東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

みんなでつくろう!東浦のみらい
まちかどからみなさんにお話しさせていただく5日間に。

政治倫理条例のこと

2014-08-27 | 日記

午前中は議会改革特別委員会の政治倫理条例策定部会の第1回でした。

前回の特別委員会で、「政治倫理条例は必要」との意見が多数となり、

今後は「政治倫理条例策定部会」を立ち上げてそこでの作業に移ることとなっていました。

そして、各会派(一人会派も含む)から1名ずつに

議会改革特別委員会の正副委員長を入れた8名でこれから進めていきます。

全議員参加で議会改革特別委員会をスタートしては見たものの、

18人全員で意見をぶつけあって、積み重ねていくことは

実はこれまでしたことがなく、

特別委員会は開催されるたびにスリル満点でした。

どうやって前に進めたらよいものかと

委員長・事務局と打ち合わせを重ねて委員会に臨んでも

思い通りに着地できたことは今まで一度もありません。

それでも

ホワイトボードを委員会の場に持ち込んだり

グループ討議にトライしたりと

やりたいことをやらせてくれている議会のみなさんの心の広さには感謝しています。

さて

次回の条例策定部会は9月定例会のあとになりますが

今日の議論で提示されたポイントごとの

掘り下げ、他議会の実際の条文の研究となります。

3歩進んで2歩下がっていても、

1歩は進んでいますから、ね。

 

コメント

一緒に議案を見てみませんか?

2014-08-25 | 日記
お届けした通信にもお知らせしておりますが、
こちらでも告知させていただきます。

ギアンを見てみよう!第4回
 
 8月28日(木)19時より
 
 生路コミュニティセンター
 
 
9月定例議会が間もなく始まります。
...
出揃った議案の中から、いくつか選んで、中身を一緒に見てみませんか?
議案が通ると、わたしたちのまわりの何がどう変わるのでしょう?
自分が議員だったら、賛成する?反対する?
決める前に言っておきたいこと、聞いておきたいことがでてくるかもしれません。
それにはまず、議案をみることから!
年齢、性別、ご住所不問です。
お時間のある方はぜひご参加ください。

話題提供(準備中)
1.9月議会より
  提出議案・一般質問について

2.議案以外のものでもOK
  言いたいことを言い合い、聞きあいましょう。

ちょっと話してみたいな、という方は
資料準備の都合がありますので、ご一報いただけると助かります。

成瀬直電 090-2948-6042 でおねがいします。

8月28日(水)19:00より
生路コミュニティセンター 愛知県東浦町生路森腰1-1 
コメント

東中サポーター活動の日

2014-08-23 | 日記

朝一から母校でもある東浦中学校にうかがいまして

東中サポーターの活動の一環として

夏休み終了直前の恒例除草作業に参加しました。

恒例行事ですが、わたしが参加するのは実は数年ぶり。

同じくサポーターの仲間と一緒に、手と同じくらい口も動かしながら

いい汗かきました。

自分がきれいにしたのはほんのわずかな場所ですが、立ち上がって眺めては自画自賛。

 

夜は夜で

これまた東中サポーターの懇親会、久々の参加!

子どもが在学中の保護者だけでなく、

自分の子供はとっくに中学を卒業している人たちも(わたしを含め)、

楽しく懇親三昧。

23名もの参加があり、「やってよかった」と幹事さん。

4つのグループに分かれての「伝言ゲーム」では

わたしのグループは同点首位を獲得!

大いに盛り上がりました。

気持ちのいいみなさんと、

一緒に働き、一緒に飲み食いしゃべりの

充実した一日となりました。

なんだか 感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ありがとう!

 

コメント

8月28日は議案を見る日。

2014-08-22 | 日記

議会運営委員会にて9月議会の議案書を受け取りました。

決算書一式もありますので、物理的にも内容的にも重たいですσ(^_^;)

さて、お届けした通信にもお知らせしていますが、

このところ定例会開催直前に

みなさんと一緒に議案を見ながらざっくばらんに話してみよう、という

「ギアンをみてみよう!」。

今回は8月28日に開催します。

提案されている、子ども子育て関連条例制定は3本。

任期付き正職員の採用についての条例が出てきました。

25年度の決算と26年度の補正予算案もあります。

どの議案を取り上げようかただ今思案中。

自分の住む町のことでも、

「へえ、そうなんだ!」がたーくさんあります。

ぜひ、一度 一緒に議案をみてみましょう!

コメント

防災キャンプのふり返りから

2014-08-18 | 日記
参加者アンケートもまとまり、
スタッフみんなで防災キャンプのふり返りに集合しました。
どうしてこうも前向きな意見しか出ないのかしら、
この人たちは…
呆れるほどの濃い話し合いでした(*^_^*)
向き合っていることは、
地域の防災意識の醸成、とでも言いましょうか。
初めてやってみた去年は去年の、
今年は2回目だからこそ出てくる
反省がありました。
より多くの人に参加してもらえるイベントにするには?
楽しくするのはむしろ簡単なこと、でも
避難所の厳しさに気づき、
自分にできることを考えてみるきっかけにしてほしい、
という 立ち上げた目的は曲げないように。
お互いのキャラクターもわかってきて、
やり易くなって来たとは言っても、
地域の成長のためには、スタッフも入れ替えなく
全く同じで続けることは好ましくないかもしれない。
一歩づつでも、半歩でも前に進めたい、
という一人一人の気持ちが
建設的な話し合いになります。
どこからも強制されているわけではないので、
いつでも止めることはできるのですが、
もうやめよう、という意見は出てきません。
それどころか、
次はこうしてみたら、
こういうのも「アリ」だよね、と
アイデアが枯れることはありません!
たまたま同じこの地域に、
同じ時に住んでいるという縁から繋がっているだけ?
それでも
地域のこのチカラ、凄いです!





コメント