native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

景色

2021-11-15 19:29:29 | こだわり設計
昨日、雑誌の取材で今年の春にお引渡しした佐藤さんとのコラボ04にお邪魔してきました。


お引渡ししてから半年ほどが経過して、お住まいがご家族に馴染んでいてとてもよかったです。
どんな暮らしぶりなのかは、是非本を買ってご確認ください。
発売時期になりましたらまたお知らせします。

さて、昨日の私の興味は、自身の設計の確認作業。
テーマは「窓から何が見えるか」

窓って色んな役割りがあるんですけど、外を眺めるためには「大は小を兼ねる」じゃなくて、ギョーカイでは「切り取る」なんて言います。

何でも見えればいいってもんじゃない。
見たくないものを省きながら見たい景色だけを切り取る設計です。

今回一番気を使ったのが、ダイニングに座った時に見える景色。
座ると、お隣の壁が見えなくなって、屋根と山の稜線だけが見えるようになります。

こちらも座ると遠くの林と空だけが見えるようになります。

立ってるときの設計ではなく、座るとどうなるかの設計。
うーん、落ち着く。(自画自賛)

何でもかんでも見えたり見られたりすると、結局カーテン締め切りになっちゃいます。
ウチとソトをどう繋ぐかで、広くもなり、快適にもなるんです。
窓って大事。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« これからのこと | トップ | 小さい家の小さい事務所 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

こだわり設計」カテゴリの最新記事