なつみかんの木々を見上げて

野草大好きなつみかんです。
植物園や身近な場所の植物を紹介します。

ガーデンミュージアムに行ってきました♪ <夕暮れ~夜景編>

2017-08-30 06:20:03 | 日記
先週末、涼を求めて比叡山山頂のガーデンミュージアム比叡に行ってきました。
ときどき、みん花の投稿でも見かけることがあり、漠然と「園芸植物の植えられた綺麗な植物園」という印象があったのですが、なかなかどうして!
行ってみたら野草好きの私でもすご~く楽しめる、素敵なところでした。

特に、この夏の時期は、週末を中心に20:45まで開園しており、園内各所のイルミネーションや、山頂から見る大津や京都市内の夜景を見に、夕方から大勢の家族連れ、カップルが集まってきていました。

私も星好きの夫(通称、星夫)と一緒に昼ごろから出かけ、延暦寺に参拝した後、16時ころに園内に入りました。
(延暦寺の様子や、明るい時間帯の花の様子はまた別の機会にブログにしますね)

一通り花を見た後、京都に下りるロープウェイ側の出口を見つけたのでいったん外に出てみると、眼下にきれいな京都市内の光景がみられました。ちょうど太陽の方向だったので、「ここだったら、夕焼けがみられるかもね」と、しばらくそこで粘ることにしました。
(余談ですが、京都に住んでいながら、京都側からロープウェイを使って山頂に登れるとは知りませんでした。最終が21時なので、十分徒歩でも夜景を見にいけるんですね!)

以下、夕暮れの光景です。

17:50頃


18:30頃


18:40頃


18:55頃。京都市内の灯りが見えてきています。


夕暮れの燃える赤。

暗くなったので園内に戻り、琵琶湖側を見ると、美しい夜景を見ることができました。
コンデジ、手持ちなので、一枚だけ。浜大津港とミシガンの出航がみられました。


さて、園内は随所でイルミネーションがみられました。


特に、LEDではなく、蝋燭の灯りがロマンチックで素敵^^
でもひとつずつ、職員の方が手で火をつけていくのがすごく大変そうでした^^;;


一番気に入ったのが、これ。

プラタナスのイルミ。


やっぱり最後は見上げる写真になってしまいました~(笑)







コメント (10)

日光を見ずして・・・(第4回)

2017-08-14 21:10:50 | 日記
素敵なお宿でゆっくり休めたので、2日目は気分も爽快にいよいよ戦場ヶ原に出陣です!
朝食は8時からなので、久しぶりにお寝坊。もう一回露天風呂に入ろうかな~と思って外を見ると・・・
がーーーーーーん
なんと外は土砂降りの雨。
足取りも重く食堂に向かうと、同じく一人旅の女性が「すごい雨ですね。音がうるさくて目が覚めました」と声をかけてこられました。
え、私はぜんぜん気付かなかった・・・

美味しい朝食をいただきながらも今日の天気が気がかりでなりません。スマホで雨雲レーダーを見てみると、少なくとも3時間は雨雲に覆われているようです。
出発は9時。チェックアウトをしていると、ご主人が「午後からは雨ではなくて曇りの予報だよ」って教えてくださいました。それに、前の日に戦場ヶ原に行くと言っていたので、ガイドマップが東武日光駅にあること、バス乗り場など色々アドバイス。
でもデイパックも持たず小さいバッグひとつで、雨合羽もない私の格好を見て、「え、それだけ?」と。「あ、私リュック苦手なんです。肩こり症なので。やっぱり合羽要りますかね~」と言うと絶句されました。足元だけは、しっかりしたトレッキングシューズだったのですが・・・^^;;

どうしても無理だったら華厳の滝に行き先を変えることにして、とりあえずバスに乗ることにしました。
ご主人のセリフが気になったので、お土産やさんで500円のポケットレインコートを購入。
こんな天気でもバスは満員でしたが、なんとか席を確保。路線バスなので補助席もなく、なんと立っている人までいました。
途中、カーブの連続で有名ないろは坂を通ります。
乗り物酔いをする人は気をつけたほうが良いと聞いていましたが、なんなくクリア。

およそ1時間程度バスに揺られてようやく目的の赤沼で下車。自然情報センターに立ち寄って情報を仕入れました。
途中にトイレがないと聞いていたので、しっかりここで用をたし、飲み物を調達・・・と思ったら、なんと飲み物が売っていませんでした。
行かれる方はバスに乗る前に十分買っていかれることをお勧めします。

さて、いよいよ出発です!気温は22℃くらい。雨がしとしと降っているので、早速買ったレインコートが役に立ちました。



最初は右側に小川、左に林を見ながら進みます。歩き始めてすぐにホザキシモツケが現れ、テンション


いらっしゃい^▽^ って言ってくれてるみたいです。

小川沿いにも色々な花が・・・

ヤマオダマキ


サワギク


キツリフネ

雨が降っているからか、歩いている人とは時々すれ違うくらい。
時々、夏休みの遠足(?)の小学生の集団に出会いました。

とにかくホザキシモツケが素敵すぎて・・・見るたびに写真を撮るのですが、全部貼り付けていたらブログが巻物になっちゃう。
なので少しだけ・・・




ホザキシモツケの次に沢山咲いていたのがこの穂状の花。なんだろう??と思っていたら、途中すれ違った方に「イブキトラノオですよ」と教えていただきました。なんと!あの伊吹山の植物がこんなに沢山日光に生息していたとは!



さらにカラマツソウ!


トモエソウも!雨に濡れて巴が分かりにくいですが、晴れていたらきっと綺麗でしょうね。


一人でわー、きゃー言っているうちに、雨も上がってきました。
そして林の中の道を抜けると、いよいよ男体山が見渡せる戦場ヶ原です。
長くなったので、湿原の植物は第5回にしますね。できたら次回を最終回にしたいのですが・・・^^;














コメント (25)

日光を見ずして・・・(第3回)

2017-08-11 21:17:41 | 日記
すっかり間が空いてしまい、前にどこまで書いたか忘れてしまいました^^;
そうそう、日光東照宮の奥宮から下りてきたところですね。

次に行ったのが国宝唐門から御本社へ。

白い胡粉が特徴的な唐門、こちらも修復工事が終わり、素晴らしい姿を取り戻していました。


破風の中国風の彫刻は、古代中国の伝説上の皇帝に謁見する様子が示されているそうです。
それにしてもなぜ本社の門が中国風なのでしょうか・・・


門の奥に御本社がありますが、正面の唐門は閉じられており、横のほうから靴を脱いで拝殿に入ります。
(撮影禁止なので写真はありません。)
御本社に入るのは入替制になっており、ちょっと待って中に入りました。
足が悪いので姿勢をたもつのに必死で、色々説明をしてくださったはずなのにあまり覚えていません><。とにかく混んでいました。
平成の大修理は平成31年まで続くそうで、御本社も工事中のようでした。

御本社を出てから朱印帳を受け取りました。ますます列が伸びており、「今お預かりしたら1時間くらいかかります」と言われ、あきらめる人の姿もありました。


日光東照宮の御朱印。二荒山神社で購入した杉の朱印帳に書いていただきました。

もう一度陽明門をくぐり、本地堂(薬師堂)へ。こちらは薬師堂という名前のとおり、ご本尊の薬師如来とお守りする十二神将像がおられ、日光東照宮の中で唯一の寺院だそうです。
こちらでは「鳴竜」で有名な天井画を見ることができます(ここも入れ替え制)。説明してくださるお坊さんの語りが巧みで、竜の口の下とそのほかの場所で拍子木を鳴らして、「竜の口の下で鳴らしたときに竜が鳴く」様子を実演してくださいました。
ちなみに、自分で手を鳴らすのは禁止されています。

それにしても疲れていたのでしょうね。本地堂の写真は一枚もなし(笑)
かわりに陽明門の上の天井画(というのでしょうか)の写真をどうぞ。


これでほぼ参拝は完了。あとは宿のチェックインまで少し時間があったので、日光駅までぶらぶら歩いて行こうと思ったのですが、空がにわかに掻き曇り、雷鳴が・・・あわててタクシーで駅まで戻りました。

ということで早めにチェックイン。
お宿は自然の林に囲まれた小さなペンション。雨も上がったので、周りをお散歩。
そこで出会った花々をご紹介します。


なんだこれ!いきなりあまり見たことのないつる植物が一面に・・後で調べたら、イケマでした。


コマツナギ


リョウブの花


ボタンヅル


ダイコンソウ


チダケサシ? 円錐状の全体像はピンボケで載せられませんでした。


キツリフネ

宿で食べきれないほどのお食事をいただき、お部屋の露天風呂に入って、心地よく疲れを癒し早めにバタンギューでした^^
食べるのに夢中で、お料理の写真がないのが残念!

さて、やっと一日目が終わりました。二日目はいよいよ本命の戦場ヶ原です。
お盆休みに入ったので、なるべく時間をかけずにアップしたいと思います。
今日もお付き合いくださってありがとうございました!


































コメント (16)

三室戸のハス(アーカイブ)

2017-07-15 13:18:12 | 日記
こんにちは!

三室戸寺のハス、今年は時間がなくて行けなかったので、2年前の7月に「蓮酒」のイベントに参加したときのお写真を紹介します。(ちなみに今年は14日にあったようです)



参道の石段を登ると本堂があります。
本堂の前には沢山の蓮鉢が所狭しと並んでおり、圧巻でした。


早めに行ってささっといただいて帰ろうと思っていたら、すでに会場には長蛇の列!
ようやく順番が巡って、緋毛氈を敷いた床机に案内されました。



大きな蓮の葉の茎を口にくわえるように言われ、その通りにすると、お皿のようになった葉に「どぼどぼどぼ」と日本酒が注がれます。
ちょ、ちょっと!多すぎでしょ!朝っぱらから!

で、吸い込んでください、と言われるままに吸いましたが、相当強く吸わないと出てこない!
顔を真っ赤にして吸い込んでようやく飲み終わった頃には、お酒で赤くなったのか、吸いすぎて赤くなったのか分からなくなっていました。

※下は、イメージ図です。



ふらふらしながら、後は境内の蓮を愛でて帰りました。











コメント (22)

しばらくこちらは留守にします

2017-06-24 22:35:29 | 日記
みん花からきてくださった皆さん、ありがとうございます!

かなり手間取りましたが無事写真を移動することができたようです。
これで写真や、これまでのコメントのやり取りも残すことができてホッとしました。

8月まではみん花での投稿を続けるつもりですので、こちらの方はその間は留守にします。

すみませんが、コメントやご連絡等は、みん花の方にお願いしますね~^^
未だにコメントの要領がよくないので、気付くのもお返しするのも、すごく遅くなると思います。

それでは、9月にお目にかかりましょう!
コメント (13)