東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

東浦町議会の16分の1を発信しています。

交流促進、地域の連帯。

2011-08-31 | 日記
公民館で区民体育祭の実行委員会がありました。

生路は東西南北の4組に分かれての競技がいくつかありますが、
各組の児童数の差が 最大約3倍まで開いてしまっています。
年々広がる人数格差は毎年、問題にはなっているようなのですが、
隣組、子ども会、中学校、などそれぞれの事情も絡み、
手を付けようにもなかなか手を付けられないというのが実情のようです。
児童数のバランスが取れていないと、
児童が多い組では 競技に参加できず、あぶれる児童が出ます。
そのために「オープン参加」競技も用意されています。
逆に少ない組では 1人で複数の競技を掛け持ちしなければならず、
保護者も当然少ないですから、家族総動員、
我が家も4人で次から次、殆ど応援どころではない年もかつてありました。
(参加賞?のゴミ袋を大量にGETでき、あとあと助かりました。)

区民体育祭の実施目的は

 地域住民の世代を超えた交流促進の場として、
 良好なコミュニティの形成と地域の連帯を高めること。

狭い意味での「地域の連帯」と捉えれば、組分けの線はコロコロ変えない方がいい?
「交流促進」には 組分け線は人数比でしばしば変えても構わない?
それこそ、地区にこだわらず、全体をシャッフルしてしまうこともアリ?
組分け方法を見直すと、参加者、運営サイドにそれぞれどんな影響が出る?

今年の体育祭終了直後の反省会の場で、
実行委員会で話し合うことになりました。
アツくなることもないかも、なんですけど。
話し合ってみれば
このままでいい、このままがいい、と結論がでるかもしれません。
ですが
そういう話し合いの場を持つこと自体が
いいことなのだとわたしは思います。

何か 組分けのいいアイディアは ないものでしょうか?




コメント

一般質問が出揃いました。

2011-08-31 | 日記
28日防災訓練の記事が書き終わり、アップ直前まで来て消失と言うアクシデントがあり
へこんでおりました。
スミマセン。

さて、
役場ホームページでご覧になった方もおいでかと思いますが、
9月定例会の一般質問通告が29日にしめ切られ
各議員からの質問が出揃いました。
日ごろから取り組んできている問題や
新町長のマニフェストについてのものなど。
公開されている質問項目は大きな題目だけですが、
実際の質問はそこから(1)~(3)とか
さらに ア、イ、…と細目にわかれています。

わたしのはというと

1 町長選挙について
   投票に行くのは一番手っ取り早い政治への自らの意思表示。
   ひとりでも多くの人に参加して欲しい という気持ちから、
   先の町長選挙でギモンに思ったことを聞いてみます。

2.市制移行への今後の取り組みについて
   実はわたしが議場に行ってみよう、と思った直接のきっかけとなったのが この問題。
   あくまでわたしの感じている限り、なかなか同じにならない行政と住民の温度。
   人口確定をただ待つだけでなく、その間に少しでも
   住民の不安や誤解(あるとすれば)を解消することが
   できるといいのですが。

3.町の施策への計画段階からの住民参加について
   三丁公園整備事業が進められています。
   みんなから集めた税金を使って造り、
   みんなから集めた税金を使って維持管理していく公園です。
   自慢できる財産になるか、子どもへのツケになるか・・・。
   人が集まり、愛される公園にするために、今できることは?
   三丁公園だけでなく他の事業にもおきかえて考えて見ましょう。


今、役場の中では 16人から投げかけられた質問の回答用に
各担当課がいろいろ準備をしていると思います。


   
   
コメント

9月議会で話し合われること―「これいくらだった?」

2011-08-27 | 日記
自治体議会のきほんのき、
定例会は3・6・9・12月に開催されます。
中でも9月定例会は 前年度(4月~3月が1年度)の決算認定が行われます。
プラス
報告、認定、同意、議案、請願といったものの
それぞれ説明、質疑、採決などがあります。

議会運営委員会では そのための事前資料がいただけます。
わたしの手元には今それが一山あるわけです。
中で一番ボリュームがあるのが
「平成22年度 東浦町決算書及び決算説明書」
町が行った有形・無形の様々なことがらには
一体どれだけのお金が使われたのか?といったことを
知る手がかりになるものです。
反対に、町にはどんな名目のどのくらいの金額の収入(歳入)があったのかも。
みなさんの身の回りの町の仕事、
これっていくらかかったんだろう?って気になっているものは
ありますか?
わたしの手元の資料でよければ お見せいたします。
そして担当課に聞きに行くこともできます。
9月定例会の前でもあとでも結構です。
とくに聞きたいことがらがなくても、
「どんな資料なの?見てみたい!」でも
オッケーです。
お気軽に、ご連絡を。

コメント

議会運営委員会を傍聴しました。

2011-08-26 | 日記
前の記事の最後に「議会運営委員会」の予告をしました。
「ギウン」といっても、何のことやら??ではないかということで
(わたしは自分が議員になる前はその存在すら知りませんでした)
まずは その説明を。

議会運営委員会とは:
 「議会を円滑にしかも効率的に運営するために置かれる委員会」で、
 調査権・審議権も持っています。
(全国町村議会議長会・編 「議員必携」による)

間違ったことを言わないように、そのまま引用しますと
やっぱりわかりにくいですね。
わたしが傍聴してみて、その内容をざっくり申し上げますと、
9月議会の会議日程・議案の概要の説明 などがありました。

東浦町議会では2人以上の各会派から委員が選出されることになっているので、
現在の構成では親和会(10人)と公明党東浦(2人)を除く6人の「1人会派」は
傍聴というかたちで参加します。
傍聴なので、ただ聞くだけで発言はできません。
・・・の はずなのですが、
機会を捉えては、委員長が「傍聴者のみなさんはよろしいですか?」と
1人会派の6人にも声をかけてくださいます。
黙って座っていればいい会、と気楽に参加したわたしは
気を緩めてはいけないな と緊張しなおしました。

日程の説明で、驚いたことに今回、一般質問を予定している議員が 16名!
議長を除く17名のうち、1人を除いてすべてということです。
わたしもその中にはいっています。
それによって、本会議が予定より1日増えることになりました。
6月議会では大人しくしていた新人議員も登壇しようというタイミングでしょうか。
町長が交代したことで、これからどうなる?と聴きたいことがたくさんあるのでしょうか。

そして、本会議の傍聴について。
以前にわたしのブログとそのコメントで、
傍聴席を満員にとか立ち見とか盛り上がったことがありましたが、
今日、議会事務局長からお話がありました。
現在本会議場の傍聴席は32席(報道含む)あり、
万が一それを上回る傍聴者があった場合、立ち見にはせず、
同フロア別室(空いている委員会室など)にて、
音声のみの中継とすることを検討中とのことです。
東浦町議会では今まで傍聴者があふれるような事態にはなったことはなく、
傍聴者は先着順に各自座りたい傍聴席に着席すると言う仕組みです。
庁舎のロビーで議場の映像がリアルタイムで流れていたり、
ユーストリームで配信される地方議会もある中、
庁舎まで来ていながら音声のみの中継とはなんとも寂しい気もしますが、
9月議会の状態によっては、何かが動き出すきっかけになるかもしれませんね。





 
コメント

9月議会に向けて

2011-08-24 | 日記
総務課秘書人事係から報告会開催の通知をいただき 役場へ。
今までこのような報告会が持たれたことはなく、
議会運営委員会に先立ってのイレギュラーなものだということです。
レギュラーにしてもイレギュラーにしても、
わたしにとっては初めてであることに変わりはないのですが。
19日に就任された新町長とも
生路の夏まつり以来、庁舎内では初めて対面しました。
32年ぶりの町長交代だからもあるのでしょうか、
とにかくすることが多くて、忙殺されているような状態とお見受けしました。
内容は 9月定例会のおもな議案関係の報告、
9月全員協議会関係の報告 が事務的になされました。
とにかく一度しましょう、ということで実現された会のようで、
今後のこの会の位置づけや恒例化するかについては
未定ということでした。

明日は 議会運営委員会(「ギウン」と言われる)です。

コメント