native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

門出

2020-01-25 17:29:51 | 建築士会
先週、来年度の「建築士の日記念事業」で何を行うか、実行委員長の立場として委員会を開催してきました。

今週初めは、新潟県建築士会の理事会に出席。

一昨日、新潟県建築士会新潟支部交流研修委員会に出席してきました。

今日は、二級建築士免許交付式に出席してきました。

昨日、今日と新潟市、長岡市、上越市で免許交付式が開催されたんですが、
私は県全体の運営を主管する組織委員長ですので、新規登録者セミナーと題して新米建築士に「建築士の心得」的なことをいっちょ前に語ってきたんです。

ついでに建築士会にも入ってね(はーと)、も添えて。

調べてないけど、弁護士会とか医師会って絶対入らないとなんですよね。
逆に言えば、「士」=侍だけが入会できる特別な会、フリーメイソン的な印象を私は持ってるんですけど、

建築士会って入会が任意なんです。
なんか格落ちの印象。

自分の好き勝手にやってじゃなくて、建築士全体の品位は建築士一人一人の品位の積み重ねだと思うので、建築士会には入っておいた方がいいかなと思うわけです。

古い考え方と言われれば、そうですねとしか言いようがありませんが、古いついでに言えば、鉛筆一本で人の人生や町の景観、文化を作っちゃう仕事なんです。
鉛筆一本にとんでもない重たさのプライドを持たせるので、建築士会全体でそのプライドを築き、守っていかないとかなと思っています。

逆にそれを築かないと、すごく軽く見られちゃう仕事なので。

みたいな熱い想いは新米建築士にはウザがられちゃうので、随分とかみ砕いてお話させていただいて、
ようやく免許証の交付。


晴れて今日から二級建築士です。

エコスタで免許の交付を行いましたが、
グラウンドでは、サッカーの練習をしてました。

色々だな。
新しい考え取り入れないと。



コメント   この記事についてブログを書く
« ちょっとした強豪校 | トップ | 【ministock-11(lab)】なぜか... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

建築士会」カテゴリの最新記事