夢屋だより

那須高原・古民家のカフェ夢屋より、カフェの新着情報・染め織りの記録、その他つれづれ日記などをupします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糸紡ぎ&ウールの日本茜染めWSでした。

2018年01月19日 | 工房日誌


1月11日は、いつもの糸紡ぎの会でしたが、原毛を草木染めしたいとのご要望で、日本茜でウールを染めるワークショップを同時に開催しました。草木染めは、染料を煮出したり媒染などの時間も結構かかりますが、その待ち時間に糸紡ぎをしようというプランです。
ウールは媒染・染色と2回火にかける工程があり、それぞれ80℃まで温度を上げたあと、30℃くらいまで冷まさないと洗いの工程に移れません。そのため、11日は媒染工程と染料の煮出しを行い、12日に染め工程を行いました。



日本茜は、那須地方ではよく見かける野草ですが、染料となるのは根だけで、染色に使えるほど集めるのは大変なことです。今回は、ワークショップに参加された方のおひとりが集められたものを、ありがたく使わせていただきました。

日本茜の根は一晩水につけてよく洗い、ゴミなどを取り除いて細かく刻みます。
酢酸を加えてpH4くらいに調整した水で煮出します。





原毛は洗濯ネットに入れ、毛糸はそのままカセにして染めに入ります。





きれいなピンク色に染まりました。



空き時間にしていた糸紡ぎの作業。







雪景色の中に暖かいあかね色が映える冬の一日でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加