native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

1/2

2021-04-28 19:36:47 | ministock-狭小住宅・小さい家-
2月から取り掛かっていたリノベ工事がほぼ完了しました。(残工事あり)

これで全体工事の約半分。
2階建てのお住まいの2階部分の工事を行っていました。

チークパーケットと梁の相性は抜群。
そこにL型に配置したソファー風な畳の小上がりを作りましたが、いつも採用しているベージュの塗装壁が空間を見事に中和してくれてると思います。

この色を当たり前に使う僕ってすごいなと思いました。

対面は間接照明

天井の陰影が素敵ですね。

窓回りには壁と色をそろえた木製ブラインドをチョイス。
こちらもネイティブディメンションズの準定番。
めちゃくちゃ空間になじんでます。

子供部屋はリビングと間接的につながっています。(ほぼ直接ですが)

大きくなったら仕切ることもできますが、しばらくはフリールーム的に使えます。なんとなく仕切れてるけど、なんとなくつながっている。
それぞれが別のことをしやすい空間としました。

それはそこからミニキッチンとつながっています。
キッチン水栓が間に合わなくて未完成ですが、私的に今回のMVP
「土色のキッチン」

これは今後ネイティブディメンションズの定番にしたいなと思ってます。
採用したい方の立候補お待ちしております。

そのキッチン脇から入る寝室はというと
めっちゃシック。

シックって大人の人しか使っちゃいけない言葉ですよ。
ベージュの塗装壁と無節の桧フローリングを組み合わせました。
ベージュの包容力のすごさよ。

目の前にあってびっくりしました。

そしてベッド脇に設けた棚。

今日大工さんにも褒められました。
鈴木さんの割に造作が少ない部屋だけど、これは使いやすいよね、って。

えへへ。

寝室脇にはウォークインクロゼットがあります。
めっちゃワイルド。

チークパーケットフローリングと合板の組み合わせ。
グレーのロールスクリーンがなんともナイスミドル(意味不明)

建具も合板で作りました。

ネイティブディメンションズの過去物件からヒントをもらいつつブラッシュアップしていった今回のリノベ工事。

らしさに溢れながらいつもとは少し違う空間に仕上がったかなという印象です。

1階の工事も楽しみ!

おまけ
今日のハート君






コメント   この記事についてブログを書く
« 山に木はある | トップ | 2年ぶり »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ministock-狭小住宅・小さい家-」カテゴリの最新記事