native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

冷蔵庫や洗濯機はありかもしれない。

2019-06-06 21:28:43 | 建築法規・施策
6月3日より次世代エコポイントの申請受付が始まっていますので、今日は申請書類の書き方講習会に参加してきました。

注文住宅、分譲住宅、完成済み分譲住宅、戸別リフォーム、若者・子育てリフォーム、一括リフォームに分類されていて、その中から該当する書類を提出してください。カテゴリーによって、書き方が違いますだって。

めんどっ!

僕は一体どの書類で申請すればいいんですか?っていうのが、素直な感想ですが、
不備があった場合、受付窓口は絶対に受理しないように通達がでています。


新築で約1000億円、リフォームで約300億円の事業です。
お金に目がくらんで、われ先に焦って申請して不備だらけ。だけど一応受付してもらったからポイントもらえるもんね~。
を防ぐため。

確かに・・・

新築の場合で1戸あたり最大35万ポイントもらうことができます。
つまり全国の約286000戸に分配される予定。

今年の10月以降にお引き渡しする物件が対象となります。締め切りは来年の3月末まで。ただし、予算がなくなり次第終了します。


ネイティブディメンションズでも現在設計中の数棟が対象になりますので、間違えるわけにはいきません。
お勉強してきました。

これで、皆さんのもとに¥35万ポイントをお届けすることができます。
ご安心ください。


ところで、35万ポイントで何が交換できるのか。

まだすべて出ていませんが、徐々に交換商品が発表されています。
こちらのリンクから商品をご確認ください。

ただし、注意!
商品の交換はお引き渡し後に申請して、順調に進んでも3か月後くらいに受理されて、そこから商品の交換申請をすることができます。
つまり、引っ越し直後に必要なものと交換することは超危険。

エアコンなんかと交換しちゃったら、しばらく無暖房無冷房の期間を過ごさなくてはいけません。

まぁ、だから今回の制度はあんまり評判が良くないわけですが・・・。

さっと見た中では、冷蔵庫、掃除機、洗濯機辺りなんかいかがでしょうか。
とりあえず今までの使って。

電動自転車も欲しいけど、高いからなぁと思っていた方。交換できますよ。チャンスです。

カテゴリーに「キャンプ用品」もありました。
そちらが充実しないか要チェックです。

皆さん、どれにします?
コメント   この記事についてブログを書く
« 撮影の旅 | トップ | 【坂の上の狭小住宅】対決!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築法規・施策」カテゴリの最新記事