大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁 
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@)
◆メルマガ始めました お申し込みはメールで

田園調布住民224筆署名も無視:リニアの大深度地下使用の認可手続きの形骸化 土地の所有権が企業に奪われる

2018年08月19日 | リニア

田園調布を中心に224筆の署名とともに、JR東海に文書で説明会を求めましたが、電話で拒否されたそうです。   

大深度地下法は、それまで土地の上下に及んでいた権利のうちの、地下の「使っていないところ」を公共の利益になる事業で、要件を致した場合に使わせるという法律です。
しかも、その場合にも、その損失について事前に保障することが定められています。

これを、事業者に使わせるうえ、事前補償ではなく、事後補償に変えてしまったのが大深度地下法です。

憲法に歌われている規定や、その運用を大きく変える法律なので、事前の説明をすることを当時の国土庁局長も発言していました。(国は、法律通すために、地権者が知らないままの形式的な説明会でも、良いと思っているのでしょうか。国がJR東海に説明会するよう指導すべきですね)  

ところが、説明会、公聴会は開催されましたが、現実には、多くの地権者は、情報提供されないまま、国は、大深度地下使用の認可をおろそうとしています。

コメント   この記事についてブログを書く
« ソウル社会的経済支援センタ... | トップ | 正義の無い時代の新自由主義 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リニア」カテゴリの最新記事