磨り減った山靴2

履きなれた靴で雨の日も風の日も思い出一杯奮戦記。

継子の尻ぬぐい!

2018-09-15 10:17:50 | 日記

「継子の尻ぬぐい」・・・とは凄い名前です。

昔は継子扱いなどと・・言われた時代もありましたが?

図鑑には「茎や葉に鋭い棘があり痛そう」から付けられた名前だそうです。

昔・・山歩きをしていてチリ紙が無くて、フキの葉を利用したことありますが大変でした。

ママコノシリヌグイの花は小さくて可愛いですが、痛い思いをするので葉や茎には触れない事。










ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヒガンバナ! | トップ | 大入道の笹刈り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピオの父ちゃん)
2018-09-16 08:53:57
意味は「この草の棘だらけの茎や葉から、憎い継子の尻をこの草で拭くという想像から来ている。韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれる。」だそうです。


人間だもの・・・
見事な表現! (なため)
2018-09-16 18:39:47
ピオの父ちゃん!
それにしても見事な表現ですよね?
継母・・・・この言葉消えました・・・と思うのですが?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事