東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

みんなでつくろう!東浦のみらい
まちかどからみなさんにお話しさせていただく5日間に。

東浦町の次の4年間にむけて

2015-07-29 | 日記

7月28日、東浦町長選挙が1日で無投票当選と言う形で終わりました。
現職 神谷明彦町長のもう4年間の続投が決まりました。
町村長の選挙運動期間は5日間(火曜から土曜)とは言え、この猛暑の中1日で終わったことは運動員はじめ選挙を応援する方々にとって幸いであったことは確かです。
しかし立候補した人が何の審判も受けずそのままなってしまったことは手放しで喜べる事態ではありません。
町民は「自分たちが選んだリーダー」という意識は持ちにくく、それはそのまま町政への関心が薄れ、主権者意識が希薄となる懸念につながります。
前任者の長期政権を破って、それまでの町行政があまり力を入れてこなかった住民参加、協働に大きく舵を切った4年間。
結果を出すにはまだ時間が足りないとは思いますが中間評価として、方向がこれでいいのかどうかを有権者に問うチャンスが今回の選挙でした。
住民の間で、議会内で、町長に対して厳しい意見もありました。
それでも対抗馬を擁立するところまでは行かなかったし、「ならばわたしが!」という気骨のある方も現れませんでした。

神谷町長は町議選挙のころからの支援者・仲間を今もとても大事にされ、
団体の動員はかけない、一人ひとりの気持ちに応えていくスタイルで今回もそれは変わりませんでした。
選挙期間中は、自ら街宣車に乗り込み、町議時代と前回の町長選のときは一日数十回という街頭演説で
辻々で政策を訴えての5日間でした。
今回も、直に有権者に話をして判断していただくというプロセスを神谷さんご自身もひょっとしたら楽しみにしていたのではとわたしは想像しています。
有権者みなさんにとっては4年に一度の貴重な意思表示の機会がなくなってしまった
ここで、議会の役割を考えると身の引き締まる思いです。
私自身も町民の声をよく聞き、研鑽を積み、神谷町政が暴走しそうなときには止め、こうすればもっと良くなると提案する「善政競争」を、これからの4年間も正々堂々と展開していこうと一議員として決意した日となりました。

コメント

夏のお祓い

2015-07-26 | 日記
昨日の夜は地元の氏神様「伊久智(いくじ)神社」の夏まつり。
茅の輪くぐりをして、日頃のお礼と無病息災をお願いしてきました。
今年の夏も暑過ぎる…。
自分でできる体調管理だけでは乗り切れないかもしれないと不安になります。
そんなわけで神様にも、お願いを。
茅の輪を玄関の外に掛け、家族の誰も熱中症などなりませんように。
(熱中症が外からやってくるとは限りませんが)





みなさまも、どうかお気をつけて。



コメント

景観シンポジウムにて

2015-07-25 | 日記
こういう小道具、好きです。



コメント

みどり浜緑地多目的広場竣工式

2015-07-25 | 日記








コメント

ボスターは何枚貼られるのか

2015-07-24 | 日記

今日は朝一で東浦町総合教育会議第1回の傍聴のため役場に。
「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に基づき、設置された新しい会議です。
町長と町教育委員会で構成されています。
教育委員会の定例会とは別の場で、行政の長を交えて
東浦町の教育大綱を策定するため、
今年度中に少なくともあと2回、会議が開催される予定とのことです。
「大綱」の対象期間は4~5年を見通すものが想定されています。
とはいうものの、東浦町ではすでに27年度単年度の「教育行政施策基本方針」が打ち出されており、
本来なら「大綱」の方が先で、上位となるであろうものが
国からのお仕着せで後付けされるという状態になっています。
国の「教育振興基本計画」に合わせた内容となるのはまあ当たり前ですが、
そこに東浦町のオリジナルの部分をどれだけ盛り込めるかを
見守りたいと思います。

役場前には、任期満了にともない8月2日に執行される
東浦町長選挙のポスター掲示場が設置されていました。
町内約80か所、すべての設置が終わっているはずです。
現職神谷明彦町長が出馬表明しているほかは、
対抗馬の動きは不明のまま来週28日(火)の告示日が迫っています。
立候補届のしめきりは当日午後5時。
ポスターは何番まで貼られるでしょうか。

コメント