大田区議会議員 奈須りえ   フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁 
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@)
◆メルマガ始めました お申し込みはメールで

世界が水道を公営に戻しているのがわかるドキュメンタリ映画「最後の一滴まで」12月25日上映会します

2018年12月12日 | ●イベント・集会など

世界は民営化した水道を再公営化しています。水道料金が上がり、水質が悪くなったからです。
海外で危険だとわかり、国内市場では売れなくて、新たな市場として日本がターゲットにされた、アスベストの事例を思い起します。
アスベストについては、日本でも知っていたのに輸入し作って売り続けていたのではないか、という指摘もあります。アスベストと同じ過ちを繰り返してはなりません。


 

【最後の一滴まで上映会】

 世界と日本の水事情から考える水道民営化

12月25日 


一部 映画上映 14時~15時
トーク  15時~16時半
スピーカー 奈須りえ


二部 映画上映 18時半~19時半
トーク19時半~21時
スピーカー 内田聖子 アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長

参加費¥500

入新井集会室 大集会室

〒143-0016 大田区大森北一丁目10番14号

  • 地図
  • 交通アクセス
    JR京浜東北線大森駅下車東口徒歩約3分

 

主催 最後の一滴まで上映会 実行委員会

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 公の施設運営の民営化=指定... | トップ | 聞いて始まる言って良くする... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヨーロッパの隠された水戦争 (ictkofu)
2018-12-12 22:33:26
情報ありがとうございます。
検索して原典が分かりました。
このコメントのURL欄に設定したページ・・・
誰のための水道民営化?
ドキュメンタリー映画『最後の一滴まで―ヨーロッパの隠された水戦争』日本語版制作

コメントを投稿

●イベント・集会など」カテゴリの最新記事