native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

「サトウ工務店×ネイティブディメンションズ_コラボ04」新潟らしくない家(偏見)

2021-03-20 18:08:36 | こだわり設計
熊本の震度7の地震に2度耐えたという触れ込みの「耐震等級3」さん。

建築基準法の1.5倍の地震力で構造計算しないといけないので、自由度のないふっつーの真四角な無難な建物かつ窓も少なくしないと難しいとごく一部で噂になっていますが、そんなこともありません。
すごくバランスの悪そうな建物に見えますが、こちらも耐震等級3。

「バランスの悪そうな建物」を設計テーマにしちゃう変な建築士。
敷地形状から駐車スペースを引き算したところ、このスペースしか建てられるスペースがなかったので仕方なかったのですが、「仕方ない」にしたくないじゃないですか。
っていうか、駐車スペースを決めたの私だし。

仕方ある形なんです。


上の画像の通り、正面右側に階段が見えます。
コチラから玄関に続きます。
玄関はもちろん杉板張りバージョン。
道路から玄関が見えないくせに、階段上がっても玄関ドアが分かりにくい設計。

嫌がらせ建築士と呼んでください。

さらに玄関とは逆の左側に駐車スペースを設けるもんだから、玄関まで遠くなって、いよいよだなってなるわけですが、
左側にも出入口があります。

こちらは、ご主人の趣味でもあるサーフィン専用出入口。
自動車のトランクを開けると、勝手口がすぐ目の前。
道具の出し入れが簡単な設計になっています。

そして、勝手口前にはシャワーを設置。
カルフォルニアでしか見たことなんですけど付けてみました(偏見)

そして、勝手口から入るとそこは収納スペース。
サーフボードを飾ったり、メンテナンスしたり。
キャンプ道具も片付けられるので、ご家族の趣味スペースと収納スペースを兼ねています。

そして、この外部収納は、先に進むと玄関とつながります。

一昔前まではサーフィンって新潟らしくない趣味と思ってましたが、今では海沿いを走ると沢山サーフィンを楽しんでいる方を見かけます。
Wさんも隙間時間を見つけてすぐ海に行っちゃう方。

これから最高のサーフィンライフを過ごしていただければと思います。



コメント   この記事についてブログを書く
« 「サトウ工務店×ネイティブデ... | トップ | 【ministock-04】傾向と対策-... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

こだわり設計」カテゴリの最新記事