プライマリー隔日記

日記と言えば、小学校の夏休みの宿題でしか付けた記憶が・・・;
きばらずきままに綴っていこうと思います。

ドンのフード事情

2018-10-08 20:07:15 | ドン
先月9月12日。
体調を崩した時に病院からサンプルのフードを3種頂きました。

なぜらば、食欲は相変わらずガッツリ→ 健康児のてんてん以上に食欲旺盛なのですが
(全く食べ物を受けつけず即病院の時以外は…ね^^;)

何故か、その時に体重を測って頂くと2kg近く落ちていました。
(最近のドンの体重は大体11kg少し。 それが9kg台まで)


…と言うことで、食べていても上手く消化が出来ていないのでは?という説も 出て来たので、
試しにどうでしょう?という感じでしょうか。



頂いたのは
ヒルズの消化吸収サポートのフード(高齢犬用)
ドクターズケア のストマックケア
ビルジャックのシニア用。


ここ5年ほどでしょうか?
これまではずっとアレルギーが酷いのでロイヤルカナンのアミノペプチドのみを与えていました。

久しぶりに別のフードを与えるので少し慎重になりました。

療養食に特化していそうな品は
ヒルズの消化吸収サポートのタイプだと思うですが。
困ったことの極度の酷い皮膚疾患のある犬。


米・コーン・小麦粉など少し気になる原材料が多め。

ドクターズケアはヒルズ程では無いですが、
ドンには少し躊躇いがあります。(特に皮膚疾患の無いてんてんには試してみたいフードではあります)


ビルジャックは前者2種に比べると
皮膚疾患のある犬ではあるものの、食べさせる抵抗がまだ少ないかな?と
ロイヤルカナン同様BHAには少し抵抗があるのですがね…。

選択の幅の少ない犬。苦労します




サンプルを頂いた後、てんとドン両方に+送料を無料にするために、
老犬かつカロリーの低いフードを。(←お試しサイズに、純老犬用のアイテムが無かったので^^;)

順調に太りだしたら、低カロリーのフードを食い意地の張ったドンに思う存分食べさせてあげようかな?(笑)


ドン14歳 ^^

2018-04-30 22:21:29 | ドン

ドン、なんとか14歳の誕生日を迎えることが出来ました^^


この歳になってしまうと歳を重ねる毎に、来年は迎えられるかな…と次の季節を迎えられる事ができるかどうか切実になります。



足の関節は少し弱くなってしまいましたが、それでもなんとか元気。






てんが来てから、刺激を受けているようでなんだか活気づいた気がします。



作家のお仕事が殆ど出来ない今、先週から週三日程外でお仕事を始めました。
仕事帰りに、犬用品の置いているお店にドンの好きな玩具のガムがあるか見に行ったのですが結局無く。
(最近、てんのサークルに入っててんのガムを強奪して自分の陣地に持って行ってカミカミしているドンおじさん。。)


週三日勤務なのに、なぜが昨日今日明日と続けてお仕事。。
ドンさんごめんなさい、お誕生日のお祝いは少し待ってね^^;


ドンの気持ち

2017-12-10 15:04:38 | ドン


最近、てんてんの流し撮りの練習に夢中になっていた飼い主。

でもね…
昨日てんを呼び戻しをしたりして何度も何度も撮っていたら、ドンがそのてんの後ろから一所懸命走ってくるのです。
まだ右前脚の関節の調子が悪くて歩行もままならないのにピョコピョコと。

てんか来るまではオンリーワンで写真を撮らせてくれたドン。
そんなドンをほっぽりだしててんばかり撮っていたら当然ですね
なんでなんで?って


オンリーワンで撮って欲しいと思っていないにしても、
この空間を共有したい気持ちはあるだろうなぁ…

不自由な体で一所懸命着いて来て、
しかし、てんがなかなかドンの後を着いて歩かない時は、てんが傍に来るまでちゃんと待ってくれているドン。


ドンに可哀想な思いをさせていたなぁ…と。 ごめんねって。

・・・と言う事で、今日はてんではなくドンばかり撮っていました。

でもドンも本当は一眼で構えられるのが好きでないのは分かっているので、これからは飼い主もほどほどに。







脚が悪くなる迄は、この岩の上に登って見下ろす景色を背景に撮らせてくれたドン。
今それをさせることが出来ないので、その岩の横でポーズ。





こちらも岩の上に登ってライオンキングみたいな格好をして雄姿を撮らせてくれる場所。
今日も一所懸命登ろうとしましたが阻止しました^^;




(ちょっと眩しそう(笑))










ほぼ流し撮りでは無い設定ですが、連写で。







動きがゆっくりなのであまり変化がありませんね^^;



飼い主のわがままでもう一頭飼い始め、
てんてんが来て間もない頃、
言葉が分かるかどうか分からないですが、それでも二頭にはこう言い聞かせていました。

「てんと~ ドンは~ 飼い主のわがままで一緒に暮らさなくてはならなくなりました~
なので。。。仲良くしろとは言いませんが
あきらめてください」

・・と端から見たらバカみたいな接し方ですが ^^;

飼い主だって、どこかの組織に入ったとしても勝手に人事配属された職場で同僚と心の底から仲良くしろなんて言われても出来ません。
反りの合わないお局さんとでも上面では取り繕って接しようとはするでしょうが(笑)

なので当初は仲良くしろとは言わないけれど同居犬とは認めて欲しいと言う気持ちでした。
それが今では互いを群れの仲間と認めている。
有り難いことです。

その様な間柄になってくれた二頭に分け隔てなく接する事が
わがままで二頭を一緒に飼い始めた飼い主の犬たちへの礼儀かな。








ドンも

2017-09-30 12:24:35 | ドン
ドンも一緒に撮ったのですが、まだ療養中なので少しだけ。


てんはパワフルに、ドンとはのんびり一緒に座って日向ぼっこという感じです^^


この何もせずポォ~っとできる空間がまた心地よいです。



忠犬 ドン

2017-09-28 19:06:40 | ドン
二日前の出来事。
二日前から一週間のダイビング旅行で不在の家人。



その日の夕方、いつも帰宅する時間帯に玄関をじぃ~っと見つめているドン。

そして、新聞を取りに玄関の扉を開けた時、
一緒に出て来てガレージまで走って迎えに行こうという格好を^^;





有名な忠犬ハチ公は大好きなご主人さまの帰りを待ちつつ、おやつを貰えるから同じ場所に居たという説もありますが

・・・ドンも少しは“ソレ”あります(笑)
帰って来たらおやつを貰えると勝手に図式を作っているようです^^;、

ドン 絶不調・・・でした;

2017-09-09 21:29:00 | ドン
関節炎を患いそれだけで調子が悪いのですが。。。

ドンさん、絶不調でした;

先週の木曜日からお試しサプリを飲ませ、その翌日金曜日の夜中に一度嘔吐。
土曜日の夜中の三時頃と明け方にも嘔吐、七時過ぎには玄関で脱糞(家の中で排泄出来ない犬なのでこの表現が適切かと…)
とりあえず、二回分の小袋サプリを止めました(一度に大袋を買わなくて良かった(涙))

…が・・・

やっぱり合わなかったのか。



水曜日の六時過ぎに右耳が垂れているのに気づき、晩には明らかにプックリと。
五年前に左耳を患ったので直ぐに判りました。
耳血腫です。



翌日は木曜日、しかし掛かりつけの獣医さんなら午前中なら診て頂ける…
と思い、翌日開院時間二十分前に病院の駐車場に着いたのですが…
何時から変わったのか、木曜午前は予約診療のみと看板に書かれていました。
シャッターの閉まった病院の前で暫しの間途方に暮れて茫然(涙)
直ぐに遠くの救急病院に行くことも考えたのですが、本当に命に関わる急患が居ることを考えるとそれは違う…と払拭、
ならばせめてご近所さんが通院している近くの獣医さんに耳の血だけ抜いて頂けたら…と、車をその病院に。
しかし、そこも木曜日でお休み。
仕方なく一時間遅れで時間を取ってくれた相方は出勤、私はドンを連れて帰宅しました。

原因が判っているのに一日何もできず耳の膨れが増して行き、違和感があって辛そうにしている姿と、
これだけ膨れてしまったらもう耳が元の形に戻るのは難しいだろう…
また五年前の様に血を抜いて皮膚を切除→ギプスとエリザベスカラーで本犬がストレスを溜めるであろうこと、
そんな事ばかり感じ思いながら成す術のない時間を過ごすのは
さすがに辛かった。


(2012年3月。左耳を患った時のもの。
ドンはストレスを溜めはしましたが、当時の院長先生はドンの耳が元の形に戻るよう最善の方法を考えてくださいました)


翌日、改めて開院前に掛かりつけの病院へ。
念のため、嘔吐し始めた時期とお試しサプリを飲ませ始めた時期を事前に受付で説明し、
お試しで飲ませていた関節の為のサプリの残りと成分を書き記したメモ・
そして今後飲ませ続けようとしているサプリを持って行きました。

診察室で先生に、
「もう耳の形は戻らなくても構わないです、何よりも老犬ですし(前回の様に)ストレスを溜めず過ごせることを一番に考えてやりたい」と
お願いしました。

しかし、先生は本当に優しい方でした。
私達のストレスを感じさせたくないと願う内容は、
「血を抜く・耳の皮膚を切除する・ギプスで固定してエリザベスカラー・ギプスがしょっちゅう取れその度に流血→即病院へ連れて行く」の度合いだったのですが
先生は「注射を打つときに耳に針を刺すので痛がります」と。(そこまで気を遣って頂いてスミマセン>_<)
それは想定内だったので、いつもは装着させ無くても問題ない口輪をこちらからお願いした程でしたので(^^;)


今回の治療方法は耳にインターフェロンを注入して、ステロイドを治療期間服用させるというもの。
インターフェロン自体はどのようなものか私達もそれなりに知識はありましたが、
比較的新しい耳血腫の治療にインターフェロンが使用されていることは今回初めて知りました。

帰宅してからインターフェロンを使用する耳血腫の治療について調べてみると、
これまでは外耳炎など外因性のものが起因で起こると考えられていたものが、
自己免疫機序が原因で起こる内因性のものではないかと考えられるようになったとのこと。

確かに、ドンは五年前に耳血腫を患って以来、耳はマメにチェックしています。
特にこの時期は皮膚の調子が悪くなるので注意してほぼ毎日チェック、耳垢の色や怪しくなっては外耳炎の薬を塗布しています。
最初のサプリの服用の時期のタイミングも照らし合わせると内因性の方がつじつまが合う気がします。
(・・・ってすぐワタクシ、こじつけるタイプだから・・・はて・・・思い込みもしれませぬが・・・・(@自己分析))


・・・とにかく・・・
何よりも、ドンに負担が掛からないように治療出来たことが一番大きく、胸を撫で下ろしています。


ドンの為にインターフェロンの分量も改めて調べてくださったこと・最善の方法を提案してくださったこと・
子犬用の一番小さな注射針で注入してくださった院長先生に感謝の気持ちです。



~ ~ ~

てんてんの調子が悪くなった時、ドンがてんを気遣っていたように

最近はてんが「大丈夫ですか?」という感じで接している姿をよく目にします。


(この画像は耳血腫の前に関節を患った直後のもの)

いつもなら、ドン先輩~! っと飛び掛かるてんが、最近はしないのですよ(笑)

ドンの診断

2017-08-28 14:44:02 | ドン
昨日は、
病院で一泊預かって頂いていたてんてんを迎えに行った時、ドンの脚の具合も診て頂きました。



領収書に書かれた現在のドンの持病(?)と 症状。

【皮膚疾患・アトピー性皮膚炎・筋骨格系疾患・変形性関節症・退行性関節症】


皮膚疾患とアトピー性皮膚炎は大分長い付き合いですので、
昨日診て頂いた脚の症状の診断結果は
【筋骨格系疾患・変形性関節症・退行性関節症】でした。

これまでも歩行中に前脚が突然カックンとなり跛行することはたまにあったのですが、
十歩程度歩くとまた普通に歩き出していたので特に気にしていませんでいた。
しかし今回は先週に日曜日頃からその症状が慢性化、右脚をずっと引きずったままでまともに歩けない状態。
そのため、診て頂きました。

問診で「寝起き等に脚がしびれたような感じで歩いたりしますか?」と聞かれ、その症状も今回の不具合に該当していました。
そして、次に先生は、引きずっている右前脚で無く、まず他の四肢の関節部分の具合を触診。まずは右後ろ脚関節部分から。
「関節部分がコリコリなるのは可動域が狭くなっている症状です、と。
(擦り減っている・硬くなっているとも仰っていたかな?この部分は記憶が曖昧)


漠然と素人ながら関節だと察していましたが、四肢全体に衰えてが来ているとは考えもせず、ずっと前脚だけとしか疑っていませんでした。
きっと老化と共に身体全体に影響している衰え。
素人判断で無くきちんと診て頂いて良かった。


きちんと診て頂いた後、
今後の治療計画を三通り提案してくださいました。

1.何もせずそのまま。(サプリ等を飲ませるも含めての何もしないの意味)
2.薬を飲ませ2週間後にまた服用。そしてその後定期的に服用させる長期型治療。
3.最初の4~5日集中して薬を服用させ後は何もしない。(その場凌ぎって感じのことだろうな…
     この薬はこれから調べようとしているところでまだ情報不足)、


皮膚疾患治療のために現在服用させている、レベンタ・アポキル錠との飲み合わせとステロイド系で無いことを最初に確認し、
我が家は2.を選びました。



確かに先代犬の様にずっと薬を飲ませ、ステロイド服用から肝臓疾患、あれこれ副作用が併発、薬の上被せを繰り返し薬漬けにするのは
もう嫌です。薬で苦しんで症状で苦しんで、最後は薬も病院通いもやめやっと家で静かに過ごせたような…
当時無知だった自分の事も含め、クオリティ・オブ・ライフ(quality of life、QOL)からは遠く離れた最期だったように思えてなりません。


十五年前に比べ、今は非ステロイド薬も含め新薬が沢山開発されたお陰で選択の幅が拡がりました。
新薬であるからには副作用など経過観察の数年程度のデータくらいしかないだろう事も覚悟しなければなりません。
しかし、冷静に考えての飼い犬の余生が後何年単位か?・数年先の統計からでしか分からない薬の副作用を心配することよりも
痛みや(歩けない)ストレスを感じず平穏な毎日を過ごさせてやりたい。
そんな気持ちで2,のトロコキシルチュアブル服用を選択しました。

今飲んでいる薬・ドンの食物品目摂取制限に関わることを踏まえて、関節に良いと言われるサプリを飲ませても問題ないか?
この事も大丈夫とのことでしたのて今後サプリも飲ませようと思います。


※トロコキシルチュアブル20 について※
ゾエティス・ジャバン株式会社

2017年1月に発売された新薬。
ゾエティス・“ジャパン” と書かれているところから想定すると、
それ以前にもう海外では発売されていたのでしょうね。(この辺りは情報収集不足・・またゆっくり調べます)

NSAIDs 非ステロイド性抗炎症薬の薬。
病院で処方される主なNSAIDsでよく耳にするものではボルタレン(ジクロフェナク)・ロキソニン
(ロキソプロフェン)
市販での主なNSAIDsでよく耳にするものではバファリンなど(アスピリン)
それらが当てはまります。
他にも色々と種類がありますが、素人がダダダダーと文字を連ねて間違いがあった時が怖いので、
気になる方は調べてくださいね。

一ケ月以上と長い目で見て治療を望む場合の選択肢での治療法で変形性関節症に伴う炎症及び疼痛の緩和の薬だそうです。
初回投与後、二週間後に二回目の投与・その後はそのスタンスよりも長い期間の1ヵ月おきに3から7回目の投与を行います。


~~~~

今年の三月まで先代の犬も含めて二十年程、先代の院長先生にお世話になっていました。
それだけの年数お世話になっている分、お年も七十代くらいでしょうか。
直接関与しない部分では獣医師会の会長も務められていたこともあったそうで、それは知らなくとも先代犬の時からずっと親身になって診てくださっていました。
そんな先生が引退し、今の若い感じの(とはいえ四十前後くらい)院長先生が就任。
最初は不安でしたが、昨日のドンの診察で良い先生だと感じました。
ご近所さんたちは、言いたい放題?まだよくよく分からず色々言う方もいらっしゃるようですが、
(私は会話の中ではまだ掴みどころのない方と留めていた^^;)

今回の一件で、選択肢を提案してくださる→ 特にどんな治療法か調べない人でも害の無い各治療方法 → 気になるようだったら調べてその内容が判る
&他の選択肢を提示してくれたことにより、再度治療方針を選び直す事も出来る。
てんてんが来てからはドンが相方と診察室に同伴・てんは私が同伴というスタイルでしたので、
健康体のてんの時のみ接して、持病のあるドンの時のお顔がよく見えなかった事もあります。

ただお任せするだけでなく、こちらが調べながら考えてお任せできる治療法。
やっとお顔が見えてきて安心出来た気がします。



あ… その当事者のドンさん!
昨日、先生から「基本は安静にすることです!」と言われたのに、
今朝痛みを感じなくなったのか「歩ける歩ける♪ もっ行くよ~~~っ」とスタスタ軽い足取りで
元気な時の散歩コースをフルで回ろうとするので焦りました(汗)
 ちゃうーーーーーーっ!!!  もう我が家の犬共は~ 。。。 うれしいけど ^^:


わが家の犬共のもう一頭である
てんのお泊り様子は、この後か明日にでも。。。(笑)

なんだかね。。 (注意)重いハナシも少々…

2017-08-24 23:01:06 | ドン


ドンが我が家に来る前から、神戸柴犬荘さんというサイトで交流をしていた柴犬さんが数日前に亡くなったと知り愕然としています。。
五月からそこで交流をしていた方たちの柴犬さんとmixさん計五頭。ご近所の中型犬も今年の二月に一頭。
みんな十三歳~十六歳。

頭ではそういう年齢なんだと分かっているはずで、ドンも覚悟しているはずなのに
なんだか…頭と気持ちがかみ合っていない。

あれから十四年。疎遠になりながらも、ずっと繋がっていたい方々。
ネットというある意味、不特定多数・顔が見えなかったら何をしても良いのか?って便所の落書きみたいな要素もある場所で
ずっと親身になって下さった方々とそのワンちゃん達。



昔から交流のあった方々と疎遠になってしまった理由を少し明かしたく、もう時効だと思いますので書きます。
このブログを再開した時、やっかみの様な誹謗があったと触れたことの内容とは…

全く知らない静岡の展覧会に出陳していた柴犬ブリーダーが執拗に電話番号を聞いてきて
電話を寄越してきたかと思うと、親切のつもりか潰すつもりか?(ドンの)この血統は良くないよ。(ドンの出身)ダイゴ犬舎は良くないよとか…
(今思えば、現在プードルなど流行の小型犬種をブリーディングをなさっているようなのでその程度で
嫌味を言って潰したかったのだろうかな…と)、全くお話をしたことの無い男性だったのに上から目線の口調で無礼な事を沢山仰いました。
そんな時も全く知らない方からネット上でドンへの交配のメールが何度か来た時も、
数日前に亡くなった柴犬さんの同じく静岡でブリーディングをされている方にはとても助けて頂きました。



今もその女性の言ってくださった大事にしている言葉「小さきは小さく咲かん」、
昔はドンを色んな人に見せたいと思う時期があり、展覧会にも出陳してみたいと馬鹿な事を考えたこともありました(笑)。、
一時期家族の介護で家から全く出られなかった時、毎日一所懸命にブログを更新して、
家の中に不穏な空気が流れているのになんでドンのケアをもっとしてあげなかったんだろう。
自分の気持ちを鎮めるにも犬のケアをちゃんとしろよって。
すっと長くお付き合いしたい方たちも沢山いる反面、全くお顔を知らない方とネット上でトラブルになったり(苦笑)
勝手にネット上で一喜一憂したりしてバカでした。
そんな事よりも実生活で一緒に過ごしているドンと一緒に傍にずっとのんびり穏やかに過ごしたい。

ネットにアップすることも一時期やめ、
ただドンと一緒にのんびり過ごす。まさに小さきは小さく咲かんです。
のんびり穏やかな犬に成長したドンと過ごす毎日。とても幸せな毎日です。


ノーリードに遭うたびに昔は、相手に怒鳴っていました。河川敷まで行って自転車で引き運動をしている時に
ノーリードに遭い、何度も咬まれたり襲われたり。
そんな事をする度に普通の犬以上に怖がりなドンが情緒不安定になって行きました。
そして時には嫌がらせで放した犬をわざと近付けて追っかけられることも。 当然益々情緒不安定になりました。
長い目で…この子が静かに穏やかに過ごすためには
「ノーリードと精神の病んだ人とストーカーには近づかない」と(口が悪すぎるかな。。 本音ですが)
まともで無い人に何を言っても無駄です。精神の病んだ人に刺されても無駄死にするに近いと。
なので腹は立つかもしれないけれど近付かない、相手がまともで無いのならば避けましょうと。
ドンが不安になるような要素はこちらから避けましょうと。
ドンの出身犬舎の社長も仰っていました。
「どれだけ河川敷でバイクで走らせていても、レトリーバーが放れていたら離れろとスタッフに言っている」と。
立場は違いますが展覧会に出陳するような犬を鍛えるために走らせているのに、そこで怪我をさせられたらたまりません。
変な事をしている人間は直ぐに飽きるのかトラブルを起こして淘汰されるのかは分かりませんが直ぐに居なくなります。
山でも突飛な事をしている犬飼いさんは一年も経たぬ間に居なくなることがこれまでの経験では多いです。

少ない余生をのんびり静かに。。。穏やかに。。
そうやって最後は看取ってやりたいです。

少し脚の調子が悪くて思い通りに歩けない今。
相手がどれだけ吠え狂ってもドンは全く吠えない性格ですがストレスは昔から溜めているのは分かります。
昨日は動けないドンに、いつも気が狂ったように吠え掛かってくる小型犬が吠え掛かって来たので、
珍しく静かに相手の飼い主さまに言いました「きちんと制御しなさい」と。六十前後の男性でしたが。。
ノーリードばこちらが避けますが避けようのない昨日の様な境遇では、相手がどんな方であろうと飼い犬を護ります。



長年交流のある、そしてずっとこれから細くても長くお付き合いして頂きたい方々。
これからもお付き合いしたい方々。そんな方たちはメールやブリーダーさま経由など何かしらのお付き合いが出来ます。
そんな方たちとは交流したいですが、全く面識のない方とトラブルになるのは嫌なので分けたく今の所ブログのコメント欄は設定していません。



長々と少し女々しいような文章失礼いたしました。




最後に、のんびりまったりのてんとドン。
あたりまえの様な毎日は実はとても幸せなんだなぁ…と。。



(こっぱずかしいので、この記事いつか非公開にするかも知れません^^;

前の犬 (いえ、今も現在進行形・・・)

2017-05-31 21:21:19 | ドン


てんてんとドンを別々に外に連れ出し、顔なじみさんの方々によく言われること。

「前の犬は?」

サラリと聞かれることもあれば、腫れ物に触れたように聞きにくそうに切り出されることも。
こんな遣り取りが多くなりました。

そして、昨日少し親しいご近所さんが
てんを連れている私を見て「一瞬涙ぐんだわよ!」

と本気で悲しんでいただくという出来事が(^_^;)

「いえ…勝手に殺さないでくださいぃい~~~」・・と

サラリと言える相手なので、切り返しました(笑)

普段から歩くペースがのんびりとすごく遅いこともあるのでしようね。




他所の人に決して触られたり撫でられたりする事が好きな犬ではないのですが(飼い主にだけ撫でられて喜ぶというちょっと嬉しい特権)、
好きな人には嬉しそうに寄っていき、しかし傍まで行っても何か要求をするわけでもなし…
吠えもせずぽぉ~~っと話しを聞いているような格好をするせいか
顔なじみさんには可愛がっていただているようです。


朝は一頭ずつ別々に連れて歩いてはいますが


ドンは生きています~~ ご心配の無いように^^;



今のてんとドンは仔犬のチャカチャカとのんびりぼぉ~っと歩くドンではペースが違い、
さらにてんがもっと成長すると足の長さで歩幅が変わってくるのか…?
もしくは案外二頭で同じ歩調で歩くことができるようになるのか? さてさて



ドンのシャンプー

2017-05-27 15:41:07 | ドン
皮膚が弱いため、
これからの季節・早い周期では一週間もしない内に洗わなければいけないドンさん。。。



まとめ買い!? えらいたくさん(汗)
相方曰く、通販の某総合ショッピングモールで一本900円少しの所を見つけ、
送料無料にするためにまとめ買いしたとのこと。

半額!? それはすごい!
数週間前、実店舗でてんてんの同じメーカーの仔犬用のシャンプーを買おうとしたら、シャンプー&リンス各1800円。
合わなかったら捨てる羽目になるのでその値段では買えなかったのです(^^;)



ドンさん。いっぱい洗えるね(^^♪

ドン「・・・」 心なしか複雑そうな表情。。


皮膚に良さそうな硫黄のシャンプー、病院で薦められたオーツ・デュクソラール、ラファンシーズ・ノルバサン、
ゾイックとこれまで試してみましたが、ドンの毛量や犬洗いの頻度、長時間掛けて洗うとギャンギャン泣き叫ぶ性格等
総合的に考えると、これが一番使いやすいです。

(どう何しても水嫌いのドンは嫌がりますが。。。 (泣))


匂い嗅ぎの一日

2017-03-12 21:39:05 | ドン

昨日までの強風と寒さから一変して今日はぽかぽか行楽日和。


しかし、なぜかドンさん…
今朝の散歩はひたすらこんな感じ


移動するたびにクンクン匂い嗅ぎに専念しています。





一体何がそんなに気になるのでしょう?(笑)



昨年10月から服用を始めたアポキル錠、かなり効果が出ているようです。

2016.10.15 アポキル錠を服用始めた時の記事

散歩で会う方が見ても分かるくらいモコモコ。

飼い主本人もここまで柴犬らしく真ん丸な顔に太い尻尾は久しく見ていなかった気がします。


しかし、それでも二年後はどのようになっているかと言う心配も少し。
アポキル錠が新薬のため、まだ二年経過した範囲内での結果しかデータが無いとのこと。
まぁ 今考えても仕方ないので… その時はその時でと言うことで。

(しかし飼い犬ながら真ん丸で可愛い。。 ←飼い主馬鹿丸出し^_^;)



 



今はまだ忙しい毎日ですが、四月になったら少しの間ゆっくりする予定です。

ゆっくり犬のお世話 × 2 が出来るかしら。。。


用途が違います & 私事ですが

2017-02-15 21:29:45 | ドン


先日、犬の敷物やブランケット用にお掃除ブラシを買ってきたのですが・・・



なぜかドンさんがお気に入り???




飼い主の手元に持ってきて・・・



このとおり=_=

「 顎を掻きなさい 」 と催促するのです。

お~いっ! 使い方が違うぞ~~~っ



……… と… 犬とは関係なしにわたくしごとでございますが 

ある作品展で最優秀賞を頂き、
取材を受けました。 二か月後に記事が載る予定だそうです。



顔写真はどうぞお許しくださいませ^^l


雪 好き さて・・・

2017-01-15 13:56:27 | ドン
今日は路面が凍結している可能性があるので山に行かず広い公園へ。



すると、子共たちがラグビーをしている! 
実は…人気の高いサッカーのルールはろくに分からないのに、ラグビーはかれこれ観戦歴25年くらいになるラグビー好き。
うれしいなぁ…




喜んでラグビーの練習風景を眺めていると…

ドンさんの視線の気配が…
「はやく(モデルになってんだから)撮りなさい」 と。



ハイハイ。
(今日はさすがにシャツを着せました)

余談ですが…全くしらない人がカメラを構えた瞬間、その前でポーズを取ろうとした飼い犬にちょっと焦った(汗)



先週一週間見事に高熱でダウンしてしまい…
やっと読みたかった本を読めそうです^^;




好き… さて… の曖昧なタイトルの意味は。。。


柴犬。ドンを飼い始めたころは。黒い柴犬と当時はこんな田舎では珍しかったため、
「何犬?」「ハスキー?」「雑種? どこで拾って来たの? 昔こんな犬ゴロゴロしてましたよね」とか色んなお言葉を頂きました。
柴犬と判ってもよく、他所の犬の飼い主さんから「うちの子、柴犬苦手なの」と流行言葉も言われました。
…ところが、(テレビをあまり見ないので流行がわからないのですが)最近柴犬がもてはやされ始めているとの事…で)
これまでの言葉とは180度違うお言葉をたくさん頂くように
「わぁ…♡ しばちゃん♪ かわいい」 …って(汗 おいおい、昔言ってた言葉と全く違うよ)

流行など一切抜きに、自分が気に入って飼い始めた犬なので。。
流行ってなんでしょうね?
なんのための流行? 流行っているから飼うの? 
それよりも今後15年程生活を共にする相棒の性格や相性・住宅事情などを気にしません?


それとはまた別の話しなのですが、先週頃の話。
ラフ・コリーのブルーマールの子犬を見かけまして、“あ…この子ブルーマール?”と直ぐに気づいたのですが、
ブルーマールに関してはどんな特性が出やすいかご存知の方はご存知だと思ったので…、あえて“珍しい模様ですね”に留めて
模様の名を言わずに飼い主さんに言ってしまったのですが… よく見ると両目ともかなり色素の薄いブルー。
やはり飼い主さん曰くブルーマールで気づいてもらえて嬉しかった雰囲気。なので後でそんな言葉を発してしまった自分に反省。



なんとなく…珍しいとかそんなことに触れられたくなく、反対にどんな犬でも善いじゃない?(ドンの場合は当時知らない人が多かっただけ)
自分が気に入って飼った犬は、ドンにしてもこれからにしても愛犬との暮らしを一番大切にしたいと願っています。


ブログのアクセス件数を増やす気は全くないし、ドンの時みたい心無いブリーダーさんやオーナーさんとの接触も避けたい。
今後お迎えしたい犬もあえてネット検索に引っかからないように成長記録をUPしたいと思います。


(なんだかまとまりのない文末になりましたが。。なにはともあれ楽しみです^^)


最近のドンさん

2017-01-07 20:32:42 | ドン

年末頃の画像。 実に気持ちさそうに寝ていたので こっそり撮影






本日の撮影。 久しぶりに自らいつもの岩に飛び乗り“はい、撮りなさい”視線を浴びる。


はいはい、お撮りいたします(笑)



おまけ 人見知りしないスズメ


本年もよろしくお願いいたします。





コスモス畑

2016-11-13 21:12:13 | ドン
ここ数週間バタバタしていたので三日分の出来事をまとめて本日UPします(^^;)

今日はお休み。コスモス畑に行ってきました。














コンデジを持つと変にモデル根性のある犬ですが。。(モデルの見返り→きっとおやつが目的なのでしょう^^;)






実はきれいな花にはあまり興味が無いようで、他の犬の匂いを感じる草の茂みや木の根元が気になるようです(笑)



今日も付き合ってもらい感謝です。

さーーーーてっ! 明日から頑張るぞーーーっ

飼い犬の存在がすごくありがたく感じた二日間でした。

おかげで鋭気をたっぷり蓄う事が出来ました^^