native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

かいあく

2019-09-02 23:23:00 | ミニ・自動車
10月に生産終了が発表されたエスティマが一昨日納車されました。
ゆーても中古ですけどね。

とは言っても、我が家にとって装備が十分に良くなって娘なんかは目がしばらくハートになってました。

2代目から3代目になって私が一番気に入ってるのが、ハイブリッドバッテリーが3列目下から運転席脇に移動した事。
以前は3列目シートがバッテリーのせいでシートを格納することができませんでした。



それがこの型からは運転席脇に移したことで3列目シートを格納できるようになったんです。



完全に消えてしまう3列目シート


これでやっとハート君のケージを積むことができるー!

これができるできないは我が家ではとても大きな事でした。

ほんとマルチな車です。
なんでこれが生産中止になるのか、全然分かりません。

機能もサイズ感も我が家にジャスト過ぎるだけに。

ただし、1点だけ気に入らないところがありました。
前のエスティマのバックモニターは、なんの不自由なく使えていました。

確かめてないですが、おそらくガラスレンズだったんでしょう。

ところが今回のエスティマはカメラが樹脂レンズのため、小傷で曇ってなんも映らないんです。

フロントカメラ

完全なる乳白色
映るはずもなかろーて。

バックカメラ

も同様。

改悪するってどういうこと?
モノづくりする側としては、ちとがっかり。
それ以外が素晴らしい進化を遂げているだけになおさら。

トヨタって「カイゼン」で大きくなったんじゃないのぉ?

トヨタカイゼン方式曇った?





コメント   この記事についてブログを書く
« 心の旅 | トップ | 姿勢の見本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミニ・自動車」カテゴリの最新記事