。

【撮影:2022/6 上旬 京都府立植物園】


コメント (16)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ホタルブクロとヤマホタルブ... | トップ | 花しょうぶ、花盛り~京都府... »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (shu)
2022-06-23 05:54:30
アイイロニワゼキショウは、「帰化&外来植物見分け方マニュアル」には、ルリニワゼキショウの名前で出ていました。
見分け方は、花びらの先端が「長く尖る」、茎に「幅広い翼がある」のでわかりやすいそうです。
もちろん、花色が違うので気づきますよね。

ニワゼキショウは、季節になると一斉に咲き出し、たまにテニスでお邪魔する広場を花いっぱいにしてくれます。
その前にシロツメクサが咲いているのですが、この小さなお花が、負けないくらいに存在感を示すのです。
紫色~白色(純粋な白ではないですが・・)のニワゼキショウが咲き乱れますが、藍色(瑠璃色)は観たことがありません。
今度(といっても来年ですが)、観察してみたいと思います。

それから、「帰化&外来植物見分け方マニュアル」には、この他にオオニワゼキショウ、アキマルニワゼキショウ、キバナノニワゼキショウも載っていました。
黄花も是非観てみたいですね。
Unknown (しいちゃん)
2022-06-23 06:32:07
え〜!!ハイカイソウ(@_@;)

なつみかんさん、おはようございます。
なんて名前なの?
ってびっくりドッキリしました。
もう一回読み直して、なんだハンカイソウ。
何でこんな名前が付いてるの?
お花が半開でも無さそうやし。
せっかくセキショウ色々載せてはるのに、カタカナは脳が受け付けなくて脳だけ(イヤ全部かも)徘徊してしまいました。
冗談はさておき、ニワセキショウも色々あるのですね。
アイイロセキショウ始めてみますが綺麗な色ですね。
オオゼキショウも、多分気づいていないと思います。
全部ひっくるめてニワゼキショウで見過ごしてるかも。
確かにお花少しずつ減ってきましたね。
それでも、なつみかんさんは話題豊富❢
おはようございます^^ (attsu1)
2022-06-23 06:38:56
しいちゃんと同じですが、

ハンカイソウ、
メタカラソウ属)の名残花???
ハンカイというと、家屋半壊とかをイメージしますが、
樊噲草、これは、読めない^^;
そして見たことない花、さすが、京都府立植物園ですね(@_@)

ニワゼキショウ、
私も幾つか見ますが、この真っ白なのは、
近所で、見たことないです
見てみたいですねぇ~
逆に、ホームグラウンドで、ルリニワゼキショウは、見るんです。
薄い瑠璃色が綺麗ですよ^^
アイイロニワゼキショウ (fukurou)
2022-06-23 07:58:21
なつみかん様
おはようございます。
アイイロニワゼキショウ、初めてです。
いい色していますね。
花被片の先端に特徴あり!
覚えましたよ。
ニワゼキショウはこの季節の定番の観察会ネタでした。
植物を細かく観ることの大切さを離すときによく使いました。
次はその一例です。

ニワゼキショウの花は
花弁と萼片の区別がつきません。
それで花被片と呼びます。
紫色の筋が5本のものと3本のものが
交互に並んでいます。
5本の方を外花被片
3本の方を内花被片と言います。
外花被片の方が
ほんの少し幅が広く
よく見ると区別がつきます。

これだけ説明すると、どの花もそうなっている!
と感嘆の声が上がります。
どこかで使ってみてください!(笑)
生態園は ワクワク ワンダーランド (カワセミ)
2022-06-23 08:46:44
おはようございます。
私も 先週は 13日と16日と 2度も 植物園を 楽しんできました (^^♪
真っ白 ふわふわ~ の 「メラレウカ」 は 目を引きましたね!
今回の 私の第一目的は 思い出の ササユリと キヌガサタケ でしたが
他にも いろいろ 新鮮な発見がありました。
生態園は いつでも「宝探し」のような場所 ですね。
初日 つぼみだった クロバナヒキオコシが 3日後には 咲いていて ちょっと感激したり! とか ~
これから なつみかんさんの 中旬の記事も 楽しみ です。

これまで いつでも どこでも
「声はすれども 姿は見えず」だった ウグイス
今回 初めて しょうぶ園近くの 生態園の中で
はっきり 姿を見ることができて 大感激‼ 
数分間も「ウグイス ショータイム」を 楽しませてくれて
ボケボケの 証拠写真を 撮らせてもらいました。

さらに ベンチで ひと休みしていたら
カラスの一家 親子3羽が 近寄ってきて ひとしきり 子連れの家族の 仲睦まじい姿に ほのぼの させてもらいました。
今日は これから 「ヒマワリの種」を持って
大吉山に 行って来よう と 思っています。
また ヤマガラが 食べてくれるかな ~♬
ニワゼキショウ (さざんか)
2022-06-23 12:42:35
なつみかんさん、こんにちは。
ニワゼキショウは昨日の投稿に載せようかと思ったのですが、やめました。
こんなに種類があるのですね。
アイイロニワゼキショウ、綺麗ですね。
花弁の先で覚えられそうですが、見る機会は無いような…。
薄紫と白はよく見ます。
オオニワゼキショウというのもあるのですね。
fukurouさんの説明で、花の特徴がよく分かりました。
お二人に感謝です。
根性の据わった女性 (ninbu)
2022-06-23 18:19:56
なつみかんさん、こんにちは。
今日のブログはいきなり怖い話から始まりましたね。
かわいそうな幼虫の話題をさりげなく切り出すとは。
ジャコウアゲハの幼虫が、鳥の餌になった話です。

さらに追い打ちをかけるのが、カナヘビちゃんの写真。
私に限らずヘビが苦手な人は多いと思います。
そのヘビをさりげなく写真に撮り、ブログに上げるとは。
なかなか根性の据わった女性だと再認識しました。(^.^)

前触れが長くなりましたが、今日の一番はタイトル通り、
アイイロニワゼキショウですね。
普通のニワゼキショウしか写真に撮った経験しかありません。
こんなにも種類があるとは知りませんでした。
なつみかんさん曰く、どこにでも見られる花なのですね。
でも、どこに行けば出会えるのかもわかりません。
教えて!goo(笑)
へこんで尖る (なつみかん)
2022-06-23 22:18:05
shuさん、こんばんは。
アイイロニワゼキショウの別名はルリニワゼキショウなのですね。
こちらの方がちょっと雰囲気がいいかも・・・
花の先が尖るとのことですが、凹んだ中央から髭のようにとがっているというのが正解です。
他のニワゼキショウはこの特徴がないようですね。

ニワゼキショウの群生の描写、去年近所の中学校のグラウンドの隅で咲いていたニワゼキショウを思い出しました。
そういう日当たりが良くて、水はけが良さそうな場所が好きなのでしょうか。
私が見たのは白っぽい花が多かったのですが、白と紫が混ざって咲いていることも多いですね!
堤防などにもあり、結構場所を選ばない花のようです。
徘徊してました (なつみかん)
2022-06-23 22:23:36
しいちゃん、こんばんは。
京都府立植物園の植物生態園に行くと、文字通り徘徊してます(笑)
結構入り組んだ園路がありますが、それをクルクル何周も。
よく徘徊する人のために老人ホームに周回廊下を作りますが、植物生態園でも何周も回れます。
そして何周回っても飽きません!

・・・ってなんの話や^^;
ハンカイソウはメタカラコウの仲間とのことですが、それより背が高く花も大きいです。
以前六甲高山植物園で沢山咲いているのを見たことがありますが、写真には上手く撮れません・・・

ニワゼキショウは私もこれまでひっくるめて「ニワゼキショウ」で片付けていました。
今日ご紹介したアイイロニワゼキショウは、去年行った時は植物生態園でしか見ませんでした。
(ちゃんと花名板があるのですよ)
それが今年は針葉樹林の下に普通に咲いていました。
逃げ出したんでしょうかね~
よく見るととても可愛い花ですね!
難しすぎです~ (なつみかん)
2022-06-23 22:27:47
attsu1さん、こんばんは。
ハンカイソウは水辺に咲くイメージがあり、カイは海かと思っていたら大違いでした。
樊噲草って、1000%読めません!!
気になって由来を調べてみたら、ネットに
「この壮大な草の姿を、三国志劉邦の護衛役を務めた豪傑「樊會(はんかい)」に見立てたことが名前の由来です。」という記載がありました。
人の名前だったんですね~
ハキダメギクみたいな名前もどうかと思いますが、劉邦の護衛役の名前って・・・^^;

真っ白のニワゼキショウといえば、セッカニワゼキショウですね!
こちらは宇治市植物公園の一角で咲いていましたが、生息範囲が年々増えている気がします。
芝生が好きみたいですね。
なかなか珍しいと思いますよ~

コメントを投稿