田中大介ブログ2

日本の国家安全保障 田中大介
https://www.daisuke-tanaka.com/

桃井かおり堤真一の「鳥の歌」

2018-03-20 18:05:19 | 映画
1988年 NHK大阪


売春婦          桃井かおり

政治結社の男       大地康雄

スキャンダル写真家    堤真一

アイドル歌手       田中美奈子

開発公団幹部       児玉清

飲み屋の客      Mrオクレ/村上ショージ


開発公団幹部・(児玉清)は上司に車でアイドル歌手(田中美奈子)に会うよう指示され会うとが、スキャンダル写真家(堤真一)のラジコンヘリで盗撮され、週刊誌に売られスキャンダルとなる。

超弱小政治結社の男(大地康雄)は開発公団幹部を拉致し、真相を追究しようとする。


実は政治結社の男、スキャンダル写真家、写真家の恋人の売春婦(桃井かおり)は政界の大物の依頼で開発公団幹部をはめて、幹部1人に公団汚職の罪を被せようとしていた。


拉致された幹部は汚職罪を犯したと洗脳されそうになる。


必死に無実を主張する幹部。アイドル歌手に合わせて無実を証明させろ、と言う。


しかし、世間ではスキャンダルと汚職で幹部は逃亡したと報道されていた。


政治結社の男はもともとは理想に燃える男だったが、政界大物に出会ってから政治ゴロとなり、恋人だった桃井にも捨てられていた。


スキャンダルカメラマンの堤は、桃井が売春することに心を痛めていた。


桃井は堤の反抗心についに折れ、売春を止める。


政界大物は、政治結社の男に開発公団幹部殺害を指示する。

保守ランキング

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バッファロー吾郎、相方を誹... | トップ | 現代日本の安全保障とマス・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事