東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

みんなでつくろう!東浦のみらい
まちかどからみなさんにお話しさせていただく5日間に。

みんなで作ろう!東浦のみらい

2019-01-28 | 日記

みんなで作ろう!東浦のみらい
成瀬たかこ議会報告

2月5日(火)10時~12時
東浦町勤労福祉会館 2F 会議室2

年明けから各所でご案内してきましたが
来週となりました!

活動報告もしますが、
参加者みなさんと私の対話、
参加者同士の対話の時間を持って、
楽しい会にしたいと思っています。

成瀬たかこを知っている人も、知らない人も、
ぜひ会いに来てください!

まちの未来につながるヒント、一緒にさがしてみませんか?


ご予約不要でふらっとお越しいただけます
・・・が、事前にご一報いただけると準備がしやすいのでとーっても助かります。


facebookイベントページもありますので、参加ポチ、または「興味あり」ポチ、よろしくお願いします。

コメント

ビフォーアフター

2019-01-27 | 日記


ほぼ月一の、地域のまちづくり実行委員会の活動日。

緊急時に困らないようにと、屋外設置の消火器・消火栓ホース格納箱の整備を行っています。

半日かけて2~3か所、中のホースの埃を払い、外箱のペンキ塗りです。

わたしはほとんど戦力にならない(当てにされてすらいないかも?)ので、周囲のごみ拾い、養生貼ったり剥がしたり、写真を撮ったりのお手伝いです。







やっぱりこんな時頼りになるのは、腕に覚えのある先輩の方々。

テキトーなことをくっちゃべりながら、作業はスイスイと進みます。






あとでペンキが乾いた頃に、区長さんが自主防災会の白文字の表示を貼ってくださいます。

今回も Hさん、Gさん、Nさん、区長さん、日曜朝早くからありがとうございました。

近隣のみなさまには、作業の物音と話し声でお騒がせいたしました。

コメント

住みやすさへの小さな一歩

2019-01-24 | 日記






ご相談を受けていたごみステーションが設置にこぎつけました。
わたしは環境課さんにお繋ぎしただけで、区と課が調整に動いてくださったものです。
今回のケースは、地主さんから「この場所を使ってください」というもので、それでもここまで半年程要したでしょうか。
元々このエリアはステーションが遠く、高齢世帯になれば同じ距離でもさらに遠く感じられるようになってしまいます。
若くて元気な人は苦にならない距離も、高齢者が大きなごみ袋を下げて行くには大変なことで、ごみ捨てのために車を出すこともあるとか。
いつかは誰でも…、人ごとではありません。
ここはまずは燃えるごみのみの扱いとなりますが、それでもちょっとだけ生活の利便性は高まります。

ご尽力いただいた各方面には、感謝申し上げます。ありがとうございました。


コメント

インフルエンザ

2019-01-23 | 日記

インフルエンザが大流行しています。
必要以上に怖がるのもどうかと思うけれども、やっぱり怖い。
長野では小学生の死者も出てしまった。
東京では、乗務員にインフルエンザが多数発症し路線バスが減便となった。
先週、家人がインフルエンザA型の診断を受け、仕事を休んで何日も自宅休養となった。
さて、感染経路は、いつ?だれが?どこから?
幸いわたしは発症しなかったようだが、
ウィルスを身にまとって不用意に出歩くことは拡散の可能性も心配され
結局わたしも多くの時間を自宅で過ごすことになった。
家の中にもインフルエンザ、外にもインフルエンザ。
どこにいても気が抜けない毎日は結構疲れますね。
人が動けばウィルスも動く、と思うと社会活動全般が大小何かしらの影響を受ける。
「お体ご自愛ください」とは時候の挨拶でよく言うけれども、
このところは身をもって、心からこの言葉を口にしています。

コメント

放置自転車

2019-01-18 | 日記

マンションの敷地内の通路の目立つところに、自転車が何日も置きっ放しになっていました。
住人だったらまず停めないような場所です。
最初は倒れていましたが、誰かがスタンド立てて隅に寄せてくれたようです。
自転車そのものには、パッと見たところ目だった損傷はなさそうでした。
県警の防犯登録証が貼付してあるので思い切って電話してみたら、淡々と聞き取りをされました。
該当の盗難届は無く、場所が私有地内なのでそちらで保管等しておいてくださいとのこと。
どうしても見に来てほしいというなら向かいますが…と、現地確認にも来ない。
およそ想定内の対応ではありましたが。
自転車には隣の市の公立中学の通学自転車ステッカーと思われるものも貼られていたので、その学校に電話して説明したところ、「調べてみる」と一旦電話は切られ、すぐに折り返しが来ました。
その自転車の生徒から、盗られたと学校には報告されていたとのこと。
下校後の時間でもあり本人とはまだ連絡つかないけれども、学校から先生が引き取りに来てくださることになりました。
待つこと30分程で、日暮れ寸前、先生が2人で見えて車に積んで行かれました。
自転車が置かれていた日数を考えると、短く見積もっても1週間ほどは、その生徒さんとおそらくご家族も、不快な不自由な思いをされていたと想像されます。
こんなことならもっと早く行動すればよかったと思います。
誰がどうしてその自転車を置いて行ったのか謎は解決していませんが、まずは持ち主の生徒さんの元へ無事戻りますように。

 

コメント