nasu_star's blog

那須で自然に親しみ、星と自然を愛するブログ

床暖房の季節2019 スイッチON

2019-11-06 17:40:58 | 住まいの情報
昨夜は冷えて来ました。
今朝も外は4度とか言ってました。
家の中はそれでも19度ありましたが、やっぱり足元が冷えて来て寒いです。
私の家は一条工務店での全館床暖房になっています。
(階段とか物置、押入れ等以外全て)

同じ19度の室温でも、床が暖かいかどうかで全く体感温度が違います。
昨夜、深夜電力時刻の23時に今シーズン初めての床暖房のスイッチを入れました。
まず、ちゃんと水流のバルブを開けましょうね。
2箇所のバルブを緩めた後に必ず引っ張ってバルブを上まで上げます。


それと、不凍液の量のチェックをしないといけませんが、昨夜は遅かったので今朝確認しました。


中を確認すると・・・
チョッと少なめ。
8年間一度も液を追加したことはありませんが、今年は少し足すことに。
8年前は中間付近に黒くなっている部分辺りまで入っていましたが徐々に蒸発等により減って来たのだと思います。


家を建てた時に使った残りの液を頂いていたので、これを入れます。




これでOKです。

で、温度設定は前シーズンのままデータが記憶されているので、そのまま運転開始です。
室温も若干上がりますが、それよりも床暖房による足元が暖かい事がなんとも快適です。


今日から冬仕様です。
何時も言いますが、私の家は「暖かい家」ではなく「寒くない家」です。
自分の設定次第です。
23度の床下のパイプ内の不凍液の温度で部屋の気温は約20度になります。


冬は冬なりの服を着て暮らすのがいろんな面でいいんじゃないでしょうか?
冬に半袖で居られるほど部屋を暑くしたところで、外に出たときに気温差で倒れますよね。脳溢血や心筋梗塞で。

家の中、どこに行っても気温差が無く、暑くもなく自然に過ごせる環境が省エネ的にも健康的にも良いと思います。
これが実現できるのが全館床暖房なんです。

コメント   この記事についてブログを書く
« きれいな夕焼け | トップ | おでんの素で鍋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住まいの情報」カテゴリの最新記事