コレ、いいかも☆goo

映画の感想がほとんどです。
TB&コメントは承認制となっておりますが大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「TIME/タイム」ジャスティン・ティンバーレイク×アマンダ・セイフライド

2012年02月21日 | movies

科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、
25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。
富裕層は寿命を気にしなくていい一方、
貧しい人々は寿命を延ばすためにあくせく働き続けなければならなかった。
貧しい青年のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、
時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、
追われる身となってしまい……。

時間=お金と言う設定が面白い。
時間を気にして生きていかなければならない。
貧しい人々の宿命。
しかもどんどん上がって行く物価・・・

逆に気にしなくても良いくらいの
時間が腕に表示されている富裕層。
母も妻も娘も見た目は25歳。

走る人=貧しい人なんだそうな。

住む世界が違うとはまさにコレだね。
お金がないと、別エリアに行く事も許されない。

殺人容疑で追われる事になってしまうウィルですが
何も悪い事してないのにーでも富裕層エリアにカワイイ子発見!

同じアンドリュー・ニコル監督の「ガタカ」を観た時もそうだったけど、
で、この人たちはこの後、どうするんだ?と思ってしまいました。

映画『TIME/タイム』予告編


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「ドラゴンタトゥーの女」 ... | トップ | 「私は「うつ依存症」の女」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

movies」カテゴリの最新記事

トラックバック

「TIME/タイム」 格差社会の投影 (はらやんの映画徒然草)
前にも何度か書きましたが、優れたSFのアイデアというのは実はその作品が作られた時