大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁 
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@)
◆メルマガ始めました お申し込みはメールで

フェア な民主主義 奈須りえ区政報告会 「これで良いの?!大田区」12月11日18時30分〜

2019年11月24日 | ●イベント・集会など

意外と知らない、暮らしと政治の関係について、大田区の具体的な事業や施策を通じて報告します。  

12月11日18時30分〜

大田区消費者生活センター大集会室

https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/manabu/s_center/index.html

参加費 500円

信じられないかも知れませんが、最近の官僚はニーズを叶えることが政策だと思っているフシがあります。

ニーズだけで政策のない政治は、多くの人が望んでいるアンケートで決められる、市場調査のようなものです。国民のニーズを税金で買うのが、日本の政策なら、日本の税金の使途は社会保障のためではなく、市場経済のために使われるようになった、ということですね。

居場所が欲しい、運動する施設が欲しい、子どもの貧困のために子ども食堂に支援しよう。

一見良いことですが、特養や認可保育園が足りないのに、趣味の活動の場に多額の税金が投入され、体育館やグラウンドの整備が進み、行政が委託や民営化で低賃金雇用を増やしているのに、その子どもたち全員に届くかどうかもわからない子ども食堂には、補助金が支給されます。

 

やっていることに矛盾がありますし、優先順位も違います。

こういうことの積み重ねが、今の日本の状況を作っています。

 

私たちの消費は下がっているのに、どうして税金で買う「モノ」は増えるのか。可処分所得が減るから消費が減るのに、何故、増税してさらに可処分所得を減らすのか。社会保険料の負担は増え、税金は上がるのに何故安心が得られないのか。

知るきっかけになるかも知れません。

政策という社会をコントロールするツールを市民が手にした時、私たちの暮らしは劇的に良くなると思っています。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 【区民は不正を許さない 】大... | トップ | 【第四回定例会質問:動画付... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

●イベント・集会など」カテゴリの最新記事