東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

みんなでつくろう!東浦のみらい
まちかどからみなさんにお話しさせていただく5日間に。

大府市議会傍聴

2011-09-30 | 日記
お隣の大府市議会の9月議会の最終日の傍聴に行って来ました。
大府市役所、数年前に立て替えられたまだまだ新しい庁舎です。
1階ロビーとB1の小会議室はお邪魔したことがありましたが、
今日は 最上階の傍聴席です。
数日前まで開催されていたわが東浦の議会フロアと比べると
まるで別世界が広がっていました。
5階の議場は部屋全体が円形になっており、
その周りを半円形にさながら桟敷席のように
6階が傍聴席です。
傍聴席から見下ろす形で議場を臨むと言う具合です。
東浦では議場と傍聴席が近く、
休憩時間などにはすぐに顔をみて声がかけられますが、
大府ではそのようなことはできません。
ことばでの説明だけではイメージしづらいかと思いますので、
レイアウトは大府市役所ホームページをごらんください。

さて、議会の内容について。
年間のルーチンである22年度の決算諸々の認定7件と、
意見書5件に続いて、
久永和枝議員に対する辞職勧告決議案の
質疑→討論→採決 がありました。
「辞職勧告」という事態になってしまった問題は、
議員の職にありながら、
市の事業委託を受けた学童保育所の代表を務めていたことが
大府市議会議員倫理要綱申し合わせ事項に違反していたというものです。
今期の大府市議会では、この件以前にも
2議員の公選法違反が発覚しており
(うち1名は現在も在職、1名は辞職)、
どのような見解でどう議決されるのか、
わたしを含め多くの傍聴者が見守っていました。

結果は 賛成多数で可決。
学童保育所の代表を務めていたとはいっても、
実際に便宜をはかったり利益を誘導した実績は認められなかったのですが、
ルールはルール、という結果です。
公選法違反で挙げられながら、現在も職にとどまっている議員には
辞職勧告までいかなかったのに、このバランスの悪さは。
という見方もあるでしょう。
だからといって、久永議員もお咎めなし、としては
「大府市議会ではなんでもアリ」、
「大府市議会議員倫理要綱はただのお飾り」、
と内外に示すことになります。

他市町の議会のことをとやかく言うのは
あまり良しとしないかもしれません。
気を悪くされた方がみえたら、申し訳ありません。
議員(特別職公務員)には、
していいこと、してはいけないこと、いろいろあります。
たとえば、
政治家は、選挙区内の人に年賀状や暑中・残暑見舞などの
時候のあいさつ状を出すことは禁止されています。(公選法147条より)
公選法自体、いつの時代のものだよ!っと突っ込みたくなる
内容の部分も確かにありますが・・・

議員自身が法をよく知り、身を律するのは当然のこと、
わたし自身も うっかり、知りませんでした、なんてことのないよう、
注意しなければ。




コメント

9月議会終了(成瀬討論全文はこちら)

2011-09-27 | 日記
昨日、9月7日からの20日間にわたる定例議会が終わりました。
個人的には なんとか乗り切った、というのが
素直なところです。

出されていた議案はすべて、賛成多数または全員賛成で可決されました。
町長退職金廃止の条例案もです。
以下は わたしの賛成討論全文です。



 議案44号 東浦町長の退職手当の支給の特例に関する条例の制定について
 賛成の立場から 討論いたします。
 賛成の理由は単純明快です。
 町には約200億円の借金がある。
 借金を減らしたい。
 返済に回すお金を確保したい。
 そのためには 出費を抑えることが必要。
 町長の退職金の支給を1回取りやめれば、それにより1880万円が確保できる。
 支給される対象である町長本人が 貰わなくてよいといっているのだから、それでよいではないか。
 ということです。
 これから税収の右肩上がりは期待できず、国からの交付金・補助金もあてになりません。
 町を家と、住民を家族と置き換えて見ますと、
 一家の収入が減っていくなら、家族の支出もそのぶんどこかでおさえるのは当たり前です。
 それを無視して、それまでと同じレベルの生活、出費を続けていけば、
 最悪破産という事態が待っています。
 ただ 家と町と違う点があります。
 家計では、親の借金を子どもは相続放棄することができます。
 町の財政の場合、親世代が残した借金を、子どもたちの世代は相続を放棄することはできません。
 現在おとなであるわたしたちは、次の世代へ町を引き渡すときに、
 負の財産を残さないというのはなにより大切なことだと考えます。
 そのために、まずできることからやっていく、本案を可決させることも、その中の一つと考え、
 賛成の意見とさせていただきます。



討論ののちの採決の結果は 14:3で可決。
反対が3名ありました。
ここでおかしいことが。
討論をしたのは4名、全員が賛成の立場からです。
反対の討論をした議員は ありませんでした。
反対ならなぜ反対なのかを述べるべきです。
親和会を代表しての賛成討論はありましたが、
反対を表明したのは その親和会所属議員のうちの3名です。
特に本件は、会派として賛成している議案に反対をするのですから、
その理由を述べ、発言者名とともに記録に残す必要があると思うのですが、
逆なのでしょうか。
委員会で意見は述べてある、ということかもしれませんが、
委員会の内容は、発言者名も残らない要約筆記ですし、
会議録として住民がいつでも閲覧できる本会議とは違います。

なーんともしっくり来ないうちに、とにかく閉会、となりました。
緊張が解けて、すこしゆっくりしたいところですが、
これから9月議会のまとめと報告、
つづいて次の議会に向けての勉強がまっています。
こうして 3ヶ月ローテーションの議員のお仕事が回っていく
ということです。
コメント

ふたたび議会運営委員会 

2011-09-22 | 日記
9月定例会最終日を前に、再び議運です。
各委員会に付託されていた案件の委員会採決の結果報告がありました。
委員会内での質疑内容は、ここでは報告されません。
本会議で委員長報告というかたちで読み上げられるのみです。
最終日の議事進行を円滑にするためでしょうか、
各議案について、
・討論の予定があるか?
・賛成・反対どちらの討論か?
を傍聴者も含め議運参加者全員にきかれました。
わたしは町長の退職金の件について、討論参加することにしています。
委員会で否決された件でもあり、結果がどうなろうと、
一議員として意見を述べておくべきと考えています。

別室の臨時傍聴席について。
本会議場の4日間でお1人のご利用があったとのことです。
議場の方が満席なら、と帰られた方もみえたかもしれません。
申し訳なかったです。

委員会傍聴について。
今まで議員も一般の方も傍聴希望は多くなかったようで、
今回に限っては希望者に対して傍聴席の準備が不十分でした。
こちらも、入室できずに帰られた方があったようにお聞きしています。
委員会室内のレイアウト変更で解消可能な問題と思われます。
次回への反省、要改善点です。
コメント

災害と議員

2011-09-21 | 日記
ちょっと大げさなタイトルから入ってみましたが。
3・11から半年を経てもまだなお復興のめどがたたない報道に
接するにつけ、こんなときに地方議員にできることって何だろう?と
考え込むことが多い今日この頃です。


台風15号で 役場に朝から災害対策本部が設置され、各公民館が避難所となりました。
予定では今日は議会運営委員会でしたが、順延の旨連絡がありました。
役場職員さんは 想定される規模に応じて、定めてあるとおりに、
対策本部に詰める人、避難所へ向かう人、巡回・報告する人、通常業務に従事する人、など
それぞれに配置につきます。

議員は?
正・副議長は対策本部に詰めます。
他の議員は 決められた仕事はありません。
さあ、どうする?
休校在宅となった子どものお昼ご飯の用意を済ませ、
とりあえず 防災服をはおって生路公民館へ。
事務所には区長さんと職員さん3人(うち1人は役場から)がいらっしゃいました。
避難してきた方は幸いみえず、
わたしも中に入って5人でメディアスのウェザーニュースを見ていました。
1時間に1回、各避難所から本部へ定時報告をします。
防災行政無線のため、他の避難所の状況もわかります。
わたしがいる間に生路公民館には
電話による問い合わせが1件、
土嚢の袋を分けて欲しい、と徒歩でやってきたおじいちゃんが1人。
避難所は4時過ぎに閉鎖されました。
今回は緒川新田地区で1世帯2名避難されたのみで
町全体としては大事なくすごせたようです。
たまたまです。
不幸にして大きな災害になった場合、
わたしのすべきことは何なのか?
考えているだけではだめ、
フットワークを普段から軽くしておくことから。

それともひとつ。
こんなとき、各自治体のホームページでは
どこまでの情報が出されているか。
東浦町のHPにリンクされている市町だけ見ても
トップページに台風15号の文字が出ているところも、
そうでないところもありました。
東浦は ちゃんとありました。
そして特設ページの内容も、
コミュニティバスの運行状況やゴミ収集の有無まで出ているところがあったりとさまざま。
東浦には河川監視カメラの映像が10分刻みで更新されていましたが、
台風15号関連として目立たせることはされておらず、
うーん、おしい! と思いました。

まちの政治も、防災取り組みも
これからは住民参加が理想です。
みんなで意見を、手も口も出し合っていきましょう。
コメント (1)

農業委員会傍聴

2011-09-20 | 日記
思い立って、
農業委員会の傍聴にいってきました。
実はプライベートで産業課の職員さんとお話する機会があり、
農業委員会は傍聴できる会議で、毎回傍聴席も設けているが
傍聴者があったためしがない、と残念がっているようなご様子。
それでは、せっかくなのでお邪魔してみましょう、ということで。
ノーアポでうかがったので、事務局さんもかなりおどろいてみえました。

今日話し合われていたことは
農地の各種届出(転用や権利移動、改良に関する、など)の
受理・承認が主でした。
一件一件がどうしてもある程度プライバシーに立ち入った話になるのは必然。
権利移動や転用の理由が正当であるかを審査するわけですから。
その点については、「お手元の資料にあるとおりです」とされ、
そこまでの資料を提供されていない傍聴者には
個人名はわからないように、ちゃんと保護されていました。
驚いたのは、
農地の説明をするにあたって、処番地を言われれば、
委員誰一人地図を確認することなく頭の中に絵が浮かんでくるようで。
みなさん さすがです。
そして、一件ずつ真面目に検討してみえました(当たり前ですが)。

行政の仕事をわかるために、
各課にお伺いしてお話を聞かせていただくのは
手を止めていただかなくてはいけなくて恐縮ですが、
普通に催されている会議をリアルタイムで聞くのは
その申し訳なさもなく、現場としてわかりやすいので
これからも機会があれば各種会議におじゃまするのもありだと思いました。

今日は ありがとうございました。



コメント