native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

【ministock-07(lab)】1年と1カ月-新潟を一望する小さい家-

2019-09-08 19:32:34 | ministock-07(lab)
今日は1年1カ月点検でミニストック-07に伺ってました。

なんでプラス1カ月かと言えば、先月1年点検に伺う途中エスティマがアレしたから。
家族全員で伺う途中だったのにあの悲劇。
娘に珍しい経験できたから楽しかったよと慰められたあの悲劇から1カ月。

今日向かう途中のアレしたポイントを通り過ぎる時は妙に緊張しましたが、無事にたどり着くことができました。(そりゃそうだ、2回連続アレしたら大概やで)

まずは昨年秋に植えた植栽たち。
もう、モサモサ。

敷地中、ヒメイワダレ草に覆われていました。
ご主人のUさんが、雑草を抜いて管理した結果のヒメイワダレ草天国に。

ありがとうございます!

そして、何よりも野芝ゾーンのフカフカ感。

ウッドデッキから飛び込んでも痛くないんじゃないかな。

しないけど。

6帖のリビングに対して、
8帖のウッドデッキと
11帖の野芝。

もう、外で住んだ方がいいんじゃないかな。

住まないけど。



だって、それ以上に家の中が素敵なんだもん。

目覚めたら、新潟を一望。

ありえんて。

点検しながら、ため息ばかりをついていました。

まぁ、他のお宅でも同じなので、いっつも、そうなんです。

だから、

早く点検にいきた~い(妖怪人間ベム風)

ってなるわけです。


点検結果としては、木材の乾燥収縮による塗装のひび割れが数か所。(半年点検時に確認済)
床下に下りる階段がきしむ。
手摺が少しぐらついている。
キッチンのシャワーホース収納の取り付け直し。
タイルの一部欠け。
とかでした。

後日、施工店さんに手直しに入ってもらいます。


その後、お菓子とコーヒーをいただきましたけど、

コースターめっちゃかわいい。
国技館のグッズなんですって。

分かります?
「はっけよ~い」の瞬間を上からみた構図。
天才的なアングル。

で、相変わらず世間話に花が咲き続けましたが、
話を戻してこの1年間の光熱費について伺いました。

検針票をまとめた結果がコレ

電気代が当初予想¥116,665に対して¥120,027
ガス代が当初予想¥51,591に対して¥34,935
1年間合計の当初予想¥168,256に対して¥154,962
月平均が当初予想¥14,021に対して¥12,914でした。

という事で、
電気代はほぼ予想通り
ガス代が少しお安め
合計¥13,294安くなり、
月平均も¥1,107安い結果ということに。

もちろん、夏期、冬期はエアコン24時間運転
ガスはガスコンロと給湯器のみで、給湯器に追い炊きはありません。足し湯で入ってもらっています。
イマドキの教科書に載ってるパッシブデザインは完全無視。

Nちゃんが大きくなれば、お風呂の時間が増えるかも。
今年は暖冬だったし。

2年目以降は建物の乾燥が落ち着くので、より安くなる方向に進むと思います。

などをひっくるめて、おおむね予想通り。

っていうか、年間の光熱費が¥154,962ですよ。
家中、冷暖房して。

今日伺った時はこんな感じでした。


めっちゃ快適。

超高断熱とか力業で何とかする住まいでもありません。
お金かかっちゃうし。

断熱材はイマドキと比べてちょっといいくらい。

誰でも住める経済的な高気密高断熱住宅が、ミニストックです。
イニシャルコストもランニングコストもお安め。
しかも、経年変化に対応しやすい住まい。

Fさん家族と「いい家だよねぇ」っていうのを30分くらい繰り返していました。

この家の成長とNちゃんの成長が楽しみです。
それに付き合えるなんて幸せ!
コメント   この記事についてブログを書く
« 初仕事 | トップ | 「街中の狭小二世帯住宅」こ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ministock-07(lab)」カテゴリの最新記事