native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

【ministock-12(lab)】いざの確率-新潟産小さな家-

2022-08-04 22:00:25 | ministock-12(lab)
霞んでる工場は好きだけど、まったく見えないと意味がない。

って言ってる場合じゃないくらいの雨でした。
狙って高台に住んでいるため、特に被害はありませんでしたが、ちょっとどうなるんだろうという不安はバルコニーの排水が間に合わずにオーバーフローしているのを見て思いました。
また、実家が低いところにあるため、電話確認すると膝上くらいまで道路が冠水して、停電しているとの事。

近所だけど冠水して行くこともできないし、母親が20年雨の水害を思い出すから怖いと電話越しに言ってたのはやっぱりショックでした。

停電してるので、とりあえずipadで情報を拾うようにしてと伝えて、

私もアメダスで止む時間を確認して、多分大丈夫という想いと外を見ながら強さが増したら歩いて向かうしかないと考えていた時は重たかったですね。

同時に大工さんにも電話して現場状況を確認したところ、現場も30cm位道路が冠水していて現場に近づけないとのこと。

少し高台にあるコンビニまで避難して待機してもらうことにしました。

しばらくしてアメダス通りに止んでくれました。
新潟市の排水ポンプ状況を調べるとホント私が住むエリアだけの出来事だったみたいです。
※新潟市ポンプ場雨量観測情報サイトより

全部をスクショできなかったんですけど、数字のバラツキがすごい。
今回は全国的にも大きな被害で出ているところが沢山あります。
被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

っていうことなんですよ。
イマドキ住宅業界って性能性能って言われていますが、

性能って、耐震温熱だけですか。
劣化対策もあれば維持管理対策もありますけど、
それだけですか。

皆さん、

地震よりも水害の方が確率高いと思いませんか。

大工さん情報によると、
現場の周りは商売をされている建物が多いため、お店の中に大分水が入ってきたそうです。
水が引いた後に、ご近所の方から「基礎高くしておいてよかったね~」と言われて、

食い気味に「たまたまじゃなくて鈴木さんはいっつもですよ」
って返事しといたよ、と聞いて

あ、大工さんもちょっと誇らしい感じなんだと思いました。

というのを、蒸し蒸しの午後一番で現場に行って話を聞いてたら、朝と同じくらいの雨が来た瞬間、全員が凍ったっていう所までが今日のお話です。

いざという時のミニストックです。

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
基礎工事 (アミ)
2022-08-05 09:22:31
素人の私ですから、基礎工事のことはわかりません。
でも、我が家を建ててる時、基礎のコンクリートがやけに高かったことを覚えてます。
古い前の家の床下が、高かったので、そのことを希望したからかもしれません。
都会ですし、馬の背…と言われてる地区ですから、水の被害はないのに。
昔の人の知恵だったのでしょうか…。
Unknown (ネイティブディメンションズ)
2022-08-05 10:57:13
アミさん、コメントありがとうございます。
住宅業界は古くから、基礎は低い方が格好いいという文化がありまして、高い基礎は余程の理由がないと採用されません。
何かしらの目的・狙いがあったんだろうと思います。
色々知恵やアイディアをお持ちだったんでしょうね。

コメントを投稿