プライマリー隔日記

日記と言えば、小学校の夏休みの宿題でしか付けた記憶が・・・;
きばらずきままに綴っていこうと思います。

お迎えにはまだ少し早い

2015-11-20 21:26:00 | ドン 備忘録

ガーデニングオブジェを探しているとき、予定外の品でしたが思わず買ってしまった品。



これが届いた18日はドンさん、生死を彷徨っていました。



(今朝の様子)


16日の夜中2時頃に最初の嘔吐。5時過ぎに嘔吐が止まらず、
その日の朝、獣医の開院と同時に診察、血液検査と抗生物質の注射。
血液検査の数値や症状から見た限りでは中毒・もしくは感染の疑い。
全く動かず、動くときは吐くときのみ、しかも一日十回以上の嘔吐。
腹から後ろ足の先の震えが止まらず、みるみるうちに衰弱、
点滴・絶食絶飲・吐き気止めを繰り返しようやく今日の昼頃から安心出来る様子となり。
今回ばかりはお骨は何処で焼いて頂こう…ととんでもない事まで頭を過ぎり覚悟していました。


思い当たる節は日曜日にフロントラインを垂らしたこと
(もともとフロントラインもあまり体に合っていない様だが、
しかし滴下するような投薬はしていないので舐めたとは考え難い)
もうひとつは先月の半ば頃から使用を始めた直接皮膚に塗るスキンローション。
今回の騒ぎまで知らなかったのですが、天然成分であるはずのティーツリーは
ASPCA Animal Poison Control Center」(中毒管理センター)に
ティーツリーオイルが関わる犬猫の中毒事故がかなりの数で報告されているとの事。

別メーカーのドライシャンプーにもティーツリーが含まれているものの、
これは少量の為これまで症状が出なかったのかも知れません。

抵抗力が無く免疫力の低下を甲状腺ホルモン投薬で調整・皮膚疾患アリ・
痒さのあまり皮膚を歯でガシガシ囓ったり舐めたりする個体には
直接肌にたっぷり擦り込むタイプのローションは合わなかったのかも知れません。

対処療法のみで追加検査をする前に回復の傾向が見られたので、今となっては原因を特定出来ませんが。





2匹のツーショットを撮ることが出来、安堵しています。

今頃、動かないちびワン1匹しか居なかったか知れないと思うと…
飼い主の無知で一生後悔しているところでした。。



記録として残しておきたく検査結果や状況もきちんと書きたいのですが、
まとめる時間が今無いので、改めてまた書きます。


(新聞やタオル等は嘔吐対応のもので。。お見苦しい画像お許しくたさいませ^^;)







十年前と今

2015-11-16 22:27:41 | ドン


昔よく来ていた河原の傍まで車で出向いたので降りてみました。







一歳の頃の画像

この頃は河原までの往復と3kmと河川敷を自転車で全力疾走して7㎞。週に3日走りに来ていました。


犬も人間もしっかり筋肉がついていました(笑)






今は近所のお散歩が精一杯。のんびりゆっくり歩いています。

気がつけば十年はあっという間。年を取りました。









お昼間は・・・

2015-11-06 20:50:17 | ドン


執務中は邪魔せずずっとこの通り。

晩になってリビングのソファーに座ると、遊べ攻撃が始まります(笑)

空気の読める犬というべきか、よく分かっていると言うべきか^^;