native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

【坂の上の狭小住宅】完成見学会のお知らせ

2019-04-26 16:37:05 | 坂の上の狭小住宅
ゴールデンウィーク突入直前の今日、神田さんと造園屋さんの三者で完成に向けての打ち合わせを現場で行いました。
この三者もすでに20年の付き合い。
大体私が何を言い出しそうかを分かっている方たちですので、打ち合わせもスムーズでした。


打ち合わせ後、内部に入って相変わらずパテ塗に没頭している塗装屋さんに声をかけると、
「結局パテ4回入れちゃいました。てへ」
だって。
昨日の3回とは何だったのか・・・

吹抜けに面する壁については、もう色を入れたんじゃないかって雰囲気。

自然光が当たる壁は凸凹が目立ちやすいので、結局、壁全面にパテを入れるという徹底ぶり。

下地にかける想いが相当重いです。
ありがとうございます!!!




そんな絶好調の現場をお披露目する日取りがまとまりました。

2019年6月1日(土)9:00-21:00
2019年6月2日(日)9:00-16:00


新潟市西区にて、「坂の上の狭小住宅」の完成見学会を開催します。
完成見学会は予約制の見学会です。
新聞・雑誌等での告知はいたしておりません。
完成写真は随時ホームページ及びブログにてアップしていきます。


見学をご希望される方は、ネイティブディメンションズホームページお問い合わせフォームから、お名前、ご連絡先、下記からご希望するご案内時間枠をご記入の上、お申込みください。
案内図をお知らせいたします。
※小さいお子様も大丈夫です。見学中はこちらで面倒を見させていただきます。



見学の概要
・古くからある密集した住宅街の中にある敷地面積40坪に建つ26坪のお住まいです。
・5人(~6人)ご家族のお住まい。障子や襖で自在に仕切れるワンルーム型の間取りです。
・テントの中にいるような構造設計をしました。
・将来の二世帯住まいに対応したお住まいです。
・認定長期優良住宅です。
・外皮熱損失量70.5W/K、平均熱貫流率0.27W/㎡K、設計一次エネルギー消費量65.3GJ。外張り断熱100mmの超高断熱仕様です。
・耐震等級2、積雪深度1.0m
・4日(土)だけ見学は21:00まで行います。日が長い時期ですが照明の明かり等、夜の雰囲気を楽しみたい方や、お仕事が終わってからの方にお勧めです。


みどころ(工事中写真を随時更新していきます)
・密集した住宅街の中で一息付けられるように、道路側にベンチを設けました。近隣の方の憩いの場として使っていただきたいという想いです。建物は小さくても、心にとても大きくゆとりのあるご提案です。
・駐車スペースから1歩で玄関ドアにたどり着きます。


玄関は5.3帖の非断熱の土間空間。自転車置き場として、濡れた衣類の一時干しや季節道具の一時置き、冬期の根菜や冷蔵庫に入らないものの保管、分別ごみの一時置きなど、超ユーティリティな空間です。
・ラボでは定番のアレンジ自由な下駄箱。今回は壁全面に仕込みました。好きなサイズの棚板を壁に差し込んで、靴を片付けたり、傘を掛けたり、コートを掛けたり、飾り棚にしたり。


・定番のダイニングテーブルは製で全長2m73cm。毎日撫でたくなるテーブル。常に家族全員が集える場所でもありながら、自分のスペースを見つけてプライベートスペースに。究極のお茶の間。


・ダイニングテーブルのイスを兼ねた畳コーナー。ごろんと寝転がれる(酔いつぶれられる)お昼寝スペース。


・畳コーナーの突き当りは書棚コーナー。見せたくない部分と見せたい部分に分けた収納。


・リビングに面した、将来の二世帯スペース。当面は、子供たちの遊び場。なぜ、この配置になったのかは、見学会の時にご説明します。
・冷蔵庫はキッチンとリビングからどちらも最短距離にありながら、リビング側から見えない不思議なレイアウト。
収納のクセをヒアリングして造作した作り付けの食器棚。
・トイレはネイティブディメンションズの定番TOTOレストパル。使い勝手にこだわったトイレドアのレバーハンドルとお客様こだわりの塗装色


・空間の無駄をなくした脱衣室レイアウト。出っ張らせたり、引っ込めたりして使いやすく。


・ネイティブディメンションズ定番の洗面所ですが、とんでもない仕込みが!見学会時の必見ポイントです。


・うける手摺。でも、使いやすい。
・階段をミニ図書館にしました。


・一人でも、二人でも、三人でも。自在に仕切れる子供部屋スペースに設置された全長6m40cmのカウンター。勉強机になったり、本棚になったり、ロフト階段になったり。


・家中を眺められるロフト。建物の一番高いところにありながら、リビングとのコミュニケーションも可能。
・廊下?寝室?境がないようなあるようなスペース。テーマは「吹抜けで1杯飲む」「今晩の酒の肴は家族の笑顔


・物干を兼ねたキャットウォーク。出しっ放しにしていい物干竿
・見せる!魅せる!クロゼット。丸見えなのに見えにくい。クロゼットからデザインが生まれるって聞いたことない。
・床下空間も日常の収納スペースとして利用できます。


・優しい桧のフローリングを採用。上質な空間を演出しています。
・壁や天井は卵の殻の様な質感を持つ塗装仕上げ。

こんだけ見せたいものあるんですけど、文字だとさっぱり分からないですよね。
ぜひ、遊びに来てください。
ネイティブディメンションズが一番大切にする「理由ある設計」をご覧いただけます。

※土日の都合が合わない方もご連絡ください。平日に時間調整してご案内いたします。
※小さい家に興味がある方、ミニストックに興味がある方、ネイティブディメンションズに興味がある方、私に興味がある方なら誰でも見学OKです。
是非お見逃しなく!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【坂の上の狭小住宅】3。二... | トップ | 平成から令和に(キャンプ編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

坂の上の狭小住宅」カテゴリの最新記事