田中大介ブログ2

日本の国家安全保障 田中大介
https://www.daisuke-tanaka.com/

借金苦アフガニスタンで自殺

2018-07-05 20:16:32 | お笑い
元「ゆーとぴあ」の「ほーぷ」は借金が1億円以上になり、返済は絶望的だった。

死んで家族に保険金を残すため、アフガニスタンへ旅立った。

アフガニスタンでも特に危険な地域をまわり、最前線まで行った。

最前線では兵士と戯れ、行く先々で「ごむぱっちん」をやると大爆笑だった。

兵士たちも「ごむぱっちん」を気に入り、こぞってやった。

自分の芸が世界で受けたことに自信をつけた「ほーぷ」は日本でやり直すことを決意、


帰国してスナックをやっていた「ぴーす」を芸人の世界に引き戻し「ゆーとぴあ」を再結成した。



保守ランキング

コメント

気弱な保安官スタローン「コップランド」

2018-07-05 20:05:13 | 映画
コップランド

COP LAND



シルヴェスター・スタローン



ハーヴェイ・カイテル

レイ・リオッタ

ロバート・デ・ニーロ

マイケル・ラパポート

ロバート・パトリック

ピーター・バーグ


監督 ジェームズ・マンゴールド

脚本 ジェームズ・マンゴールド

撮影 エリック・アラン・エドワーズ

音楽 ハワード・ショア

製作 ケアリー・ウッズ

キャシー・コンラッド

エズラ・スワードロウ


製作総指揮

ボブ・ワインスタイン

ハーヴェイ・ワインスタイン

メリル・ポスター



ニュージャージー州ギャリソン群はNYPD警察官のベッドタウンになっていた。

ギャリソン郡保安官のフレディ・へフリンはかつて自動車が川に転落したのを助けたのが原因で耳が悪くなり、NYPDの試験に落ちつづけギャリソン群保安官の地位に甘んじていた。

NYPDのレイはギャリソン郡に住むNYPD警察官を取り仕切るドンであった。

ある日、レイの甥でNYPD警察官のマレーは当て逃げにあい追跡する。当て逃げ車から銃のようなものが向けられたため発砲したが、それはハンドルピットだった。

レイは事件を揉み消そうとするが救急隊員に邪魔をされてしまう。

その時、マレーが川に飛び込んだ。





保守ランキング




コメント

現代日本の安全保障とマス・メディア195朝日新聞2005/2006

2018-07-05 02:05:12 | 安全保障
https://www.daisuke-tanaka.com/国家安全保障とマス-メディアについての論文/






朝日新聞 2005年の主張



 2005年12月11日朝刊の社説、「前原発言 外交センスを疑う」
と題し、
「もうひとつ気になる発言がある。中国の軍事力は『現実的脅威』であり、『毅然とした対応で中国の膨張を抑える』などと語ったことだ」
と、
中国の軍事力急増の事実を認めようとしていない。(注38)







朝日新聞 2006年の主張



 2006年7月12日朝刊の社説、「先制攻撃論 短兵急に対応するな」
と題し、
「専守防衛を変更すれば、北朝鮮だけでなく、中国、韓国などの周辺国を刺激するのも避けられない」
と主張している。(注39)



2006年11月11日朝刊の社説、「核を持つ 日本を危うくするだけだ」
では、
「この地球上に核を増やすのではなく、なくす方向で世界と自分自身の安全を考える。それが日本の役割であることを忘れてはならない。」

理想論を述べている。(注40)




2006年11月30日朝刊の社説では、
「防衛『省』 あらためて昇格に反対する。」、
「『不戦60年』と言うべきではないのか。軍事に重い価値を置かない、新しい日本のあり方の象徴であった。国防省や防衛省でなく『防衛庁』としたのも同じメッセージである。」と
述べている。(注41)


https://www.daisuke-tanaka.com/国家安全保障とマス-メディアについての論文/


保守ランキング





コメント

現代日本の安全保障とマス・メディア194読売新聞2005/2006

2018-07-05 01:52:41 | 安全保障
https://www.daisuke-tanaka.com/国家安全保障とマス-メディアについての論文/



読売新聞 2005年の主張

 2005年2月16日朝刊の社説で、「自衛隊法改正 ミサイル防衛強化への一歩だ」と、自衛隊法改正を評価している。(注57)



読売新聞 2006年の主張

 2006年3月27日朝刊の社説で、「自衛隊統合運用 陸海空一体へ体制作り急げ」と三自衛隊の統合運用を勧めている。(注58



https://www.daisuke-tanaka.com/国家安全保障とマス-メディアについての論文/



保守ランキング



コメント