native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

【ministock-09(terrace)】完成見学会のお知らせ-小さい二世帯住宅-

2020-09-04 22:25:34 | ministock-09(terrace)
※見学会開催日までこの記事はトップに固定しています。
9/19更新

オーナーさんのDIYによる珪藻土塗料塗りが無事完了し、工事もラストスパートを迎えることになりましたので、現場をお披露目する日取りをまとめました。


2020年9月20日(日)9:00-17:30
2020年9月21日(月)9:00-17:30


新潟市東区にて、「ミニストック-09」の完成見学会を開催します。
完成見学会は予約制の見学会です。
完成写真は随時ブログにてアップしていきます。


見学をご希望される方は、ネイティブディメンションズホームページお問い合わせフォームまたは私宛に直接、お名前、ご連絡先、下記からご希望するご案内時間枠をご記入の上、お申込みください。
案内図をお知らせいたします。
※小さいお子様も大丈夫です。(恥ずかしがり屋さんでなければ)見学中はこちらで面倒を見させていただきます。(人見知りがなくなるようにちょっかい出したり出さなかったりします)
※感染症拡大防止のため、マスクの着用など自衛対策をお願いいたします。ご案内時にマスクを着用することについて、ご理解をお願いいたします。
※予約枠は1組様限定
※上記時間外(17:30以降など)にご見学希望の方もご連絡下さい。時間を調整してご案内いたします。
※お住まいを検討中の方、すでに建てたけど住宅に興味のある方、学生さん、同業者、どなたでも見学可能です。

見学の概要
・ご実家の建て替えで敷地面積58坪に建つ35坪のお住まいです。
・二世帯5人ご家族の完全分離型二世帯住宅。親世帯10坪、子世帯25坪。各世帯にラボを設けて、ラボを介して小さい住まいを二つ繋げました
長期優良住宅認定取得住宅です。
・外皮熱損失量99.9W/K、平均熱貫流率0.33W/㎡K、設計一次エネルギー消費量67.3GJ。シミュレーションによる親世帯の平均月額光熱費¥10,017、子世帯の平均月額光熱費¥19,864のお住まいです。
耐震等級2、積雪深度1.0m


読む気にならないほど沢山ある見どころ(工事中写真を随時更新していきます)
既存のお庭を残して、お庭の日当たりを今まで以上に良くして、お茶の間との関係性を意識した配置計画としました。工事中に実を付けたプラムは最高に甘かったです。


・ネイティブディメンションズの定番になりつつある玄関の隣に車を停めて、雨や雪を気にすることなくドアツードアで出入りができる玄関とポーチ

・手触りのよい木製建具に囲まれた玄関は、二世帯併せて10帖(非断熱の土間空間)あり、その大きさは過去最大級。自転車置き場として、濡れた衣類の一時干しや季節道具の一時置き、冬期の根菜や冷蔵庫に入らないものの保管、分別ごみの一時置きなど、超ユーティリティな空間です。


<親世帯>
・将来の使い道を熟考した親世帯空間。大きなリフォームをすることなく、世帯が変わっても長期にわたって使い続けられるように設計されています。


・お部屋中をぐるりと一周しているカウンターでちょっとしたものの収納が完結。その正体は?
オーナーによって仕上げられた壁と天井は珪藻土塗料。休日やお仕事後の時間を利用して1カ月かけてパテ処理から仕上げまでをすべて行った空間は愛情にあふれています。

・床は、表情が豊かなヒッコリーを採用。その木目を楽しむための150mm幅でどこか和風にも感じられる空間に仕上がっています。

<子世帯>
・全体を住まいながらDIYできるように計画。これからが楽しみな未完の住まい。
・1-2階すべてがワンルーム。仕切りはトイレと浴室のドアのみ。
・居場所を特定しないお茶の間スタイルのリビングは南側全面がガラス張り。既存のお庭と一体化させて、食事をする場所は、ウチとソト関係なく気の向く場所で。
テレビが見当たらないお茶の間。
脚のない全長4m65cmの宙に浮くL型キッチン。足元のレイアウトが自由自在。
・複数で立てるようにキッチン通路を確保して、コンロとシンクはそれぞれ使いやすい高さに設計。シンクのサイズは超大型の90cm


・キッチン脇に設けた、キッチン素材で作った掲示板。磁石がつくので使い道が超多用途。
・水回りはネイティブディメンションズの定番レイアウトながら、新提案の収納を追加。新しい定番になるか!?
これが本当の最後の一品。おそらく全国で一番最後に発注したと思われる洗面化粧台。
・相変わらず何もない浴室
・未完成風にデザインされた階段。未完成の良さを活かすデザイン。
・こちらも定番になりつつある廊下から一段上げられた居室。段差を椅子代わりに使えます。
・ちょうど見えなくていいところだけが隠された吹抜けからの景色は広い空を独り占め。
・整然と柱と畳が並べられた2階。
・家族を繋ぐのは全長9mの文机
窓のない籠もり部屋。ゆっくり過ごす空間。
・唯一椅子で過ごす作業カウンターの幅は2m30cm。どんな作業もこなせます。


・オーナーさんが絶対に切り抜きたいと言っていた東区の風景


屋根もリビング?
床下空間も日常の収納スペースとして利用できます。今回の床下空間はミニストック-07以来のパッシブデザイン床下。
・床はワイルドなヨーロピアンオークすだれ張りで規則性を持たせました。階段とキッチンには、同じオークですが、フレンチヘリンボーン張りでリズミカルにしました。
・壁はモイス。調湿や消臭効果のある多機能材です。
・天井は1階はシナベニヤ仕上げ、2階はラーチ合板仕上げ。

とりあえず書いてみましたが、やっぱり読む気にならなかったと思いますので、まずは遊びに来てください。
ネイティブディメンションズが一番大切にする「理由ある設計」をご覧いただけます。

お申込みお待ちしております。
コメント   この記事についてブログを書く
« アクアニュース’20.09号 | トップ | サークル・オーバル・丸いんだ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ministock-09(terrace)」カテゴリの最新記事